呪術廻戦ネタバレ・第167話「東京第1結界(コロニー)⑦」| 明らかになる羂索の狙い!?

呪術廻戦ネタバレ・第167話「東京第1結界(コロニー)⑦」| 明らかになる羂索の狙い!?

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦166話のおさらい

・日車寛見(ひぐるまひろみ)に「処刑人の剣」が与えられる

・斬られた者が必ず死に至る「処刑人の剣」

・自身の思いを吐露する虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

・虎杖悠仁 vs 日車寛見の戦いが再び始まる

・証拠の内容は虎杖悠仁の中に巣くう宿儺(すくな)について

・術式を解いた日車寛見が虎杖悠仁に殴り飛ばされる

・虎杖悠仁に「無罪だ 君に罪はない」と言う日車寛見

・日車寛見は「100点をやる」と虎杖悠仁に告げる

・対話をする虎杖悠仁と日車寛見

166話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦167話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ167話 | 総則(ルール)の追加

「コガネ ルール追加だ」

虎杖悠仁(いたどりゆうじ)と、向かい合わせになるかたちで椅子に腰掛けた日車寛見(ひぐるまひろみ)がいった。

「泳者(プレイヤー)と泳者(プレイヤー)の点の受け渡しを可能にしてくれ
 勿論これは 総則(ルール)8の”変動”に含まれるものとする」

虎杖と日車を沈黙が包み込む。

そして、虎杖は不安げな表情を浮かべ、日車のコガネを見つめていた。

その時    

「承認されました」

コガネがいった。

「総則(ルール)10
 泳者(プレイヤー)は他泳者(プレイヤー)に
 任意の得点(ポイント)を譲渡することができる」

その言葉に、虎杖がほっと一息をついた。

「コガネ 俺の1点を虎杖へ」

「かしこまりました」

「日車寛見から1点が譲渡されました」

虎杖の横に現れたコガネがいった。

「これでお互い19日間は術式を剥奪されることはない」

「達者でな」

そういった日車が、虎杖に背を向け、歩き始めた。

「日車!!
 これからどうするつもりだ?」

立ち去る日車の背に、虎杖が問いかける。

「アンタさえ良ければ
 俺達を手伝ってくれないか?」

虎杖の言葉に立ち止まった日車が、少しうつむきながら、ゆっくりと話始める。

「余った2点は
 東京に来る前 俺が殺した裁判官と検事のものだ」

「結界が開けたら
 自首でもするかな」

「それまでは
 自分が何をすべきか考える」

「それに」

そういった日車が、劇場の扉に手を掛ける。

「君といると
 益々自分を嫌いになりそうだ」

「……すまない
 責めたいわけじゃないんだ」

「またな」

そういって、日車寛見は虎杖の前から姿を消した。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ167話 | 羂索(けんじゃく)の狙い

「いやー 合格合格」

そういって、伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の前に姿を現した、身体に大量のレシートを貼り付けた男が手を叩く。

「あ?」

しかし、伏黒は気を緩めることはなく、男を睨みつける。

「もういいよ 分かったから
 その式神 相当だ」

「君 強いでしょ」

「弱けりゃカモって殺して終わりなんだけどね
 いいよ君 仲間になろう」

(何ソレ 聞いてないんだけど)

男の言葉に麗美(れみ)が怪訝な表情を浮かべる。

「どういうつもりだ?」

「君は死滅回游について
 どこまで知ってる?」

「儀式だろ」

伏黒が答える。

「結界内の泳者(プレイヤー)達の呪力を利用して
 日本の人間を彼岸に渡し 人ならざる者へ変えるための」

(天元様のことは伏せておくか……)

「何君 羂索(けんじゃく)と知り合い?」

男の言葉に、伏黒が目を見開いた。

(いるとは思っていた)

(羂索と関わりのある術師……!!)

「今 君が言った
 泳者(プレイヤー)の呪力を利用してって所」

「おそらく”嘘(ブラフ)”だ」

「何?」

「いや ”嘘(ブラフ)”というより
 二番手三番手の計画(プラン)だと思う」

「根拠は3つ」

「泳者(プレイヤー)の数」

「泳者(プレイヤー)の実力差」

「結界の総則(ルール)」

「約1000人の泳者(プレイヤー)が10の結界(コロニー)に均等に割り振られたとして」

「各結界(コロニー)に100人だ」

「だが泳者(プレイヤー)……
 術師の中には 鹿紫雲(かしも)や日車のように
 ズ抜けた強者がいる」

「この2人だけで既に60人の術師が間引かれた」

「似たような連中は
 各結界(コロニー)に1人はいるだろう」

「はやい段階で強者だけが残り……
 死滅回游が膠着すると?」

男の話を黙って聞いていた伏黒が、口を開いた。

(確かに感じていた
 結界内が静かすぎると……!!)

「既に…さ
 少なくとも ここ 東京第2はね」

「加えて結界(コロニー)に侵入した際の”転送”
 人を散らす目的もあるんだろうが
 一番は現代人術師の早期二次覚醒を促すためだろう」

「”転送”で死ぬ奴もいる」

「本当に泳者(プレイヤー)の呪力を利用したいなら
 より多くの術師に より長くダラダラと戦ってほしいはずだ」

「総則(ルール)の”永続”のような建前は
 本当の計画の隠れ蓑」

「これは確信だ」

「強者だけが残った回游に羂索が爆弾を落とし」

「死滅回游は役割を終える」

その頃、夏油傑(げとうすぐる)の体を乗っ取った羂索は、中国の議会の場にいた。

「坐下」

「谢谢你邀请我」

「その爆弾が何か分からない
 しかもそれは遠くない未来 今この時かもしれない」

「だから備えとして 強い仲間を募り
 点を貯めておく」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ167話 | 交渉決裂

「……
 いくつか聞きたい」

男の言葉に、思考を巡らせていた伏黒がいった。

「コイツがそんなに強いとは思えない」

そういって、伏黒が背後に立つ麗美を指差した。

「その女は適当な理由で
 泳者をここに招く囮役さ」

「女の方が警戒されにくいしね」

「用がなくなったら
 殺して点に変えればいいしな」

冷たい目で、伏黒がいった。

「ナニイッテルンダ
 ソンナワケナイダロウ」

「レジィ様は本物の私の騎士(ナイト)なの」

ここまで、黙って2人のやりとりを聞いていた麗美がいった。

「私が尽くす限り
 私を守ってくれるの」

しかし    

「めでたい頭だな」

伏黒は麗美の言葉に耳を貸さない。

「オマエらとその仲間の得点を合わせたら100点いくか?」

「…… そりゃね」

そういったレジィが、両手を開いた。

「近々ルールが追加される
 泳者間での点の移動を可能にするものだ」

「オマエらの点
 全部よこせ」

そういった伏黒が、玉犬(ぎょくけん)を顕現させる。

「そうしたら
 仲間になってやらんこともない」

「交渉決裂♡」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ167話 |

レジィがそういった瞬間、伏黒の背後から一人の男が飛び出してきた。

そして、手の指先を鋭く尖らせ、伏黒に襲いかかったその時    

(消え    

男の手は空を切り、伏黒の姿が消えてしまった。

予想だにしない展開に、伏黒に襲い掛かった男とレジィが驚きの表情を浮かべる。

しかし、次の瞬間    

伏黒に襲い掛かった男の足元から伏黒が現れ、男を担ぎ上げた。

そして、そのままマンションの階下へ投げ落とす。

「ちょっ」

「鵺(ぬえ)」

落下していく男に追い討ちをかけるように、鵺が男を叩き落とす。

ゴンッ

激しく地面に叩きつけられる男。

しかし、かろうじてその息はある。

(あの鳥……!!
 ずっと出しっぱなしにしてたのね……!!)

2人の戦いを見ていた麗美が、階下を覗き込む。

「おい」

そんな麗美に伏黒がいった。

「二度とその面(ツラ)見せるな」

先ほどまでとは違う伏黒の表情に、麗美の顔が引き攣る。

その時    

「あぁ~ そっかそっか」

襲い掛かってきた玉犬の口に、2本の包丁を刺してレジィがいった。

「ぬるいと思ったら
 殺せないのか
 俺達の持ち点欲しいもんね」

「でも」

「殺す気でやんないと
 死んでから後悔するよ」

レジィがそういったその時    

突然、マンションの外に目玉があらわれ、爆発した。

『呪術廻戦』第167話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話
20巻
170話
171話
172話
173話
174話
175話
176話
177話
178話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク