僕のヒーローアカデミアネタバレ・第322話「大・爆・殺・神ダイナマイト」| ついに止まったデクと爆豪の思い!

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第322話「大・爆・殺・神ダイナマイト」| ついに止まったデクと爆豪の思い!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ321話のおさらい

・捕らえた刺客をエンデヴァーに引き渡す切島鋭児郎(きりしまえいじろう)・青山優雅(あおやまゆうが)・葉隠透(はがくれとおる)

・エンデヴァーの指示で周囲の警戒をする三人

・デクのことをA組の生徒に任せるエンデヴァー

・デクを説得しようとする轟焦凍(とどろきしょうと)

・AFO(オール・フォー・ワン)の「次は君だ」という言葉に縛られているデク

・氷を抜け出したデクは峰田実(みねたみのる)に接近を許す

・峰田実を退けて擬似100%の準備をするデク

・デクは擬似100%で麗日お茶子(うららかおちゃこ)から離れる

・飯田天哉(いいだてんや)と爆豪勝己(ばくごうかつき)をデクに向かって射出するA組

・爆豪勝己は飯田天哉に全てを任せる

・超スピードでデクに追いつく飯田天哉

・飯田天哉がデクに「余計なお世話ってのはヒーローの本質なんだろ」と言う

321話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ322話のネタバレ

ヒロアカネタバレ322話 | 俺たちの答え

(ふりほどかなきゃ いけないのに)

(力が入らない)

「解除!」

飯田天哉(いいだてんや)がデクの手を掴んだことを確認した麗日お茶子(うららかおちゃこ)が指を合わせた。

    うまく
 着地できるか    

お茶子の”個性”によって浮かんでいた飯田が落下点を確認する。

「オーライ オーライ」

「切島く    

THOOM

「わー 大丈夫!?」

凄まじい勢いで落下してきた飯田とデクを受け止めた切島鋭児郎(きりしまえいじろう)に、葉隠透(はがくれとおる)と青山優雅(あおやまゆうが)が駆け寄る。

「倒」

「れねぇえ!!!」

「緑谷!!!」

飯田とデクを抱えたまま、凄まじい勢いに耐えていた切島がいった。

「俺 昔な!」


「とある話にうちのめされた!」

「同い年の奴がダチ助ける為に駆け出したって!」


「あれおまえなんだろ…!?」

「特別だとか 力だとか関係ねぇ    

「あん時のおまえが    

「今の俺たちの答えだと思うぜ…!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ322話 | 今までごめん

「よくあんなところにいたな 切島くん」

ようやく止まった飯田が切島にいった。

「エンデヴァーの指示でな!偶々(たまたま)!」

そして、A組のメンバーが3人に駆け寄ってくる。

「緑谷…! ハァ ハァ」

息を切らしながら芦戸三奈(あしどみな)がいった。

「もう誰かがいなくなんの嫌だよ」

「一緒にいよう!?
 また皆で授業受けよう」

しかし、生気を失ったデクは無言のまま立ち上がる。

「おい!」

「緑谷くん!」

横にいた切島と飯田が声をかける。

「…そう… したいよ…」

そしてようやくデクがゆっくりと話し始めた。

「けど」

「怖いんだ…!雄英には…!
 沢山の人がいて…!」

「他人(ひと)に迷惑かけたくないんだ…!」

「もう」

「今まで通りじゃいられないんだ    …」

「死柄木(しがらき)にぶっ刺された時 言った事覚えてっか?」

デクの後ろに立っていた爆豪勝己(ばくごうかつき)がいった。

「…覚えてない」

「「一人で勝とうとしてんじゃねェ」だ」

「続きがあるんだよ…」

「身体が勝手に動いてぶっ刺されて…!
 言わなきゃって思ったんだ」

「てめェをずっと見下してた………
 ”無個性”だったから」

爆豪の脳裏に、幼い頃の2人の姿が蘇る。

「俺より遥か後ろにいるハズなのに」

「俺より遥か先にいるような気がして」

「嫌だった」

「見たくなかった」

「認めたくなかった」

「だから遠ざけたくて虐めてた」

「否定することで 優位に立とうとしてたんだ」

「俺はずっと敗けてた」

    雄英入って」

「思い通りに行くことなんて一つもなかった
 てめェの強さと弱さを理解してく日々だった」

爆豪の言葉に、デクの目が光を取り戻し始める。

「言ってどうにかなるもんじゃねェけど」

「本音だ」

「出久(いずく)」

「「今まで ごめん」」

そういった爆豪が、デクに向かって頭を下げた。

「OFA(ワン・フォー・オール)を継いだおまえの歩みは」

「オールマイトそのもので」

「何も」

「間違ってねぇよ」

「けど今 おまえはフラフラだ
 理想(オールマイト)だけじゃ超えられねぇ壁がある」

「おまえが拭えねぇもんは俺たちが拭う」

「理想(オールマイト)を超える為に」

「おまえも雄英の避難民も街の人も
 もれなく救けて勝つんだ」

(皆 とっくに)

(僕なんかより ずっと先に)

「「ついてこれない」…なんて…」

そういったデクが、足元をフラつかせる。

「「ついてこれない」なんて酷い事言って…
 ごめん    …」

そして倒れかけたその時    

「わーってる」

爆豪が優しく抱き留めた。

「とりあえず 第一関門はクリア… ですわね」

爆豪とデクの姿を見ていた八百万百(やおよろずもも)が、お茶子にいった。

「ここからはより険しいですわ」

「うん」

そういったお茶子の目は、ただ真っ直ぐ前を向いていた    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ322話 | 繋がる想い

「お 目ぇ開いた!」

「13号 起きました」

「ああ良かった!
 聞こえるかい 緑谷くん」

「…… はい」

「今現在 ほとんどの民間人は各地避難所に移動してくれてる」

目を覚ましたデクに、13号が話し始めた。

「まだ外に残ってるのは 脱ヒーロー派の自警団と
 ダツゴクに乗じて暴徒と化した過激派」

「脱ヒーロー派も疲弊して 避難所に入る人も増えてる」

「過激派は多くが徒党化している分  動きは追いやすい」

「避難が進み どちらに対しても
 人員を割けるようになった」

「皆 最善を尽くして
 状況を変えている」

「外で君がしてきた人助けは
 他のヒーローや警察が肩代わりできる範疇にはなっている」

「ゆ…
 雄… 英…?」

連れて来られた雄英の門の前で、思わずデクが立ち止まる。

「雄英バリア発動中
 この壁も機能の極一部に過ぎねぇって」

隣を歩いていた瀬呂範太(せろはんた)がいった。

「システム聞いたらマジ腰抜かすよ!!
 士傑(しけつ)とガッチャンコするって    

さらに、葉隠も興奮気味に話す。

しかし、デクの表情はさえない。

(A組の皆の想いには応えたい)

(でも    

「戻るのは…
 …ダメなんだ」

振り絞るような声で、デクがいったその時    

「中が騒がしい」

「その少年を雄英に入れるなーーー!!」

そこには、声をあげている多くの市民の姿があった。

「噂されている「死柄木が狙った少年」って」

「そいつだろ!!」

「ヘイヘイヘイ 落ち着いて」

プレゼントマイクが、興奮する市民たちをなんとか落ち着かせようとするが、その声はどんどん膨らんでいく。

しかし    

「おい 校長の説明があったじゃないか
 我々の安全は保証されるって…」

一人の市民が、声をあげる市民に向かっていった。

「納得できるか!!できたのか!?」

「安全だと言われたから家を空けて避難してきたのに!」

「何故 爆弾を入れるんだ!!」

「雄英じゃなくていいだろ!!」

「匿うなら他でやれ!」

怒声が飛び交う中、デクが引き返そうとしたその時    

お茶子が優しく手を握った。

「大丈夫」

(飯田くんたちが紡いだ)

(爆豪くんが紡いだ)

(私たちは もう君を離さない
 離されない)

(ヒーローが辛い時)

(誰が)

(ヒーローを守ってあげられるだろう)

『僕のヒーローアカデミア』第322話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

マイホームヒーロー

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク