僕のヒーローアカデミアネタバレ・第327話「REST(レスト)!!!」| ひとつになったA組!敵の動向はーーー

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第327話「REST(レスト)!!!」| ひとつになったA組!敵の動向はーーー

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ326話のおさらい

・雨の中車を走らせるオールマイト

・神野区グラウンドゼロに到着する

・オールマイトの前にステインが登場

・ステインに贋物と言われるオールマイト

・オールマイトが自らの過去を振り返る

・銅像のボードを外しに女性が現れる

・その女性はオールマイトが最後に救った人だった

・自らの主張を口にするステイン

・ステインはタルタロスで得た情報を渡す

・涙を流すオールマイト

326話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ327話のネタバレ

ヒロアカネタバレ327話 | おフロ

「お湯の温度は42℃!!」

寮に戻り、ドタドタと走っていた上鳴電気(かみなりでんき)と切島鋭児郎(きりしまえいじろう)がいった。

「沸かせーー!!」

そして、その脇にはデクが抱えられている。

「脱がせーー!!」

「洗えーー!!」

A組の男子が四方八方からデクに向かってお湯をかける。

「そして浸かれ!!」

デクが湯船に投げ込まれる。

カポーン

「大概の事はおフロ入れば何とかなるんだ」

そういって、上鳴たちもデクを囲むように笑顔で湯船に浸かる。

その時    

「おい湯船に汚れが浮くだろーが!!
 金タワシと業務用洗剤原液で刮げ!!」

「用法・用量は守らなきゃあダメだぜ!」

怒鳴るようにいう爆豪勝己(ばくごうかつき)に、湯船に浸かった切島がいった。

「過ちを謝したにしては変化が無いな」

「変われよ」

「変われよ」

ザッブァ!

常闇踏影(とこやみふみかげ)や砂藤力道(さとうりきどう)の言葉を遮るように、爆豪が湯船に飛び込んだ。

「1番になんのを諦めたわけじゃねぇ…
 全員ライバルなのは変わんねー」

「てめーも含めてなぁ!
 デ… いずく!」

そういった爆豪がデクに向かってお湯をかける。

バシャ

「無理しないで
 デクでいいよ かっちゃん」

「俺の辞書に無理なんて言葉ねンだよ」

「まァ上昇志向があンのは良い事
 …なのか?」

「これを機に爆豪を沈めてみようぜ」

「どれを機にだ!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ327話 | 謝罪

「麗日さんは…?」

風呂から上がったデクがいった。

「寝ちゃった
 安心したら力抜けちゃったみたい
 他の子もそんな感じ」

「そっか…」

「皆 ありがとう
 そして迷惑かけてごめん」

「そだよー
 OFA(ワン・フォー・オール)ねー
 言ってよねー」

芦戸三奈(あしどみな)がいった。

「手紙のおかげでもう驚きとか
 そういうのは無いんだけどさ」

「ホークスに電話出るように言ってほしかった」

「無個性からトップオブトップの力なんて…
 大変だったろ」

「どういう感覚なの?」

「そりゃ骨折れますわ」

「緑谷が一番眠ィだろ
 寝かせてやれよ」

リビングに集まってきたメンバーが口々にデクに話しかける中、制するように轟焦凍(とどろきしょうと)がいった。

「何の為に連れ戻したんだよ」

「大丈夫…
 っていうかまだ眠れなくて」

「なんで」

「オールマイトに 酷い事をして…
 そのままなんだ」

「謝らなきゃ眠れない…でも
 連絡がつかなくて」

その時    

轟が黙って窓の外を指差した。

「こちらこそ
 力になれずすまなかった 緑谷少年!!」

寮の中に入ってきたオールマイトが、デクに頭を下げた。

「そんな…!
 オールマイトは十分力になってくれてます」

「謝るなら私たちにも謝ってヨネ オールマイト!
 黙ってどっか行っちゃわないでよー!」

話を聞いていた芦戸がじゃれつくようにいった。

しかし    

「決戦の日は恐らくもうすぐそこだ」

「!?」

「心労をかけてすまなかった…」

(自分はもう現役ではないと
 私自身が決めつけていた)

    ステインよ…)

「詳しい話は避けるが
 情報を得ている」

(地を這ってでも 私も戦うぞ)

「近い内に答えがわかる」

「総力を以ってあたる」

(少年たちに灯る
 ”火”の征く先を)

(見届ける為に    

「私も…… この身でできる事など限られているが
 それでも    

「オールマイト!」

オールマイトの言葉を遮るように、デクがいった。

「トンカツ弁当 とても力になりました…!」

「僕はきっとオールマイトから離れてしまったからあんな風に…
 だから」

「”一緒”に…!!」

「守りましょう!!」

そういって、デクの背後に立っていた飯田天哉(いいだてんや)が自身の胸を叩く。

    … ありがとう」

(この少年たちに 追いついてみせる)

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ327話 | 更に向こうへ

「それでは… 行かなくては!」

オールマイトがいった。

「もう!?どこに!?」

「エンデヴァーたちのところへ
 私にはまだやる事がある!」

「メールくらいくれと言伝を」

寮を去るオールマイトの背中に、常闇がいった。

「あぁ」

「おこじゃん
 オコヤミ君じゃん」

オールマイトを見送り、扉を閉めた芦戸がいった。

「心配だったんだよ」

「エンデヴァー達は雄英入らないのかな」

「徒(いたずら)に人前に出れねぇよ」

佐藤の言葉に、轟が返す。

「荼毘がチラつくからな」

「今回の件で避難してる人たち全員が全員
 一様に見方が変わったワケでもねェだろうし」

その時    

リビングに戻ったメンバーの目に、ソファーで眠るデクの姿が映った。

「漸(ようや)く 少しは気が休まったみたいですね」

「荼毘の兄弟 エンデヴァーの息子
 内心ではきっと俺の存在も未だ不安だろう」

そういいながら、轟がデクに毛布をかける。

「家庭事情で    
 悔しいよなぁ 轟が何かしたわけじゃねぇのになぁ」

「したよ    
 血に囚われて原点を見失った」

「でも今は違うから
 違うって事を証明する」

「皆に安心してもらえるように」

「…漢だよ おめぇは…!
 俺 何だか涙が出てくるよ…!」

目に涙を溜め、震えながら切島がいった。

「避難してる人たち全員が全員
 見方が変わった ワケでもない…か」

耳郎響香(じろうきょうか)が自身の耳を触りながらいった。

「あれだね」

「なんかあれ」

「同列に言っちゃうのもおかしな話だけどさ」

そういった耳郎が、側に立っていた切島、八百万、常闇を耳で引き寄せた。

クイン

「何?やだやめて」

「きゃっ」

「ム」

「ウチら不安視してた人たちがいてさ」

さらに、次郎が爆豪を捕まえて引き寄せる。

「皆に安心してほしくて」

「笑ってほしくてさ」

「やれる事考えてさ」

「文化祭みたいに
 最大限の力でやれることやろう」

「ウチら出来たじゃんね!」

「…そうだな」

「取り戻すだけじゃなくて」

「前よりももっと良くなるように」

「皆で行こうよ」

「更に向こうへ」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ327話 | 敵(ヴィラン)の動向

一方、エンデヴァーとホークスは、ベストジーニストの運転する車でどこかへ向かっていた。

「勾留中の殻木(がらき)から
 ポリグラフで引き出した死柄木(しがらき)の成長速度とセントラルの脳無研究を照合」

タブレットを見ながらホークスが話し始めた。

「生命活動中の定着速度は予測が難しいとしながらも
 完成に到達するには”最低2か月の安静が必要”と殻木・セントラルの回答が合致」

「これはデクが捕らえた刺客の証言とも合致
 AFO(オール・フォー・ワン)を手中に収めたがっている…」

「真意はどうあれ
 タルタロス襲撃から2か月とすると
 AFO(オール・フォー・ワン)・死柄木を先手で討てる猶予はあと1か月 ーーー…」

「そう思っていた」

「オールマイト狂信者(ステイン)によってオールマイトへ渡された
 タルタロスの警備記録」

「手紙は強烈なオールマイトへのラブレター
 ステインはオールマイト以外にこの情報を渡すつもりはなかった」

「まさかヒーロー殺しが
 ヒーローを後押しするとはな」

『僕のヒーローアカデミア』第327話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

マイホームヒーロー

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク