マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第77話「マッシュバーンデッドと次の試験」

マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第77話「マッシュバーンデッドと次の試験」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるマッシュル-MASHLE-

・魔法がまったく使えないマッシュは魔力を重んじる魔法界では命を狙われる存在

・マッシュは家族との平和な暮らしを取り戻すため素性を隠し、魔法学校の最高峰に入学することに

・筋力だけで魔法界を変えられるのか!?新ジャンル!アブノーマル魔法ファンタジー

マッシュル-MASHLE- 76話のおさらい

76話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- 77話のネタバレ

マッシュル-MASHLE- ネタバレ77話 | マッシュ vs オーター

ゴッ

マッシュの踵落としがオーター・マドルの脳天に直撃した。

    かに思えたが、間一髪のところでオーターは、砂でガードをしていた。

「砂でガードしとる」

そしてその砂を操り、蹴りを放ったマッシュの右足を捕らえるオーター。

さらにそのまま両手と両足を拘束し、、マッシュは磔のようなかたちにされてしまった。

「終わりだ」

そういったオーターが、針のように尖らせた砂を、マッシュに向かって放つ。

「マッシュくん!!」

ドッ

ビタビタ

鮮やかな鮮血が床へと飛び散る。

しかし、それはマッシュの血ではなく、マッシュの目の前に現れた巨大な手のものであった。

「どゆこと」

状況が飲み込めないマッシュがいった。

しかし、オーターは別のことに驚いていた。

(こいつ… いつの間に砂の拘束を………)

「ハァ… 戦いよくない ホント」

そういってマッシュが服を着たその時    

「くあ~~~」

あくびをしながらレナトス・リボルが現れた。

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ77話 | 闇の魔法学校

4人の間に沈黙が流れる。

その時    

「あれ?なにしにきたんだっけオレ」

そういってレナトスが首を捻った。

「え?」

「何しに来たの オレ?」

レナトスがマッシュに尋ねた。

「いや…… 分かんないです」

「だろ?」

「なんだこの人…」

「あっ… やべえ……
 思い出しそう… うっ…」

「応援頼む 出そう…」

「えっ
 ガンバレー ガンバレー」

「今集中してるから黙れ」

「え」

「あ」

「お前に次の神覚者最終試験………
 三魔対争神覚者 最終試験への参加が許可された」

「三魔対争神覚者 最終試験?」

首を捻るマッシュの後ろで、オーターが驚いた様子を見せる。

「現状魔法学校には3つのエリート校がある
 イーストン魔法学校」

「セント・アルズ聖魔学校」

「ヴァルキス魔学校」

「各校それぞれで優秀な神覚者候補を出し
 最終試験でその候補が競い一人の神覚者を決める」

「どぅが!!
 状況が変わった!!」

「ヴァルキス魔学校に無邪気な淵源(イノセント・ゼロ)の兄弟が
 学生として紛れ込んでいる可能性がある…」

「ヴァルキス魔学校は元々超実力至上主義」

「魔法の強さのみを評価されるエリート校だ」

「そのヴァルキスを従えているのが
 悪の親玉の手下だってこった…」

レナトスの話に、徐々に表情を曇らせるマッシュ。

「そして奴らの目的は
 この最終試験で与えられる神覚者としての証」

「始まりの杖」

「この杖は祭典として形式的に渡されるものだが
 その実 膨大な魔力が込められている
 その魔力を使って……………ム?」

ようやくレナトスがマッシュの異変に気づいた。

(死んでる…
 情報量が多すぎて… 死んでる…)

しかし、そんなマッシュに構うことなく、レナトスは話を続ける。

「まぁ 神覚者最終試験は
 神に捧げる国の重要な祭事だ」

「憶測で止める訳にもいかない」

「世界にこれ以上の混乱を与えるのは避けたいしな…
 つまり」

「お前はその目的を死守するために
 大会に乗じて闇の魔法学校を潰すんだよ」

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ77話 |

「もちろん険しい戦いになる
 ヴァルキス校の代表3人は今までとケタ違いの強さだろう」

「特にトップのドミナ・ブローライブは 魔法界学生最強」

その言葉に、再びオーターが反応を示す。

「その実力はオレら神覚者と同等か それ以上か……」

「恐らくそいつは無邪気な淵源(イノセント・ゼロ)の実の息子だからな…」

「ボク ヤミノマホウガッコウ コロス
 ボク ヤミノマホウガッコウ コロ…」

「そんで その大会を勝ち抜きゃ」

「晴れて試験に合格し
 神覚者として世界に認められる」

「これが 最後の試験…」

レナトスの言葉を聞いたマッシュが、つぶやくようにいった。

「それでいいよな オーター」

「ドミナ… ブローライブ…」

「フン…」

「私は私で行動する…
 あとは好きにしろ」

そういったオーターは砂に身を包み、姿を消した。

「アレ… やけに素直に…」

「オーターにも思うところがあるんだろう」

「ドミナは中等部の頃から黒い噂が絶えなくてな…
 昔 オーターの後輩でレインの前任の神覚者が一人」

「再起不能にまでおいやられる事件が起きた
 その時の相手が…」

「当時中等部だったドミナだという噂がある…」

「中等部の学生が神覚者に勝るなど信じられないが ドミナならありうる…
 …歴代の学生で一番の魔法使いだと思っていい…」

レナトスの話をマッシュの横で聞いていた008号が言葉を失う。

しかし、マッシュは動揺することなくいった。

「オクラ・ブルーライト……
 なんて強敵なんだ…」

「まあ気負うな
 セント・アルズ校に 去年レインと競った候補者がいる」

「そいつにも協力してもらうよう
 コチラから言っておく」

「レインくんと…
 まあ たのもしいですね」

一方    

セント・アルズ校では、去年レインと競ったという候補者が血を流して倒れ込んでいた。

「あのレインと張り合ったって」

「この程度なんですね…」

そこには不敵な笑みを浮かべたドミナの姿があった    

『マッシュル-MASHLE-』第77話 / おわり

マッシュル-MASHLE- のネタバレ情報一覧

7巻
54話
55話
56話
57話
58話
59話
60話
61話
62話
8巻
63話
64話
65話
66話
67話
68話
69話
70話
71話
9巻
72話
73話
74話
75話
76話
77話
78話
79話
80話

マッシュル-MASHLE- の最新刊が無料で読める

『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『マッシュル-MASHLE-』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

呪術廻戦

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク