マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第88話「ドット・バレットと押し通す意地」

マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第88話「ドット・バレットと押し通す意地」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるマッシュル-MASHLE-

・魔法がまったく使えないマッシュは魔力を重んじる魔法界では命を狙われる存在

・マッシュは家族との平和な暮らしを取り戻すため素性を隠し、魔法学校の最高峰に入学することに

・筋力だけで魔法界を変えられるのか!?新ジャンル!アブノーマル魔法ファンタジー

マッシュル-MASHLE- 87話のおさらい

87話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- 88話のネタバレ

マッシュル-MASHLE- ネタバレ88話 | ピンチ

爆炎が舞い上がる中、ボタボタと血を流しているドット・バレットは、やっとのことで立っていた。

(やべぇ……
 自分の攻撃だから多少はコントロールできたが
 オレ自身も多く被弾しちまった……)

(魔力ももう無ぇ……
 頼む… 起き上がってくれるなよ…
 たの……)

祈るように爆炎を見つめるドット。

しかし    

ドットの願いは届かず、煙の晴れたその中から、無傷のレヴィ・ローズクォーツとガルフが姿を現した。

「残念だったなぁ」

不敵な笑みを浮かべ、レヴィがいった。

「世の中そんな甘くなくてよぉ~」

(酸で爆発を 相殺しやがった!?)

「マグネッツボール」

再び、トゲの無数に生えたボールがドットに襲いかかる。

「アトラック」

何とかガードするドット。

しかし、その勢いに押され、吹き飛ばされてしまった。

さらに、ドットをガルフの酸が襲う。

「アシッド」

「ぐああああ」

(やべぇ……
 魔力も使いきっちまったし 体ももう限界だ……)

倒れ込んだドットが、何とか身体を起こそうと力を絞る。

(冷静に考えて 実力差がありすぎる……
 一回ポッキリのだましうちで倒せなきゃもう…)

(ここは一回退いて
 マカロンたちに助けてもらうしか…)

その時    

「ククク……」

「諦めて正解だ…」

レヴィがいった。

「これ以上粘ったら
 テメェは死ぬこと間違いねぇからよ」

「アシッドプール」

「マグネットウォール」

レヴィとガルフが魔法を合体させ、酸でコーティングされた、磁石の壁を出した。

「こいつは酸に覆われた磁石の壁
 逃げるのは不可能!!」

「強制的に酸に焼かれることになる
 そこらの人間じゃ あまりの痛みにおかしくなっちまうだろーなぁ!!」

(なんだこりゃ……
 やべぇ……)

「人の運命ってやつは
 生まれながらにして決まっている」

「それをお前んとこのキノコは
 魔法も使えねぇのに神覚者になるたぁ」

「カン違い甚しくて笑えるなぁ~
 ギャハハハハ」

「テメも気づいてんだろ?
 アイツが神覚者になるなんて到底」

「ムリだってことによォ」

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ88話 | 信じてる

「るせぇ…」

マッシュのことを侮辱するレヴィに、ドットがつぶやくようにいった。

「あ?」

「マッシュのこと何も知らねぇくせに
 アイツの運命 勝手に決めつけんじゃねぇ!!」

そういったドットが、レヴィに向かって中指を立てる。

しかし    

「……フン くだらねぇなぁ」

「アトラック」

ドットが酸で覆われた壁に吸い寄せられる。

「うぐぁああああああああああ」

「何度でも言ってやるよォ~
 ムリなもんはムリだってなぁ」

「どーだぁ?
 痛みで意識が飛びそうになんだろ」

倒れ込んだまま動かないドットに、レヴィがいった。

「安心しろぉ
 オレがトップに立ったらテメェらが変な夢みねぇように
 魔法が使えねぇ奴はちゃんとブッ殺していくからよぉ」

「つってもまぁ
 もう聞こえちゃいねぇか……」

そういったレヴィが、ドットに背を向け、ガルフと共に部屋を出ようと歩き出す。

その時    

ドットが立ち上がった。

「待てコラァ…
 まだ終わってねぇぞ……」

「オレがカギとってマッシュが出てくるまで
 このやりとりは一生終わんねぇんだよ………」

「あ~?」

「アトラック」

「アシッド」

再び、ドットが酸で覆われた壁に吸い寄せられる。

「ぐああああああ」

さらに    

「まだまだいくぞ」

「マグネッツボール!!」

ドットの背後からトゲの無数に生えたボールが飛んでくる。

「サンドイッチ」

酸で覆われた壁と、トゲの無数に生えたボールに挟まれたドットが、再び倒れ込んだ。

そして、そんなレヴィのやり方に、共に戦うガルフでさえ、ドットに情けを感じていた。

「やりすぎだ レヴィのやつ……
 あんだけダメージを負ったらもう一人で立つこともできねぇ…」

「いくぞ」

その場に立ち尽くすガルフに向かって、レヴィがいった。

その時    

倒れ込んだまま、引き留めるようにドットがレヴィの足を掴んだ。

(…!!なんだこいつは…
 死んでてもおかしくねぇ
 何がこいつをここまで…)

その姿に、ガルフが驚きの表情を見せる。

「オレはアイツを信じてる」

「テメェが何と言おうと
 世間が何と言おうと」

「バカにされようと
 ムリだと言われようと」

「オレはマッシュならできるって信じてる」

「神覚者になれるってよ」

「………」

「ダチ バカにされて引き下がるほど……
 オレは男やめちゃねぇぜ」

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ88話 | 脱出

(こいつ 感情で魔力が増幅した!?)

「マシンガンエクスプロム!!」

爆炎がレヴィたちを包み込む。

しかし、煙が晴れたとき、そこには再び無傷のレヴィが立っていた。

「ククク まだ分かんねぇのか
 テメェらみてぇな格下じゃオレには」

レヴィがそういいかけたその時    

隣に立っていたガルフが口から血を流し、その場に倒れ込んだ。

(なにが起こってやが…)

(カギがない!?)

(まさか……)

レヴィがマッシュを閉じ込めた箱を見たその時    

煙の向こうにマッシュが姿を現した。

「役目は果たしたぜ…」

箱の鍵を開け、その場に倒れ込んだドットがいった。

(執拗にオレに近づいて自爆してきたのは…
 カギを奪うため………!!)

(こいつ……)

マッシュの強烈な右ボディが、レヴィの腹に突き刺さった。

「どっちが上で どっちが下か
 ハッキリさせてやるよ」

『マッシュル-MASHLE-』第88話 / おわり

マッシュル-MASHLE- のネタバレ情報一覧

7巻
54話
55話
56話
57話
58話
59話
60話
61話
62話
8巻
63話
64話
65話
66話
67話
68話
69話
70話
71話
9巻
72話
73話
74話
75話
76話
77話
78話
79話
80話
10巻
81話
82話
83話
84話
85話
86話
87話
88話
89話
11巻
90話
91話
92話
93話
94話
95話
96話
97話
98話

マッシュル-MASHLE- の最新刊が無料で読める

『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『マッシュル-MASHLE-』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

呪術廻戦

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク