ワンピースネタバレ・第1024話「某(なにがし)」| ヤマトvsカイドウ!ぶつかり合う黒い稲妻

ワンピースネタバレ・第1024話「某(なにがし)」| ヤマトvsカイドウ!ぶつかり合う黒い稲妻

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるワンピース

・ゴムゴムの実を食べ、ゴム人間になった少年ルフィが仲間たちと共に海賊王を目指す。

・時は大航海時代、幾人もの海賊たちが「ひとつなぎの大秘宝」を巡って戦う。

・ニュースになるほどたくさんの読者を驚かせる精巧な伏線の数々。

ワンピース1023話のおさらい

・ゾロ&サンジがキング&クイーンに一撃を加える

・ずっと昔に”赤い土の大陸(レッドライン)”の上には「神の国」があったという話が

・体が「変」と違和感を覚えるサンジ

・”ルナーリア族”に言及するクイーン

・白熱するサンジ vs クイーン

・ゾロは若き日の「鈴後(りんご)」の大名・霜月牛丸(しもつきうしまる)に瓜二つ

・霜月牛丸は”刀神”霜月リューマの子孫にして大剣豪

・「リューマ」は隻眼の侍だったことが明らかに

・「月の獅子(スーロン)」に姿を変えたイヌアラシ・ネコマムシ

・イヌアラシ vs ジャック

・ネコマムシ vs ペロスペロー

・雷ぞう vs 福ロクジュ

・モモの助がしのぶの能力で28歳まで成長する

・モモの助の28歳の姿に涙を流すしのぶ

・再度鬼ヶ島に向かうルフィとモモの助

1023話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ワンピース1024話のネタバレ

ワンピースネタバレ1024話 | 覇王色の覇気

城内 2階    

「わあああ!!どうしたお前ら!!」

「「覇王色」の覇気!”?」

次々とカイドウの部下たちが泡を吹きながら倒れていく。

その目の前には巨大なパチンコを持った1人の男がいた。

「無理もない…」

その男がいった。

「半端な覚悟じゃ…」

「俺の前で意識は保てねェ!!」

そこには、ワニのSMILEを食べた能力者の上に座るウソップがいた。

「2人の”飛び六胞”を消した男!!
 「二胞狩りのウソ八」とはおれの事だ!!!」

「え~~~~~!!2人も!?」

「戦おうとするな 寝返れーーー!!」

「同じ階でビッグ・マムが戦ってるせいだ」

その様子をお玉と一緒に物陰から見ていたスピードがいった。

「「覇王色」の余波で兵が倒れていく…!!」

その横では、ナミが電伝虫を使って誰かと連絡を取ろうとしている。

「ねェ ルフィどうなったかわかる!?」

「フランキー!!」

ドクロドーム「右脳塔」   

「いやわからねェな!!」

電伝虫の向こうにいるナミに向かって、フランキーが答える。

「さっきのモモの助の言葉が全てだろ!!」

「モモと一緒にいる筈の しのぶちゃんとも連絡がつかないの!!」

「便りがねェのは 元気な証拠だ!!」

そういったフランキーは、がはははと豪快に笑う。

「もー何それ!!」

「やる事やったんなら下へ来い!!
 何だか知らねェが 敵がどんどんライブフロアへ流れて来る!!」

「ライブフロアへ出すな!!
 ゾロとサンジが 大看板を相手にしてんだ!!」

同じくライブフロアの手前にいるベポたちに、フランキーが声をかける。

「命令すんな アイアイ〜〜〜!!!」

「同盟は対等だァ!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ1024話 | 誰が

場内3階    

「いよいよヤベェぞ!!!」

「炎が手に負えねェ!!
 ライブフロアに避難しろ!!」

そして炎が燃え広がる中、ブルックはブラックマリアとの戦いで力を使い果たしたロビンを抱えて走っていた。

「ああ〜〜〜!!!」

「熱い気がする〜〜〜〜〜!!!」

「私すでに火葬済みなんですけどー
 イヤ誰が火葬済みですか!!」

「死体男爵!!無事か!!」

ミンク族の戦士たちが声をかける。

「いやはや 中にはもういられませんっ!!
 ロビンさんが燃えちゃう!!」

「戦況わかりますか!?」

「いや とにかくパニックで……!!」

場内4階 キッド海賊団    

「ジンベエさん ジンベエさん」

電伝虫からブルックの声が聞こえた。

「3階はやがて火の海になりますよ!!」

「今のうちに下へ!!!」

「火事か そりゃマズイのう!!
     しかし上は……!!
 カイドウは誰が止めとるんじゃ…………!?」

城内「ライブフロア」   

「敵が城内から湧き出て来る!!」

そこには次から次へとライブフロアになだれ込んで来るカイドウの部下たちの姿があった。

「道をあけろ 侍共ォ!!
 ここはおれ達の城!!!」

「おれ達のライブフロアだ!!!」

これに対し、何としてもゾロとサンジの邪魔はさせまいと、侍たちが立ちはだかる。

そして、その中には河松の姿もあった。

「押し返せ~!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ1024話 | 戦争

「ハァ ハァ」

血をボタボタと滴らせながら、ヤマトがカイドウに攻撃を仕掛ける。

「”鳴鏑(なりかぶら)”!!!」

しかし、カイドウは難なくこの攻撃を弾き、不敵な笑みを浮かべたままヤマトを見ていた。

「”金剛(こんごう)”」

「”鏑(かぶら)”!!!」

カイドウの攻撃を受け止めるヤマト。

しかしその勢いに押され、弾き飛ばれてしまった。

「ハァ… ハァ…」

息を切らしながらヤマトが瓦礫の中から立ち上がる。

「お前はいつも……!!」

「僕を殺す気だった!!!」

「ゼェ… ゼェ…」

「ああ… そうだ 親子ゲンカじゃねェ…
 おでんの名を背負うなら「戦争」を覚悟しろ」

「遊びじゃねェんだ ヤマト!!」

「憧れは罪か!!?
 僕はおでんが好きだ!!!」

    回想    

「カイドウさん!!鬼姫様が一週間も暴れ続け………!!」

「ぼくはおでんだーーー!!!」

幼い頃のヤマトがカイドウに向かっていった。

「くさりを外してよ お父さん!!
 ぼくはおでんだ!!光月おでんだ!!」

ヤマトの言葉をただじっと聞いているカイドウ。

しかしその足元には白目を剥いて倒れている部下たちの姿があった。

「ぼくは
 ハァ… ハァ…」

「おでんだ…!!
 ハァ… ハァ…」

「ハァ… ハァ…」

「ヤマト ……… これは」

叫び疲れたヤマトに、ようやくカイドウが口を開く。

「お前がやったのか……?」

「知らない
 …勝手にたおれた」

鎖に繋がれ、ぐぎゅるるるると腹を鳴らしたヤマトがいった。

「おなかがすいて… 死にそうだよ…!!
 ごはんをちょうだい…」

「「覇王色」か 有望だな…
     だが「おでん」を名乗るなら」

「死ね ヤマト」

「え~~~!!!」

「岩屋の中で頭を冷やせ!!
 一か月の猶予をやる」

「え!?一か月!?
 さすがに死んでしまいます!!」

カイドウの言葉を聞いた部下がいった。

そして、「天」と書かれた岩屋の中からは、ヤマトの叫び声が響いている。

「それに中には凶暴な侍達が収監してあり」

「わーーー!!待ってよ!!
 何でこんな暗い所に!!」

「「ワノ国」の大剣豪共 お前らも同じだ…!!」

カイドウがいった。

「オレの”戦力”になるなら出してやる
 気が変わったら天井の空気穴に叫べ……!!」

「もう何日食ってない…?
 ここにメシを運ばせよう…!!」

ヤマト同様、岩屋の中に収監されている大剣豪と呼ばれる侍たちの目がギロリと光る。

「一人分だけな」

「武器も必要だろう」

そういったカイドウが数本の刀を置いていく。

「え!?」

「お父さん……!!
 ぼくはカイドウの子だよ!?
 恨まれてるにきまってる!!」

「殺されちゃうよ!!!」

鎖に繋がれたヤマトが、必死にカイドウの背中に呼びかける。

しかし    

「お前は「おでん」だろう?」

「おでんだけど…………
 おでんを殺したカイドウの息子だ」

そのまま岩屋を後にしたカイドウ。

そして、そこには数本の刀と一人分の食事だけが残されていた。

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ1024話 | 謎の侍たち

目の前に差し出された食事に、ヤマトの腹が再びぐぎゅるるるると鳴った。

(お侍さんに……
 キラわれることくらいわかる…!!)

(殺し合いをさせる気だ
 ごはんの取り合いで……!!)

(いや… その前に……)

その場に座っていた侍たちが、一人、また一人と立ち上がり始める。

その様子に怯えるヤマト。

そして、侍たちが一人分の食事と共に残された刀に手をかける。

(ぼくを殺すよね…!!)

幼いヤマトがそう覚悟したその時    

「食べなさい」

一人の侍が、食事をヤマトの前に置いた。

「え!?」

「侍は腹など」

「空かぬものだ」

そういって刀を携えた侍たちはその場に座ってしまった。

「え!?ホント?」

「……!!ぼくはおなか
 すいてまず……!!!」

(侍はすごいな おなか空かないの?)

「食え… えれェ家に生まれたな…」

楊枝をくわえた侍がいった。

その言葉に、一心不乱に食事を口へと運ぶヤマト。

しかし、その目からは大粒の涙がこぼれ落ちていた。

「ありがぽう おざむらいさん達…!!!
 ぼくはこのごはん 一生忘れません……!!!」

「ねぇ………!!
 おなかがすいても…… 侍になれますか……?」

食事を終えたヤマトが、先ほど声をかけて来た楊枝をくわえた侍に訪ねる。

「ぼくは……!!」

その時    

楊枝をくわえた侍が突然刀を抜き、ヤマトの繋がれた手錠の鎖を斬った。

「おぬしは「光月おでん」だろう?」

「聞いてた………!!
 拙者達もあの男が大好きでござる」

「え…… お友達……?」

「お侍さんの… 名前は?」

「敗けた侍の名か………
 ”某(なにがし)”とでも呼んでくれ」

「ふふ……」

そういって笑った侍は、何処となくゾロに似た風貌をしていた。

そして、突然ヤマトが隠し持っていたおでんの日誌を取り出す。

「……この”にっし”を読みたいんだけど
 むずかしい字が多いんです」

「おでんの……… 航海日誌!?」

驚く侍たち。

しかしすぐに日誌を囲って、ヤマトと一緒に読み始める。

そして、日誌を読むヤマトの目はキラキラと光り輝いていた。

「いやぁ… 10日は過ぎたか…」

「ヤマト… おぬしの父上は…
 本当に我が子を死なせる気なのか…」

    これではおでんの言う
 20年後の戦いを見届けられんな………」

「ぼくは… その時は「ワノ国」といっしょに戦うよ…
 海へ出て もっと… もっと… 強くなって……!!」

    それは心強い…
 …では 拙者達は おぬしをここで”死なせぬ”事で
 未来の戦に参戦いたそう」

「20年は拙者達には ちと待てぬ年月ゆえ………!!!」

そういった侍たちが、刀を持って立ち上がる。

そして、ヤマトの目をまばゆい光が包んだ瞬間、侍達が岩屋の入り口を塞ぐ巨大な岩を斬り伏せた。

(お侍さん!!そんな事したら父が………!!)

(このまま衰弱死など 御免こうむる)

(もとより屈する気などないゆえ!!)

「カイドウ様ァ~~~!!!
 天の岩戸が破られましたァ~~~!!!」

鬼ヶ島の屋上で対峙するカイドウとヤマト。

「僕にだって」

「信じてくれる人達はいる!!」

「認めてくれる人達はいる!!!」

「なぜ ぼくの 自由を奪う!!?」

「なぜワノ国の 自由を奪う!!?」

「一問一答で動いちゃいねェんだ 世の中は!!」

そういったカイドウが、再び金棒を振り上げる。

「青二才が!!!」

「”雷鳴八卦(らいめいはっけ)”!!!!」

再びカイドウとヤマトがぶつかり合った    

『ONE PIECE』第1024話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

ワンピースのネタバレ情報一覧

97巻
975話
976話
977話
978話
979話
980話
981話
982話
983話
984話
98巻
985話
986話
987話
988話
989話
990話
991話
992話
993話
994話
99巻
995話
996話
997話
998話
999話
1000話
1001話
1002話
1003話
1004話
100巻
1005話
1006話
1007話
1008話
1009話
1010話
1011話
1012話
1013話
1014話
101巻
1015話
1016話
1017話
1018話
1019話
1020話
1021話
1022話
1023話
1024話
102巻
1025話
1026話
1027話
1028話
1029話
1030話
1031話
1032話
1033話
1034話

ワンピースの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


ONE PIECE(ワンピース)ランキング

スポンサーリンク