呪術廻戦ネタバレ・第164話「東京第1結界(コロニー)④」| 日車が領域展開を発動!

呪術廻戦ネタバレ・第164話「東京第1結界(コロニー)④」| 日車が領域展開を発動!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦163話のおさらい

・甘井凛(あまいりん)は過去不良グループに溶け込んでいた

・不良がいじめをする現場に突撃する虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

・そこで出会っていた甘井と虎杖

・嘘をついていたのは甘井ではなく麗美(れみ)だった

・伏黒恵(ふしぐろめぐみ)ろ麗美は要町でレジィと遭遇

・虎杖と甘井は池袋にある日車寛見(ひぐるまひろみ)の拠点に到着

・虎杖は日車と1対1で対峙する

163話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦164話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ164話 | 開廷

天秤のような姿をした呪霊を顕現させた日車寛見(ひぐるまひろみ)。

その右手には、ガベルが握られている。

(式神!?)

(日車は100点保持者!!
 術師を20人殺してるかも知れねぇ)

(むやみに飛び込めない
 後手に回るが)

(どんな攻撃でも対応する……!!)

そう考えた虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が右手を前に出し、構える。

その時    

「領域展開」

「「誅伏賜死(ちゅうぶくしし)」」

日車の領域展開によって法廷が具現化される。

そして、日車がガベルをカンカンと激しく鳴らし始めた。

領域が展開されたことで、術式が発動する前に倒そうと、虎杖が日車に襲いかかる。

そして、虎杖の飛び蹴りが日車の顔面を捉えようとしたその時    

突然、謎の力によって虎杖の蹴りが止められてしまった。

「ここではあらゆる暴力行為は禁止されている」

そういった日車が、自身の顔の前に迫った虎杖の足をゆっくりと払い除ける。

「お互いにな」

「お互い?」

そういった虎杖が足を下げると、また元の場所に連れ戻されていた。

「ああ 済まない
 言葉の暴力は別だ」

「ジャッジマン 始めてくれ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ164話 | 術式(ルール)

日車の言葉を合図に、背後にいた天秤のような姿をした呪霊が話し始める。

「虎杖悠仁は18歳未満にもかかわらず
 2017年7月16日 宮城県仙台市のパチンコ店
 「マジベガス」に客として入店した疑いがある」

「あ?」

そういった虎杖の脳裏に、昔のことが蘇る。

「あ」

「いやぁ~?
 あのぉ?そのォ~~」

言い訳を考えるが、なかなか言葉にならない虎杖が頭を抱える。

しかし、日車はそのことを追求するのではなく、ルールの説明を始めた。

「ジャッジマンは領域内の者の全てを知っている
 だが心配するな 俺にその情報は共有されない
 判決はあくまでも 我々2人の主張をもとに下される」

「この「証拠」を除いてな」

そういった日車が、一つの封筒を取り出した。

「いつの間に…!!」

「これはジャッジマンから提出された本件の証拠」

「「証拠(コレ)」は必ずしも君の疑いを確定するものではない
 内容を君に教える気はない その上でこれから君は」

「言い分を述べ 疑いを晴らし
 ジャッジマンから「無罪」を勝ち取らねばならない」

(裁判の術式…!!
 あのバッチ……)

虎杖の視線が、日車の首元で光る弁護士バッチをとらえる。

(弁護士ってマジだったのか……!!)

(日車は現代人だけど この領域は)

(天元様の言っていた……)

虎杖の脳裏に、天元の言葉が蘇る。

「領域は 昔の術師にとって
 今よりもずっとスタンダードな技術だったんだ」

「その理由として
 現在の領域に多い「必中必殺」の「必殺」の部分を省いていたからだ」

「領域内の対象に 自身の”術式(ルール)”を強制(必中)させる
 これが昔の一般的な領域の性能だ」

「「必殺」に拘るあまり 領域を構築する条件のハードルが上がり
 領域はより高度な技術に そして使い手が減少した」

(つまり この領域は「必殺」でないことや
 俺に物理的に危害を加えないこと
 更にある程度 ルールを説明するという”縛り”で成り立っている!!)

「陳述のチャンスは一度だ」

思考を巡らせる虎杖を他所に、日車がいった。

「これもお互いにな」

「君の後に俺も一度だけ この証拠を踏まえ反論させてもらい
 最後にジャッジマンが六法に基づき判決を下す」

「有罪になったらどうなんの?」

虎杖が尋ねる。

「残念ながらその質問に説明責任はない
 代わりと言ってはなんだが これだけは教えておく」

「君の選択肢は3つ
 「黙秘」「自白」「否認」」

「そして「否認」には虚偽陳述も含まれる」

「嘘でもいいってこと?
 裁判なのに?」

「皆 真実を述べるなら
 裁判など必要ない」

「さぁ 言い訳しろ
 ジャッジマンの気は長くないぞ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ164話 | 陳述

更に思考を巡らせる虎杖が、沈黙する。

(俺は実際 そのパチ屋に行ってるし
 しっかり遊んで なんなら勝った気もする…)

(無罪を主張するには 嘘をつくことは避けられない
 そうなると 考えなきゃなんないのは当然……)

(あの「証拠」の)

(中身)

(「証拠(コレ)」は必ずしも 君の疑いを確定するものではない)

(① もし証拠がパチ屋への入店を裏づけられない”スカ”)なら 黙秘か否認でいいワケだ)

(② 証拠が入店のみを裏付けるものなら 酌量の余地のある言い訳にかける?
 でも証拠が①の”スカ”なら 入店を認めることになるから墓穴を掘ることになるかも?)

(③ 証拠が入店だけじゃなく”遊戯”も裏づけるものだった場合 ほぼ詰み…!!
 自白して罪が軽くなることに賭ける?
 そもそもこの裁判に重い軽いがあんのか?)

そして、ようやく考えをまとめた虎杖が口を開く。

「俺はパチンコ店「マジベガス」に入店したが
 急な便意でやむを得ず トイレを借りただけだ」

(③は捨てる!!
 情状酌量なんてものがこれにあんのかはわからんけど
 これが一番印象が良い気がする……!!)

「そうかでは」

虎杖の陳述を聞いた日車が、ジャッジマンから提出された証拠の封筒を開ける。

「俺の番だな」

そういって、中のものを取り出す日車。

そこには、換金所の防犯カメラに映った虎杖の姿があった。

「人相・背格好 全て虎杖悠仁本人と見て相違ないな?」

「入店を認めた今 このキャプチャを見る限り
 トイレ云々は信じるに値しない」

「やはり虎杖は18歳未満でありながら
 遊戯目的で入店したとみられる」

「それは… 何罪?」

決定的な証拠を突きつけられ、頭を抱えた虎杖が日車にいった。

「店は明示的に18歳未満の入店を拒否しているから
 建造物侵入罪だ 刑法130条」

「風営法では未成年自身は処罰されないからな」

「ズルだろ そんなん
 どう言い訳しても意味ねーじゃんか」

「何を言ってる
 賭博が禁じられている日本では 店と換金所は別の法人だ」

「複数店で換金所を共有(シェア)している場合もある
 そして問われているのはあくまで「マジベガス」に対する入店のみだ」

「君はただ」

「「そんな店知らない」と容疑を否認すればよかったんだ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ164話 | 判決

「いや 判決はまだだったな」

そういった日車がガベルを2回打った。

そして、ジャッジマンから判決が言い渡される。

「「有罪(ギルティ)」」

「「没収(コンフィスケイション)」」

その瞬間、日車の領域展開が解け、元の空間に戻った。

(元の空間に戻った……!!
 有罪になっちまったが)

「特に変化は……」

そういって身体を確かめる虎杖に、日車が襲い掛かる。

虎杖に向かって投げられたガベルを防ぐ虎杖。

そして、ようやく自身の身体の変化に気づく。

(これは    

しかし、日車は攻撃の手を休めることなく、一気に虎杖との間合いを詰めにかかる。

そして虎杖に殴りかかろうとしたその時    

先ほど投げたガベルが日車の手元に戻り、巨大化した。

かろうじて左腕でガードするものの、虎杖が吹き飛ばされる。

(この木槌)

(自在に出したり消したりできる上
 大きさも変えられるのか!!)

(いや それより)

「丈夫だな」

(呪力が練れない……!!)

「それが取り柄なもんで」

『呪術廻戦』第164話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク