呪術廻戦ネタバレ・第149話「葦を啣むー弍ー」| 禪院真希に重なる伏黒甚爾の面影

呪術廻戦ネタバレ・第149話「葦を啣むー弍ー」| 禪院真希に重なる伏黒甚爾の面影

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦148話のおさらい

・呪具を回収するために、禪院家へと戻った禪院真希(ぜんいんまき)

・禪院直哉(ぜんいんなおや)に話しかけられるも、答えずに忌庫へ向かう

・伏黒恵(ふしぐろめぐみ)が当主を引き受けた経緯が明らかに

・忌庫の中では、真希の父親の禪院扇(ぜんいんおうぎ)が待ち構えていた

・扇の後ろでは、禪院真依(ぜんいんまい)が血を流して倒れていた

・伏黒恵・真希・真依の誅殺を目論む禪院甚壱(ぜんいんじんいち)たち

・計画の発案者は扇と判明

・真希と扇が激突

・扇に斬られ、膝をつく真希

148話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦149話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ149話 | 子の出来

「刀身を折り 間合いを縮めたと判断し踏み込んだな
 だからオマエは駄目なのだ」

倒れ込んだ禪院真希(ぜんいんまき)と禪院真依(ぜんいんまい)の襟元を掴み、引きずりながら歩いている禪院扇(ぜんいんおうぎ)がいった。

「私は 剣士ではない 術師だ」

「出来損ないの物差しで私を測ろうなど」

「笑止」

「千万」

「何度でも言うぞ
 私が前当主に選ばれなかったのは オマエ達のせいだ」

「兄の術式は歴史が浅く
 相伝であるか否かは そこまで争点ではなかった」

「術師として 唯一つを除いて
 兄に遅れをとったことはない」

「唯一 子供の出来のみ」

そういった扇の脳裏に、禪院直哉(ぜんいんなおや)の顔が浮かぶ。

「子が親の足を引くなど
 あってはならない」

「知らないの?」

扇に引きずられながら話を聞いていた真依がいった。

「この国では 足の引っ張り合いが美徳なのよ」

その時    

しめ縄の飾られた入り口に到着した扇が、真希と真依を階段の下に投げ落とした。

「ここは訓練と懲罰部使われる部屋だ」

「2級以下の呪霊を無数に飼っている」

「今は私に怯えているが じきオマエ達を喰いに這い出てくる」

柱の影に身を隠している無数の呪霊が、不気味に目を光らせながら口々に何かいっている。

「天与呪縛…
 フィジカルギフテッド」

「それが何だ
 我々術師は 日々鍛錬した肉体を更に呪力で強化して戦う」

「真希 オマエの力など
 皆 手抜かりなく持っているのだ」

そういった扇が踵を返し、部屋を出ていく。

「さらば」

「我が人生の 汚点」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ149話 | 同一人物

無数の呪霊がいる部屋に取り残された真依が、気を失っている真希の頭を膝に乗せ、鼓動を確かめるように胸に手を当てる。

「流石 しぶといわね」

「いつか……
 こうなるんじゃないかって思ってた」

そういった真依が、真希の顔を覗き込む。

「最悪」

そして、真希に口付けをした    

    精神世界    

意識を取り戻した真希が目を開けると、どこかの海辺に寝転んでいた。

「私の術式 もう大体分かってるでしょ」

声のした方向に目を向けると、そこには真希の隣に座っている真依の姿があった。

「でも大きい物とか 複雑な物は作れないのよ」

「あの人に斬られた傷もあるし
 これ作ったら私死ぬから」

「じゃあね 後は一人で頑張んなさい」

そういった真依が立ち上がり、ザブザブと海に入り始めた。

「!?」

「おい!!真依!!」

「待て!!」

慌てて身体を起こした真希が、大声で叫ぶ。

「何 言ってんだ
 とにかく… 戻ってこい」

「私 随分前から分かってたのよ」

真希の呼びかけに振り返った真依がいった。

「何で 呪術師にとって 双子が凶兆か」

「何かを得るには 何かを差し出さねばならない
 これは”縛り”だけの話じゃないわ」

「痛い目みて 強くなるのだって理屈は同じ」

「そういう利害が いちいち成立しないのよ 双子(わたしたち)の場合ね」

「だって 一卵性双生児は 呪術では同一人物としてみなされるから
 分かる?」

「アンタは私で 私はアンタなの」

「アンタが血ヘド吐いて 努力して
 強くなりたいって願ったって 意味ないのよ」

「私は強くなんて なりたくないから」

「アンタが術式持ってなくたって 私が持ってちゃ意味ないのよ」

「私がいる限り
 真希 アンタは一生半端者なの」

「分かったから…!!
 戻れよ!!」

そういった真希が、真依の後を追って海に入る。

「これだけは置いてくわ
 他は捨てなさい」

追ってくる真希に向かって、真依が手を差し出す。

差し出された腕を掴む真希。

しかし、真依はその手を振り解いてしまう。

「呪力もなにもかも 私が持っていってあげるから」

「…… 一つだけ 約束して」

「全部」

「壊して」

その時    

真依と真希の姿が、幼い頃に戻る。

そして、満面の笑みを浮かべた真依がいった。

「全部だからね」

「お姉ちゃん」

「真依」

意識を取り戻した真希が、膝枕をしたまま倒れ込んでいる真依に呼びかける。

そして、真希の手には一つの刀が握られている。

「起きて」

「真依」

「起きて」

しかし、涙を流し、静かに真依の名前を呼ぶ真希を、たくさんの呪霊が取り囲んでいた    

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ149話 | 恐怖

立ち去っていた扇が、部屋から溢れる不穏な空気に気づき立ち止まる。

「呪霊の消滅反応…!?」

「何だ…?」

部屋の入り口に向き直り、刀に手をやった扇が、身構えたその時    

(体が覚えている)

(忘れるよう努めた あの)

(恐怖)

視線の先に現れた真希に、伏黒甚爾の姿が重なる。

その迫力に飲まれた扇が、すぐに攻撃体制に入る。

術式解放

「焦眉之赳(しょうびのきゅう)」

扇の刀身が炎に包まれる。

「いいだろう!!
 今一度この手で 骨の髄まで焼き尽くしてくれる」

そういった扇が、真希に刀を向けたその時    

「来い!!!
 出来損ない!!!」

その言葉と同時に、扇の頭が真っ二つに割れ、崩れ落ちた。

「真依 始めるよ」

俯いたまま、顔色ひとつ変えない真希が、つぶやくようにいった    

『呪術廻戦』第149話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話
19巻
161話
162話
163話
164話
165話
166話
167話
168話
169話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


呪術廻戦ランキング

スポンサーリンク