呪術廻戦ネタバレ・第165話「東京第1結界(コロニー)⑤」| 虎杖に下された「死刑」判決!

呪術廻戦ネタバレ・第165話「東京第1結界(コロニー)⑤」| 虎杖に下された「死刑」判決!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦164話のおさらい

・どんな攻撃にも対応するつもりで構える虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

・日車寛見(ひぐるまひろみ)が領域展開「誅伏賜死(ちゅうぷくしし)」を披露する

・パチンコ店に入店したことに言及される虎杖悠仁

・「証拠」を手に掲げる日車寛見

・虎杖悠仁は「無罪」を勝ち取らなければならない

・昔の術師にはスタンダードな技術だった領域

・日車寛見の領域は昔の術師と同じタイプ

・裁判の流れ・ルールの説明を続ける日車寛見

・ジャッジマンが六法に基づき判決を下す

・虎杖悠仁には黙秘・自白・否認の選択肢がある

・否認の陳述をする虎杖悠仁

・ジャッジマンが「有罪(ギルティ)」「没収(コンフィスケイション)」と判決を下す

・虎杖に木槌を投げつける日車寛見

・木槌を再出現させ虎杖悠仁を殴り飛ばす

・虎杖悠仁は呪力が練れないことに気付く

164話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦165話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ165話 | 罰(ペナルティ)

修習59期
岩手弁護士会所属
日車寛見(ひぐるまひろみ)36歳

T大法学部受験
法科大学院導入前の旧司法試験など
あらゆる難関をストレートで通過

日車にとってそれらは必要な知識を入力し
必要なだけ出力する簡単な作業だった

「天才」
日車を知った凡夫は囁く

だが

彼の中で最も光る原石は    

日車が振り上げたガベルを、虎杖悠仁(いたどりゆうじ)に向かって振り下ろす。

これを難なくかわす虎杖。

しかし、日車の振り下ろした手とは反対の手にガベルが現れ、左右の腕から振り下ろされる連続攻撃が虎杖を襲う。

堪らず反撃を試みる虎杖だったが、その腕をガベルに引っ掛けられてしまい、ひっくり返されてしまった。

呪術師としての

才能だった

領域がデフォルトで備わった自らの術式を解明することで
結界術の基礎をも同時に習得

結界術から逆算する形で
呪力操作による強化術の勘を掴み

術式開花から12日間で
1級術師と比べても遜色ないレベルまで成長

結界(コロニー)侵入前に数多くの呪霊を退け
20人以上の泳者(プレイヤー)を返り討ちにするに至る

「呪力が練れなくなっているのか?」

攻撃の手を休め、日車がいった。

「アンタがやったんだろ」

「”没収”の罰(ペナルティ)は 一時的に術式の使用を不可能にするものだ」

「察するに オマエは術式を持っていなかった」

(自分で言って恐ろしいよ)

「だから罰(ペナルティ)が ”呪力の使用不可”に変わったのだろう」

(何故呪力なしで
 俺と対等に渡り合える…!?)

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ165話 | 弱点

「ちなみに没収は本来付加刑で
 それ単体で科されることはない」

(呪術師としてではなく 生来の肉体!!)

(生物としての強度が恐ろしく高いのか……!!)

(術師は術式が使用できなくなると
 基礎的な呪力操作もグダグダになることが多い)

(長年の勘が鈍るのだろう)

(それより不利な完全な呪力の使用不可!!)

(その状態でここまで戦えている事実!!)

(並の連中なら 初めの一撃で勝負は決していた)

(油断すれば足下をすくわれる)

(全力で潰す……!!)

ガベルの柄を伸ばし、槍のような形にした日車が構えに入る。

そして、再び日車の連続攻撃が虎杖に襲いかかる。

しかし、これを全てかわし切り、ついには日車のガベルを掴んだ虎杖が、そのまま力づくでガベルを日車から奪おうとしたその時    

日車がガベルを消し去り、勢い余った虎杖が後ろへと飛ぶ。

しかし、すぐに体勢を立て直した虎杖は、先ほどまで日車が入っていたバスタブを、日車に向かって蹴り出した。

凄まじい勢いで日車へと向かって滑るバスタブ。

しかし、日車は再びガベルを手にし、これを叩き割る。

そして、虎杖と自身の間に水の壁を作った日車が、視界を遮った一瞬の隙を突き、巨大化させたガベルを虎杖に向かって振り下ろした。

「んがっ!!」

避ける暇はなく、日車のガベルを受け止めた虎杖が、床板を踏み抜きながら堪える。

「凄いな!!」

虎杖の姿に、思わず日車が声に出す。

(壊れない人形を相手にしてようだ……!!)

しかし、そんな日車の考えを他所に、対する虎杖は呪力が使えないことに焦りを感じ始めていた。

(ヤバいヤバいヤバいヤバい!!)

(いつまで続くんだ!!
 呪力!!早く呪力を!!)

(こんだけの能力だ
 何か……
 何か日車にとって不利な要素があるんじゃねぇか!?)

(考えろ!!)

(考えろ考えろ!!)

日車と出会ってからのことが虎杖の頭の中を駆け巡る。

その時    

(裁判の術式!!)

(裁判    !!)

「日車ぁ!!!」

「やり直し
 もう一回だ!!」

虎杖のその言葉と同時にガベルが消え、再び法廷が具現化された。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ165話 |

「…… 気付いたか」

虎杖を睨みながら日車がいった。

「あ… 危ねぇ
 二審ってやつだよな」

ジャッジマンに有罪を言い渡され
罰(ペナルティ)を科された対象は

罪を認めない限り2回まで
裁判のやり直しを請求できる

ジャッジマンがこれを断ることはない

「ほら もう一回!!」

虎杖の言葉に反応するように、日車の背後に現れたジャッジマンが口を開く。

「虎杖悠仁は2018年10月31日
 渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」

予期せぬジャッジマンの言葉に、法廷を沈黙が包み込む。

しかし、すぐに虎杖が口を開く。

「あぁ 俺が殺した
 これは嘘でも否定でもない」

虎杖の言葉に、日車が驚きの表情を見せる。

そして、ジャッジマンが虎杖に判決を告げる。

「”有罪(ギルティ)”」

「”没収(コンフィスケイション)”
 ”死刑(デス・ペナルティ)”」

『呪術廻戦』第165話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク