呪術廻戦ネタバレ・第156話「きらきら星」| 明らかになった綺羅羅の術式!伏黒が制圧に成功 !

呪術廻戦ネタバレ・第156話「きらきら星」| 明らかになった綺羅羅の術式!伏黒が制圧に成功 !

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦155話のおさらい

・詐欺について語る秤金次(はかりきんじ)

・秤金次は”熱”を愛していると語る

・秤金次の野望は賭け試合での日本の”熱”の支配

・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は秤金次に駒として勧誘される

・秤金次のスマホに星綺羅羅(ほしきらら)からの不在着信が入る

・高専関係者と見抜かれてしまう虎杖悠仁

・秤金次 vs 虎杖悠仁の戦いが始まる

・伏黒恵(ふしぐろめぐみ)は秤金次に頼りに来たと目的を明かす

・以前に保守派と揉めた秤金次と星綺羅羅

・星綺羅羅は五条悟(ごじょうさとる)が封印された話を聞くも信じていない

・伏黒恵は星綺羅羅の説得を目指す

155話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦156話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ156話 | 術式のタネ

(アクルックス!?)

自身の出した脱兎(だっと)の体に「★AcruX」という文字が浮かんでいることに伏黒恵(ふしぐろめぐみ)が気づいた。

さらに伏黒が屋上のドアに視線をやると、そこには「★GacruX」という文字が刻まれていた。

一方、星綺羅羅(ほしきらら)は伏黒の出した脱兎の量に驚いていた。

(すごい量……
 何のつもりかな……)

(私の術式は呪力にマーキングするから
 式神は術師と同一に扱われる)

(このままだと さっきの犬(ワンコ)みたいに
 引き寄せられた自分の式神に 押し潰されて窒息するよ)

その時    

突然、綺羅羅の目の前にいた脱兎たちが血を流し始め、一気に消えてなくなった。

「パンダ先輩!!
 「脱兎」どうでした!?」

伏黒がパンダに向かっていった。

「俺の次にカワイかった!!」

「何に近づけなかったか聞いてんですよ!!」

パンダの見当違いの答えに、伏黒が声を荒げる。

「!」

「俺とそっちの二階は問題なく行けてた!!
 綺羅羅とモニタールームの扉は駄目だ!!」

「パンダ先輩の体のどこかに
 ★マークと名前がついてませんか!?」

「え……?」

パンダがゴロンと寝転んで自身の体を見る。

「あ!?
  I(アイ)…MAI(エムエーアイ)…」

(俺もどこかに…)

パンダのお尻に文字を確認した伏黒が、自身の身体にも文字を探す。

「あった!!」

伏黒の下腹部に、脱兎と同じ「★AcruX」の文字があった。

(玉犬(ぎょくけん)にもあるんだろうな)

(まだ何もわかりはしないが ここは)

「分かりました!!
 この術式のタネは星座です!!」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ156話 | 南十字星

「そこまでなら分かる奴は分かる」

伏黒の言葉に、綺羅羅がため息をつく。

「星座?」

パンダがいった。

「モチーフの星座は……」

「”南十字”」

伏黒の言葉に、一瞬綺羅羅が変わる。

そして、それを伏黒は見逃さなかった。

「!! クソ!!」

そういって、綺羅羅が自分の頬を叩く。

(顔に出た!!
 お互いに……!!)

(「マジか」って顔したなぁ~!?
 私の術式のモチーフが南十字星だという確信はなかったんだ!!)

(けど私も「マジか」って顔しちゃった!!
 確信を与えちゃった!!)

(このまま術式を看破されれば 部屋(モニタールーム)に入られる)

(ここで足止めをする!!)

一方、伏黒も綺羅羅の表情に驚いていた。

(マジで南十字だった
 津美紀(つみき)に感謝だな)

(でもこれ以上は何も知らん…
 つーか)

(南十字座って4つじゃないのか??)

「伏黒~
 何が何だか」

そういって、パンダが伏黒に近づいてくる。

(やっぱりパンダ先輩とは近づける)

「先輩 南十字座って星4つですよね?」

「え… そりゃ十字だし…」

そういって、パンダが指をクロスさせる。

「……」

「綺羅羅さんの術式は それぞれに南十字の星を割り振って
 適当な距離を取らせるものだと思ったんです」

「でも綺羅羅さんは扉に近づけるし
 俺とパンダ先輩同士も近づける」

「だからこの術式は
 ルートの決められたスタンプラリーとか
 すごろくみたいなもので」

「それぞれに近づける順番があるんじゃないかと思います
 そんで同じ星はくっつく」

「術師本人は術式対象外なんじゃないか?」

伏黒の説明を聞いていたパンダがいった。

「それはないです
 本人も玉犬と距離を取らされてました」

「単純に俺達の星と綺羅羅と扉の星が
 反発するようになってるとか」

「だったら綺羅羅さんが今部屋(モニタールーム)に逃げ込まないのはおかしいですよ」

「あ そか
 内側で扉にベッタリされたら詰むもんな」

「今 綺羅羅さんは俺達が何かしら条件を満たして
 自分の目の届かない所で部屋(モニタールーム)に侵入されることを警戒してる」

「となると
 星は5つ以上だな」

「はい」

「スタンプラリー説が正しかったとして
 星が4つなら 俺かパンダ先輩は綺羅羅さんに近づけるはずなんんで」

「間に5つ目の星があって
 そこを経由しないと綺羅羅さんと扉に近づけない」

「6つ7つあったらどうする」

「流石にないと信じたいですよね
 十字で5つでも意味わかんないのに」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ156話 | スタンプラリー

伏黒とパンダが作戦を練る中、先に動いたのは綺羅羅だった。

(バレたなら)

(攻めるでしょ!!)

綺羅羅が飛び上がり、車のフロント部分に着地して、浮き上がらせる。

「パンダ先輩!!」

突然、浮き上がった車が、パンダに向かって飛んできた。

しかし、伏黒の声に反応したパンダも、かろうじてこれを受け止める。

「問題ない!!伏黒!!
 ★(ほし)を探せ!!」

「ふんっ!!」

そういって、パンダが受け止めた車を投げる。

「あ 投げちゃ駄目ですよ!!!」

伏黒の声と同時に、再び車がパンダに向かって飛んできた。

「先輩と同じイマイの★を車につけたんです!!
 俺と玉犬の時みたいに 投げても戻ってくるか 引っ張られますよ!!」

(★をつけるには多分対象に触れなければならない
 でも俺も脱兎も綺羅羅さんに触れられていない…!!)

(触れられたのは玉犬だけ)

(つまり綺羅羅さんは物ではなく呪力に★をつけてる!!)

(扉や車のような物に★をつけるには
 予め誰かしらの呪力を篭めなければならないんじゃないのか…!?)

そう考えた伏黒が目を凝らす。

(やっぱりだ!!
 車から綺羅羅さん以外の呪力の残穢!!)

(術式範囲が広くないのであれば
 もう1つの★の残穢も…)

その時    

伏黒が、駐車場のタイヤ止めに呪力の残穢を見つけた。

(あった!!5つ目の★!!)

(俺達3人以外の残穢はもう見当たらない)

(綺羅羅さんは既に自分の呪力に★をつけていて
 物に俺と同じアクルックスの★をつけるために
 自身の呪力は使えないから)

(さっきの車のように 俺に物は飛ばせない)

「★Mimosa」と書かれたタイヤ止めに触れる伏黒。

(俺の読みが正しければこれで綺羅羅さんに近づけ    

その時    

伏黒に向かって車のドアやタイヤ止めが飛んできた。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ156話 | 星間飛行(ラヴランデヴー)

伏黒の仮説は正しい

綺羅羅の術式「星間飛行(ラヴランデヴー)」は
南十字座をモチーフとし 5つの★を対象の呪力に割り振る

★が別の★に接近するには 定められた順序を守らねばならず
同じ★同士の対象は 一方が一方に引き寄せられる

順序とは
星座の奥行き

平面的に見える星座にも 当然奥行きがあり
地球からの距離はそれぞれ異なる

綺羅羅によりアクルックスの★をつけられた伏黒は
扉に到達するまでミモザ→ギナンを経由しなければならない

「君 凄いじゃん」

右手の人差し指を立てて、綺羅羅がいった。

「マジで私の術式のこと分かってるんだ
 でも物分りが良すぎて もう物は飛ばせないって決めつけてたんじゃない?」

「私の呪力についた★…
 ギナンをはずして」

「君と同じアクルックスの★をつければいいだけじゃん」

飛んできた物の直撃を受ける伏黒。

しかし    

綺羅羅の背後には伏黒の式神「玉犬」がいた。

「なっ」

「にいぃいい!??」

玉犬が綺羅羅に飛びかかる。

(なんで!?どこから??
 いやそうか!!)

(あの子 まだ一度も犬(ワンコ)の式神を解除してなかったんだ!!)

(同じ★同士 どっちが引かれるかも見破られた!?)

(自分と式神の間に壁を挟んで
 引き寄せられる式神を 壁につっかけておく……)

(そして 私が線上に立ったら 犬(ワンコ)を放つ!!!)

「くって!!」

玉犬に飛びつかれた綺羅羅が、一緒に伏黒の元へと飛んでくる。

(「星間飛行(ラヴランデヴー)
 ………解除!!」

しかし    

すでにその時は遅く、綺羅羅は伏黒によって取り押さえられてしまった。

「話 聞いてください」

『呪術廻戦』第156話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク