マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第74話「マッシュ・バーンデッドと負けられない戦い」

マッシュル-MASHLE- ネタバレ・第74話「マッシュ・バーンデッドと負けられない戦い」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるマッシュル-MASHLE-

・魔法がまったく使えないマッシュは魔力を重んじる魔法界では命を狙われる存在

・マッシュは家族との平和な暮らしを取り戻すため素性を隠し、魔法学校の最高峰に入学することに

・筋力だけで魔法界を変えられるのか!?新ジャンル!アブノーマル魔法ファンタジー

マッシュル-MASHLE- 73話のおさらい

73話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- 74話のネタバレ

マッシュル-MASHLE- ネタバレ74話 | 模擬テスト

マッシュの前に学年末テストが立ちはだかっていた

「じゃあ マッシュくんの今の実力を測るためにした
 模擬テストを返します」

レモンがいった。

「えーっと 魔法言語が30点
 魔法史が10点 魔法薬学が3点 魔法数学が10て」

「あ」

「あ」

「う」

模擬テストの点数を聞いていたマッシュがブルブルと震え始めた。

「ううううううううう
 あああああああああ」

「マッシュ 今まで実技でなんとかしてたから
 筆記の方は壊滅的だな…」

「あああああ」

「錯乱している
 よっぽど嫌なんだな勉強…」

「……
 帰りたい…」

そういってマッシュが頭を抱える。

「まあ安心しろよ
 みんなでサポートするからよ」

「え?」

「ドットくんって勉強できるの?」

マッシュがいった。

「できるよ」

「勉強って一番分かりやすい目標達成のための努力の形だからさ
 努力の練習だと思って 毎日少しずつ勉強してるよ」

「それに学歴あって損することないし
 大人になって後悔したくないからね」

「ううううううううう
 あああああああああ」

再びマッシュがブルブルと震え始めた。

「なんか傷ついた…」

「まあこのオレがちゃんと教えてあげるからよ」

満面の笑みを浮かべたドットがいった。

「くっ…」

「教えてくだ… さ…」

「い」

渋々お願いするマッシュを、満面の笑みでドットが見つめる。

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ74話 | 試験勉強

「よしじゃあやるぞ」

ランスによる授業が始まった。

「魔法数学はとりあえず基礎からだ
 応用は完全に捨て確実に点を取りにいく」

「うす」

「大事なのは解法暗記と それをどう適用させていくかだ…その」

「次は魔法史ですね
 単語を覚えつつ それらを線でつなげて    

「魔法言語は小手先のテク    …」

授業について行けず、徐々に様子のおかしなったマッシュが口から血を吹き出し、涙を流し始める。

「魔法学は」

そして    

バゴーン

ついに、マッシュの頭が爆発した。

「どうした!?」

「破裂音が!!」

マッシュにレモンとドットが駆け寄る。

「あ」

「あ」

「ううううううううう
 あああああああああ」

三度、頭のチリチリになったマッシュが、ブルブルと震え始めた。

「できない…
 全くもってできる気がしない これからも」

「いやできないとかないから」

「できなきゃ退学だぞ」

完全に戦意を喪失しているマッシュに、ドットとランスが容赦無い言葉を投げかける。

「鬼…… 悪魔…」

しかし、再び机に向き合い、勉強を始めるマッシュ。

そうして3時間が過ぎ、6時間が過ぎた頃、マッシュがちらっと視線を外すと、その先には鬼の形相でマッシュを見ているレモン、ランス、ドットの姿があった。

再びノートに視線を戻すマッシュ。

そして、静かに目を閉じたその時    

バリーン

窓を突き破り、マッシュがその場から脱走した。

「逃げ出したぞ!!」

「マッシュくん…!!」

「まて… 追うな」

ランスがいった。

「結果はどうであれ
 苦手なことから逃げだすなどそれまでの男だということだ」

「やる気のない奴に教えるほど」

「オレもヒマじゃない」

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ74話 | 土に還りたい

ランスの言葉に沈黙するフィン。

しかしすぐにマッシュの後を追いかけて、その場を離れた。

「僕やっぱり見てくるよ」

「フン…」

(どこ行ったんだろ マッシュくん…)

マッシュを探してフィンが森の中を歩き回っていたその時    

(埋まってる…!!)

(地面に!!)

そこには、首から下が地面に埋まっているマッシュの姿があった。

「このまま 土に還りたい」

「マッシュくん」

フィンの声にビクッとするマッシュ。

「ごめん フィンくん…
 僕勉強だけは…」

「マッシュくんらしくないよ」

「負けそうな相手でも
 後先考えず立ち向かっちゃうのがマッシュくんでしょ?」

「一緒に卒業したいよ 僕
 マッシュくんと一緒に」

「頑張ろう」

「ね?」

「ありがとう フィンくん」

フィンの言葉に俯きながらマッシュがいった。

「フィンくんの言うとおりだよ
 情けないとこ見せちゃったね……」

そういって、マッシュが土から出てくる。

「僕頑張る」

「モグラたくさんついてるよ」

「ごめんなさい 抜けだして」

フィンと共に戻ったマッシュはレモンとランス、ドットの3人に頭を下げていた。

「もう一度教えて下さい」

「あーあー どうしよっかなー
 やる気がな」

「早く席につけ」

ドットの言葉を打ち消すようにランスがいった。

「がんばりましょう マッシュくん」

「ごめんウソウソ」

「小さく見えた?
 オレもしかして人として小さく見えた?」

慌てた様子で勉強を始めたマッシュにドットがいった。

「ここからで」

「ここがこうなってこうで」

「ムシしないで ごめんマジで!!」

こうしてマッシュは
苦手なりに勉強に取り組んだのであった

スポンサーリンク



マッシュル-MASHLE- ネタバレ74話 |

試験当日    

「やれることはやったよ」

「あとは頑張るだけだなマジで」

「頑張ってください」

「うす」

「それではテストを始めます」

「フー よし」

大きく息を吐き、試験に望むマッシュ。

しかし、時間が経つにつれ、その首はどんどん捻られていた。

リンゴーン

「そこまで    

「お前のその汗の量…
 まさか…」

大量の汗をかいているマッシュを見たドットがいった。

「……」

「おい なんとか言えよ!!おい!!」

そしてテスト返却日

「いよいよだな…」

「みんなと… 卒業…」

うつむいたマッシュがつぶやくようにいった。

「次 マッシュ・バーンデッド」

「はい」

テストを受け取りにマシュが前に出る。

「アナタはこの学校の授業に対して
 常に反抗的な態度をとっていましたね」

「う……
 そんなつもりじゃ」

「そのうえ普段の成績も悪い」

そういった教師が、マッシュの答案を差し出す。

「うぐぐぐ」

「退学も時間の問題と言いたいとこですが」

「えっ」

「たまには真面目に
 頑張れるようですね」

「これは」

マッシュの答案を覗き込んだドットがいった。

「決して褒められた点数ではないですが」

「ギリギリじゃん」

「ギリギリだ…」

「…まぁ こんなもんですわ」

「調子に乗るな」

「調子に乗るな」

マッシュは試験中何度も何度も助けられたのでした

友達の存在に

「あ ここフィンくんに教わったとこだ」

「次 私語したら失格」

そして改めて感じたのでした
いろんな人の助けがあって

今があることを

『マッシュル-MASHLE-』第74話 / おわり

マッシュル-MASHLE- のネタバレ情報一覧

7巻
54話
55話
56話
57話
58話
59話
60話
61話
62話
8巻
63話
64話
65話
66話
67話
68話
69話
70話
71話
9巻
72話
73話
74話
75話
76話
77話
78話
79話
80話

マッシュル-MASHLE- の最新刊が無料で読める

『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『マッシュル-MASHLE-』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『マッシュル-MASHLE-』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

呪術廻戦

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク