呪術廻戦ネタバレ・第159話「裁き」| 明かになった死滅回游 泳者・日車寛見の正体とは!?

呪術廻戦ネタバレ・第159話「裁き」| 明かになった死滅回游 泳者・日車寛見の正体とは!?

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦158話のおさらい

・五条悟(ごじょうさとる)と夜蛾正道(やがまさみち)の現状を知る秤金次(はかりきんじ)

・死滅回游(しめつかいゆう)の平定に秤金次の協力を得ることに

・自ら禪院家の当主であると明かす伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

・翌日、禪院家は禪院真希(ぜんいんまき)によって壊滅してしまう

・死滅回游にルールが追加される

・9個目のルールを追加したのは鹿紫雲一(かしもはじめ)

・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が既にプレイヤーになっていることが判明

・コガネにプレイヤーの情報を出させる伏黒恵

・日車寛見(ひぐるまひろみ)の存在が明らかとなる

・虎杖悠仁たちがやることが決まる

158話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦159話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ159話 | 殺人事件の被告

日本の刑事裁判の有罪率は99.9%

「猫を飼っていたんです」

「続けて」

刑務所の面会室で、俯きながらゆっくりと口を開いた受刑者に日車寛見(ひぐるまひろみ)がいった。

「急に警察の人が話しかけてきて 2人3人って増えて」

「このまま捕まっちゃったら
 猫が死んじゃうって」

「飼っちゃダメな決まりだったから
 飼ってるのは俺しか知らないから」

岩手県盛岡市で2016年3月
女児とその母親 計2人の刺殺体が自宅で見つかった事件

盛岡地検は近くに住む大江圭太(おおえけいた)を
2人に対する強盗殺人の容疑で起訴した
逮捕までの経緯はこうだ

大江は巡回中の警官からの職務質問中に逃亡し
自宅に駆け込んだ所 追いかけてきた警官が血のついた刃物を発見

現行犯逮捕だ

後のDNA鑑定で 刃物の血痕と被害者のDNAが一致している

大江は一貫して犯行を否認

証拠となった刃物に関しても

「拾ったんです
 俺のじゃない」

そういった大江が大粒の涙を流した。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ159話 | 国選弁護士

「それは無理があるでしょ~~~」

事務所に戻ってきた日車から大江の話を聞いた女がいった。

「だって後ろめたかったから職質拒否したんですよね?」

「いや 彼は昔 知人が薬物を使用していたことが原因で
 不当な聴取を受けたことがある」

「それがトラウマってことですか?」

「だとしても拾ったって……」

「血のついた包丁を?」

「なんで?」

「後で警察に届けるつもりだったそうだ」

「後でて!!」

「分かってる
 言い分全てに無理がある」

「しかし 大江の環境…」

「住み込んで働いているNPO法人のことを考慮すると
 あり得ない話じゃないと思えてくる」

「NPO法人?」

「行き場のない高齢者に対するシェルター運営や
 自立支援が主な活動だ」

「大江はそこで仕事として 彼らの世話をしていた」

「だが彼に給料は支払われていない」

「お小遣いと称してお年玉を貰ったり
 弁当や食材の現物支給のみだ」

「にもかかわらず彼は月5万円を家賃として徴収されている」

「エグぅ…」

「入居者には前科のある者も少なくないそうだ」

「更に捨得物(きょうき)の提出が遅れてしまった理由だが」

「呼んじゃダメな決まりなんです」

面会室にいる大江がいった。

「パトカーや救急車
 近所の人の迷惑になるから」

「その団体 かなりグレーですね……?」

「あぁ 限りなくクロに近いグレーだ
 ただでさえ東北(こっち)は震災復興資金が流れ込んでから
 運営実態の怪しいNPO法人が増えている」

「凶器が落ちていても意外じゃない
 大江がシロの可能性は十二分にある」

「まずは団体の活動実績と税務申告
 全入居者の素性を洗い出す
 俺はとことん大江から情報を聞き出すから 清水は調査を進めてくれ」

「いきなり私の負担デカくないですか!?」

(国選なんてギャラ安いくせにやること多いんだから)

(世論は有罪一色だし)

(しかも殺人じゃ執行猶予もないし 死刑もありえる)

(やるだけ損でしょ……)

「もー!!日車さん 何で受けたんですか!!
 こんな案件!!」

日車と共に事務所を出て街中を歩いていた清水が、少し前を歩く日車の背中に向かっていった。

「たまにはいいだろう
 楽な仕事ばかりじゃ腕が鈍る」

(たまにじゃないじゃん!!)

「たまにじゃないじゃん!!」

「思ったことがそのまま出てるぞ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ159話 | 過去の事件

「あっはっは
 日車君は相変わらずってわけだ」

閉店した喫茶店の店内で、清水と話していた女が笑いながらいった。

「ボス弁がお金に興味ないと大変だねぇ」

「高木さんみたいに 副業で喫茶店やレトまでは言いませんけど……」

「でも相変わらずって 日車さんって昔からあぁなんですか?」

「ん?いいや?」

「むしろ昔より酷くなってんじゃん?」

「え」

「彼がウチにいた時ね
 危険運転致傷を担当したんだけど
 あ 飲酒運転ね」

「被告人は19歳で
 飲酒も運転も職場の人達に強要されたものだったの」

「でも関係者に口裏合わせられて
 示談金も用意できず 執行猶予も取れなかったんだよねー」

    回想    

「嘘つき」

面会室のガラスに張り付いた若い男が日車に向かっていった。

「無罪になるって 言ったじゃないか!!」

「なんとか執行猶予がつくようにするって言っただけで
 無罪になるなんて言ってないのにねぇ」

公園のベンチに座っている高木が、横で俯いて座っている日車にいった。

「これで懲りたでしょ
 もう無理筋の刑事弁護なんてやめなよ」

「弱者救済なんて
 ……そりゃ立派だけどさ」

「裁判所と検察の理解もなしに弁護士(あたしたち)だけじゃ限界があるでしょ
 依頼人に逆恨みされてまで続けることはないよ」

「弱者(かれら)は経済的にも精神的にも追い詰められています
 私に当たるのも無理はない」

「君の精神(こころ)はどうなるのさ
 日車君」

「……私は」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ159話 |

大江の供述を元に、調査を進める日車と清水。

そして、ついに裁判の日を迎えた。

「主文 被告人は」

「無罪」

裁判官の言葉に法廷内がざわつく。

「本当に勝っちゃった…」

傍聴人同様、驚きを隠せない清水に向かって、日車は顔をゴシゴシと擦りながら「まだだ」という。

「すぐ控訴してくる」

日車の読み通り、検察官側はこの判決を不服として即日控訴。

そして、大江の無罪判決は新聞やSNSの標的となり、デタラメな見出しが連日マスコミを賑わせていた。

「盗まれたものが大江さんの部屋に見当たらなかったこと
 NPO内に犯行直後から行方不明になっている人がいたこと」

「あとは遺体から想定した犯行時刻に
 コンビニの防犯カメラに大江さんが映ってるのが大きかったですね
 大江さんが自炊しない人で良かったー」

面会室で日車と共に大江と向き合っていた清水が明るくいった。

「日車先生……
 本当にありがとうございます」

「先生は勘弁してくれ」

「それに気が早い まだ二審がある」

「そうじゃなくて」

「俺を信じてくれて ありがとう」

そういった大江の目から、再び大粒の涙が溢れ始めた。

控訴審(二審)
有罪 無期懲役

限られた予算と人数で動かなければならない弁護側に対し
検察は税金とマンパワーを投入して証拠を上げる

それはいい
そういう仕組みだ

だが

二審で監察側の新規の証拠は提出されず

「行方不明者の犯行と疑う理由はない」と
無茶な事実認定が下され

判決が覆った

三審の最高裁は狭き門
上告はほぼ門前払い

まともに審理されることすら難しい

この裁判は初めから
有罪ありきの
   

無期懲役の判決を聞いた大江が、弁護人席にいる日車をじっと見つめていた。

(何故私を)

(その目で見る)

日車の脳裏に、危険運転致傷で捕まった19歳の少年の目が蘇る。

    回想    

「君の精神(こころ)はどうなるのさ
 日車君」

「……私は」

「弱者救済など掲げてはいません」

「昔から自分がおかしいと感じたことを
 放っておけない性分でした」

「それが治ってないだけです」

「正義の女神は 法の下の平等のために目を塞ぎ
 人々は保身のためならあらゆることに目を瞑る」

「そんな中 縋りついてきた手を振り払わない様に」

「私だけは
 目を開けていたい」

「この判決に不服がある場合は
 本日を含めて
 15日以内のい上告申立書を提出してください」

裁判長がそういったその時    

カンカンカンカン

槌を打ち付ける音が法廷内に響き渡った。

「日車さん…?」

そういった清水が、日車の不穏な雰囲気を感じ取り、その場から後退りする。

「全員戻れ」

「やり直しだ」

そういって槌を振り上げた日車の背後には、天秤のような姿をした呪霊が顕現していた。

死滅回游 泳者(プレイヤー)
日車 寛見

『呪術廻戦』第159話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク