呪術廻戦ネタバレ・第158話「コガネ」| 動き始めた死滅回游!いざ、結界へ!!

呪術廻戦ネタバレ・第158話「コガネ」| 動き始めた死滅回游!いざ、結界へ!!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦157話のおさらい

・星綺羅羅(ほしきらら)に土下座する伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

・モニタールームから秤金次(はかりきんじ)・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が登場

・秤金次に顔面を思いっきり殴られる虎杖悠仁

・虎杖悠仁は秤金次に自らを認めさせようとする

・自らのことを部品と例える虎杖悠仁

・虎杖悠仁は三度殴り飛ばされることに

・秤金次の真後ろに立つ虎杖悠仁

・虎杖悠仁は秤金次の役割について問いかける

・いつの間にか熱くなっていた秤金次

・伏黒恵たちに取引きを持ちかける

157話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦158話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ158話 | 仲良くしようネ

「マジで?
 五条さん封印されたの?」

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)から東京事変で起こったことを聞かされた秤金次(はかりきんじ)が驚きの声を上げる。

「マジです」

「かぁーっ!!」

「あとついでのようで悪いが学長も死んだ」

頭を抱える秤に向かってパンダがいった。

「パンダ先輩?」

パンダから何も聞かされていなかった伏黒がパンダの方を振り向く。

「スマン 黙ってて
 だが本当だ」

「大丈夫だ 虎杖
 渋谷でじゃない
 あの後 上とゴタついてな」

「なら良かったとはなんねーよ
 だって学長はパンダ先輩の」

「それも含めて「大丈夫」だ
 ありがとな」

「オマエがそう言うなら 俺達はなんも言えねーよ」

「ね」

「にしても世話んなった人らが悉く……」

そういった秤が、さらに頭を抱える。

「こんなに凹んだのは ヤックルの尻(ケツ)に矢がブッ刺さった時以来だよ」

秤のその言葉に、パンダ、伏黒、虎杖の3人は「いい人生送ってるな…」と感じていた。

そして、少しの間考え込んでいた秤が口を開く。

「分かった
 死滅回游(しめつかいゆう)の平定には協力する」

「勘違いするなよ」

「情に流されたわけじゃねぇ
 これはあくまで取引だ」

「分かってるか?
 死滅回游に方が付いたら オマエらが俺に協力するんだぞ」

「呪術規定の改訂にいっちょ噛みしようってんだろ?
 呪霊の存在が公になった以上 改訂自体は確実なんだろうけど
 具体的には何をどうするんだ?」

パンダがいった。

「どうあれ そこまで難しくないと思いますよ」

「あぁん?テメェに何が分かんだよ
 ウニ頭 コラ」

「俺 禪院家(ぜんいんけ)当主です」

禪院家当主の立場を利用することに決めた伏黒がいった。

そして、伏黒が御三家のひとつである禪院家の当主であることを知った秤と星綺羅羅(ほしきらら)は目を丸くする。

「あ そぉ?」

(オイオイオイオイ ……マジか!?
 二人にゃ悪いが 今日一ビビったぜ)

(御三家がバックにつけば
 規定の改訂に口出しなんてちょちょいじゃねぇか)

(問題はその後 賭け試合(ファイトクラブ)の運営に
 いかに禪院家を関わらせないかだな)

「ウニ頭!!」

「伏黒です」

「伏黒君!!」

「仲良くしようネ」

「……はい」

翌日 禪院家壊滅

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ158話 | ルール追加

「よし 後は各々が出向く結界(コロニー)の割り振りだな
 憂太(ゆうた)は宮城だっけ」

秤との話がまとまり、パンダがそういったその時    

リンゴンリンゴンリンゴンリンゴンリンゴン

凄まじい音と共に、虎杖の頭上に呪霊のようなものが現れた。

「なんだ!?」

「泳者(プレイヤー)による死滅回游へのルール追加が行われました!!」

「<総則(ルール)>9」

「泳者(プレイヤー)は他泳者(プレイヤー)の情報    
 ”名前” ”得点” ”ルール追加回数” ”滞留結界(コロニー)”    を参照できる」

「5点(ポイント)が追加されました」

ツインお団子ヘアの男に、先ほど虎杖たちの前に現れた呪霊のようなものがいった。

「ったりめぇだろ 殺したんだから」

「どいつもこいつも貧弱すぎる」

そういってツインお団子ヘアの男が爪を噛む。

「400年前の方が幾分ましだった」

「何処にいる 宿儺…!!」

「得点が200点を超えました
 100点(ポイント)を消費して」

「死滅回游にルールを追加しますか?」

「……そうか ルール……」

「名前と… 強さの基準として得点……」

「あぁ ルール追加すると減っちまうか
 じゃあルールの追加回数もだな」

「それからどこの結界(コロニー)にいるか
 コガネ」

「ルール追加
 全泳者(プレイヤー)の情報を開示させろ」

死滅回游泳者(プレイヤー)
鹿紫雲 一(かしも はじめ)

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ158話 | 宿儺

「俺はコガネ!!
 泳者(プレイヤー)と死滅回游を繋ぐ窓口さ!!」

虎杖の頭上に現れた呪霊のようなものがいった。

「なんかさっきとキャラ違くねぇか?」

口調の変化に虎杖がツッコむ。

「さっきのは死滅回游からのアナウンス!!」

「今は泳者(プレイヤー)虎杖悠仁個人に憑いている窓口として喋ってるぜ!!」

「そういや天元様が言ってたなぁ…」

「いやおかしいだろ!!
 何で虎杖がもう泳者(プレイヤー)としてカウントされてんだ」

伏黒がいった。

「羂索(けんじゃく)に術式や呪物を配られた奴以外は
 結界(コロニー)に侵入して初めて泳者(プレイヤー)になるハズだろ」

(虎杖悠仁のように呪物を取り込ませた者    

虎杖の脳裏に羂索の言葉が蘇る。

(私が配った呪物は千年前から私がコツコツ    

(私と契約を交わしたのは    

(そいつは実在した人間だよ
 千年以上前の話だけどね)

「宿儺だ」

虎杖がいった。

「宿儺も羂索と契約して
 呪物に成った術師の一人だったんじゃねぇかな」

(死滅回游への参加が契約に含まれてるのか……?)

「でもやっぱりおかしい」

虎杖の言葉に、思考を巡らせていた伏黒がいった。

「宿儺の指は
 虎杖(オマエ)の意思で取り込んだろ」

「俺が証人だ」

しかし虎杖は何も言わない。

「…… 後にしよう」

そういった伏黒が目を伏せた。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ158話 | やることは決まった

「虎杖 早速コガネに泳者(プレイヤー)の情報を出させてくれ」

伏黒がいった。

「コガネ できる?」

「あいよ!!」

そういったコガネが、嬉しそうに泳者(プレイヤー)の一覧を自らの体に映し出す。

「コイツだ」

そういって伏黒が、コガネの体に映し出された一人の泳者(プレイヤー)の名前を指差した。

鹿紫雲一
得点100 変更01回
滞留結界 東京第2

「コイツ元々200点も持ってたのか……
 どういう意図でのルール追加だ?」

「ここ数日で少なくとも40人は殺してる奴ってことだろ
 気持ちのいい理由じゃねぇんじゃねぇか?」

伏黒の言葉に、虎杖が返す。

「でもこれで俺達は人を殺さずに死滅回游を進められるかもしれない」

「コガネ」

「得点が100以上の泳者(プレイヤー)だけリストアップできるか?」

「俺は虎杖悠仁に憑いてるからなぁ」

「あ いいよいいよ
 伏黒の言うことはきいて」

「津美紀(つみき)のような巻き込まれた人間は焦って結界から出たがらない限り……
 受肉した過去の術師も」

「各々何か思惑があって羂索と契約しただけで
 必ずしも死滅回游に対するモチベーションが高いわけじゃない」

「鹿紫雲のように点を持て余している奴がまだいるとしたら」

「…そっか」

「100点以上持っててルールを追加する気がない奴!!
 そいつを伸して」

「津美紀が回游を抜ける穴(ルール)を作らせる!!」

「出たぜ」

そういって、コガネが再びプレイヤーの情報を映し出す。

鹿紫雲 一
得点 100 変更 01回
滞留結界 東京第2

日車寛見 
得点 102 変更 00回
滞留結界 東京第1

(もう一人……!!)

「よし!!」

「まずはネックの総則(ルール)8を逆手に取る」

「総則(ルール)8って何だっけ?」

伏黒の言葉に、虎杖とパンダが尋ねる。

8.
参加または点(ポイント)取得後、十

九日以内に得点(ポイント)の変動が見られない場合、
その泳者(プレイヤー)からは術式を剥奪する。

「ルール追加で”泳者(プレイヤー)間での点(ポイント)の譲渡を可能にする”」

「これで身内で点(ポイント)を回し続ければ
 術式を剥奪されて死ぬことはなくなる」

「できればルール追加はもう1つ」

「”点(ポイント)を消費して死滅回遊から離脱できる”」

「それは例の”永続”に抵触するんじゃねぇか?」

ここまで黙って話を聞いていた秤が口を開く。

「俺もそう思います でも」

「非泳者(プレイヤー)を死滅回遊に引き込む
 身代わり条件を盛り込めばいけるかもしれません」

「確かにな
 その辺はコガネが決めんのか?」

「何にせよ
 やることは決まったな」

虎杖がいった。

「あぁ 獄門疆(ごくもんきょう)の封印を解ける”天使”を探しながら」

「鹿紫雲 一(かしも はじめ)と
 日車 寛見(ひぐるま ひろみ)を」

「狩る」

『呪術廻戦』第158話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク