僕のヒーローアカデミアネタバレ・第312話「刺客」| ホークスも怖れるダツゴクとデクが激突!

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第312話「刺客」| ホークスも怖れるダツゴクとデクが激突!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ311話のおさらい

・サポートアイテムを使う敵(ヴィラン)と戦うエンデヴァー

・捕らえたダツゴクの中にはAFO(オール・フォー・ワン)につながる者は存在せず

・TOP3に対し物を投げつける市民たち

・「死柄木がTOP3以外の”誰か”を追っていた」「エンデヴァーたちはまだ隠し事をしている」ことがマスコミによって囁かれている

・TOP3はデクともう1〜2km離れて動くことに

・現状AFO(オール・フォー・ワン)は潜伏に徹し、”死柄木の乗っ取り”を最優先にしている

・AFO(オール・フォー・ワン)が”憎しみ”を抱いていないのかもしれないと推測するホークス

・ベストジーニストに一本の連絡が入る

・爆発に巻き込まれるオールマイト

・デクはスマホを撃ち抜かれてしまう

・タルタロスの女囚人がAFO(オール・フォー・ワン)の刺客として登場

311話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ312話のネタバレ

ヒロアカネタバレ312話 | ホークスの懸念

    回想    

「君の力(ワン・フォー・オール)なら
 大丈夫だとは思うんだけど」

「ん?」

病院のベッドで、コスチュームに着替えているデクにホークスがいった。

「懸念が1つ……」

「AFO(オール・フォー・ワン)と死柄木(しがらき)は
 まだOFA(ワン・フォー・オール)を奪える段階じゃない」

「そして 殻木(がらき)がいない今
 因子の鮮度を保つ術は無いハズ」

「先の戦いで 殻木関連の施設は全て洗い出したし」

「よって君を生け捕りにするのが敵(ヴィラン)のベスト
 そんなの大抵のダツゴクは不可能だ」

「一人 タルタロス出の”彼女”以外はね…」

「俺の先輩にあたる」

「勿論 こちらも最優先で捜索中だけど
 もし彼女が仕掛けてきた時は」

「全力で 逃げて下さい」

(ダークブルーとピンクの繊維でできた弾丸……)

ホークスの言葉を思い出していたデクの予想が、確信に変わる。

(”彼女”だ)

(元公安直属ヒーロー
 レディ・ナガン!!!)

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ312話 | イカれてる

ホークスの言葉に従い、デクがその場を離れる。

「動いたな」

しかしそのことを感じ取ったレディ・ナガンが再びデクに向かって発砲する。

(秘匿回線デバイスが壊された)

(オールマイト・ホークスたちにも異状は伝わっているハズだけど
 レディ・ナガンが相手だとは知らせられなかった)

(駆けつけたところを狙われる可能性がある…!!)

(どうする…!?)

(一旦 言われた通りに退    …)

その時    

「もう無ェよ」

かわしたはずのレディ・ナガンの弾が、突然Uターンをするようにデクに向かって飛んできた。

「選択肢なんて」

そして、そのままデクの胸に向かって加速する。

(曲射ってレベルじゃ)

かろうじて腕でブロックするデクだが、その勢いに押され、吹き飛ばされていく。

しかし、レディ・ナガンは攻撃の手を緩めることはなく、吹き飛ばされるデクを狙って次の弾を放った。

「…成程 AFO(オール・フォー・ワン)が目をつけるわけだ」

    回想    

「あいつはイカれてるよ」

『今、注目すべきヒーローは?現役100人に聞いてみた』というテレビ番組に出演している、スナイプがインタビューに答えている。

「あいつさえいなきゃ 俺は遠距離系日本一だった」

「俺の「ホーミング」は600m以内の視認した標的に
 投げたもんが当たる部位は選べねえし…
 威力は低めだが素敵だろ?」

「ところがあいつは 技術だけでそれをやってのけちまうんだ」

「3km離れた場所からな!」

「まったく 商売上がったりだ!」

「秘訣は弾だ」

「奴は弾を好きな形に形成できる」

「二色の毛髪をエポキシパテのように混ぜ練り上げる事で硬化し弾になる」

「曲がる球から ホローポイント弾まで何でもござれなのさ」

「THE(ザ)・スナイパーライフル人間
 遠距離”個性”は皆 奴の右手に嫉妬してるぜ」

かろうじて二発目の弾も防いだデクは、スナイプの語っていた話を思い出していた。

(スナイプ先生も羨む精度……!
 連射もできるのか!!)

(”危機感知(4th)”がなきゃ とっくに やられてる!!)

(けど     初撃と今のとで
 位置はわかった!!)

(約1km先!射程は3km!
 射程外に退く間 この連射を凌ぐより    

(詰める!!)

そう考えたデクが、吹き飛ばされた反動を利用してビルを蹴り、レディ・ナガンの元を目指す。

一方、レディ・ナガンもデクを仕留め切れなかったことに驚いていた。

「二発も防がれたのは初めてだ」

「オヤジ…」

レディ・ナガンの後ろに座っていた、両腕のない男がつぶやくようにいった。

「オヤジの元へ ……早く…」

「はいはい!これ終わったらな!!」

「隠れてろ 標的来っから」

そういってレディ・ナガンが男を立ち上がらせる。

「やっぱ 捨てとくべきだったかな」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ312話 | エアウォーク

    回想    

「叛逆のヒーロー 麗しきレディ・ナガン」

「会えて光栄だ」

火の海とかしたタルタロスで、両腕のない男を抱えるレディ・ナガンに向かってオール・フォー・ワンがいった。

「AFO(オール・フォー・ワン)
 あんたを追ってた時期もあったっけな」

「彼らとは一線を画す君に頼みがある」

「この後恐らく
 雄英(ゆうえい)生のある少年が学校を出て 単独行動をする」

「その少年を捕らえて僕の元に連れて来て欲しい」

「彼と離れたところに数名実力者が張っているだろうから
 まずは分断を考えて立ち回るといい
 例えばそうだな 雨を待つと幾らか    

「まてまて
 やんねぇよ」

「タルタロス(ここ)から脱出する条件…
 奴らは「暴れる」だけで
 何でウチだけそんなことしなきゃいけねぇ?」

「君は仲間のヒーローを殺した」

「君の願った「ヒーロー社会の破滅」は
 その少年がいる限り 決して訪れることはない」

「偽りの希望… …か」

「…… オヤジ…」

レディ・ナガンに抱えられている男がいった。

「死穢八斎會(しえはっさいかい)若頭……
 友人かい?」

「…いや 壊れちまってるし 何かに使えるかと思って」

「彼も悪しきヒーロー社会に押し潰された被害者」

「憎きヒーローに止めを
 さァ 契約を結ぼう」

「これはほんの手付金さ」

タルタロスを脱獄した際のAFO(オール・フォー・ワン)とのやりとりを思い出していたレディ・ナガンが、その際にAFOから与えられた”個性”を使う。

”個性”エアウォーク!

「任務を遂行する」

『僕のヒーローアカデミア』第312話 / おわり

このネタバレを読んでいる人はこんなネタバレも読んでいます

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

マイホームヒーロー

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村


漫画・アニメランキング

スポンサーリンク