呪術廻戦ネタバレ・第144話「あの場所」| 釘崎はどうなった?ついに姿を現した全知の術師・天元

呪術廻戦ネタバレ・第144話「あの場所」| 釘崎はどうなった?ついに姿を現した全知の術師・天元

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦143話のおさらい

・禪院直哉(ぜんいんなおや)に治療の提案をする乙骨憂太(おっこつゆうた)

・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の両親が明らかに

・虎杖悠仁が目覚めて安堵する乙骨憂太

・五条悟(ごじょうさとる)が乙骨憂太に頼んだことが判明

・乙骨憂太が虎杖悠仁に真意を明かす

・虎杖悠仁に助けを求める伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

・死滅回遊(しめつかいゆう)のルールが明らかに

143話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦144話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ144話 | 殺してくれ

「加茂憲倫(かものりとし)が仕組んだ
 呪術を与えられた者達の殺し合い」

「”死滅回遊”」

「”死滅回遊”に津美紀(つみき)も巻き込まれてる」

「頼む虎杖」

「オマエの力が必要だ」

その時、虎杖の脳裏に祖父・倭助(わすけ)が死ぬ前にいった一言が蘇る。

『人を 助けろ』

伏黒(ふしぐろ)の言葉に、少しの間考え込む虎杖。

しかし、すぐに”覚悟”を決めたような表情に変わり、
隣で黙って話を聞いていた乙骨憂太(おっこつゆうた)に向かって話しかける。

「乙骨先輩」

「宿儺が伏黒で何か企んでる」

「渋谷でアイツに肉体(からだ)を取られたのは
 多分一度に指を10本も食わされたからだ」

「俺の中に今 指は15本
 残り5本全部 一度に食わされても 肉体は乗っ取られないと思う
 それでも」

「もし次 俺が宿儺と代わったら
 迷わず殺してくれ」

「先輩なら できると思う」

「分かった
 死力(ベスト)を尽くすよ」

虎杖の申し入れに、無表情のまま乙骨が答えた。

そして、その返事を聞いた虎杖は、
伏黒の方に向き直り、何をすればいいかと尋ねる。

「まずは高専に戻って
 天元(てんげん)様と接触する」

「獄門彊(ごくもんきょう)の封印の解き方」

「加茂憲倫の具体的な目的と 今後の出方」

「死滅回遊は未曾有(みぞう)の呪術テロ
 事態を収拾するには この2つの回答がマストだ」

「この問いに答えられるのは
 天元様しかいないと思う」

「あの人は…
 九十九さんは知らねぇかな」

虎杖がいった。

「九十九さんとは もう話した
 これはあの人の案だ」

「あの人も今 高専に潜伏してる」

「潜伏?」

「上層部と関わりたくないらしい」

「問題は天元様の”隠す”結界なんだ」

ここまで黙って伏黒と虎杖のやりとりを聞いていた乙骨が、ここで口を挟む。

「シャッフルが繰り返される1000以上の扉の内 1つだけが
 天元様のいる 薨星宮(こうせいぐう)へと繋がっている」

「それを引き当てなきゃ
 天元……様に会えねぇわけか」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ144話 | どうなった

考え込むように目を閉じた虎杖が、意を決したように目を開き、伏黒に尋ねた。

「ごめん伏黒
 やっぱ今 聞くわ」

「釘崎は どうなった」

虎杖の言葉に、目を伏せる伏黒。

そして虎杖もまた、伏黒の表情で全てを悟る。

「そうか…… 分かった」

「…… 分かった!!」

そういって虎杖が左手を堅く握りしめたその時    

「その”隠す”結界とやら
 なんとかなるかもしれんぞ」

突然、伏黒の横から脹相(ちょうそう)が現れた。

驚いて後退りする伏黒を他所に、虎杖はどういうことかと尋ねる。

「以前真人(まひと)が 宿儺の指と呪胎九相図(おれたち)を盗み出しただろう
 それと同じことをする」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ144話 | 誰だ

地下にある部屋に案内された虎杖が、階段の先にある扉を開ける。

「久しぶり… って訳でもねぇか」

そこには顔に激しい火傷を負い、
髪もショートカットになった禪院真希(ぜんいんまき)と
特級術師・九十九由紀(つくもゆき)の姿があった。

虎杖に向かって、薄っすらと笑みを浮かべた九十九由紀がヒラヒラと手を振っている。

「真希さん!!」

虎杖と一緒に来ていた乙骨が、焦った様子で真希に駆け寄る。

「もう動いていいの?」

「応 問題ねぇ」

「火傷は仕方ないさ
 反転術式でも跡は残る」

乙骨に向かって九十九由紀がいった。

「でも流石は天与呪縛(てんよじゅばく)のフィジカルギフテッド」

「最後の最期で呪への耐性ではなく
 生来の肉体の強度が生死を分けた」

「当主のことは残念だったね」

「別に競ってたわけじゃないっスよ」

複雑な表情を浮かべた真希がいった。

しかし、すぐに真希が話を本題に戻す。

「恵 天元様の結界の話は」

「それは…」

「俺から話そう」

真希の問いに答えようとした伏黒の肩を叩き、脹相が説明を始める。

「扉から薨星宮の途中には
 高専が呪具や呪物を保管している”忌庫(きこ)”があるな」

「忌庫には 俺の弟達」

「膿爛相(のうらんそう)・青瘀相(しょうおそう)・噉相(たんそう)・
 散相(さんそう)・骨相(こつそう)・焼相(しょうそう)の亡骸が在る」

「亡骸でも6人揃えば 俺の術式の副次的効果で気配くらい分かるハズだ」

「Good!!」

脹相に向かって九十九由紀がいった。

しかし、ここで真希があることに気づく。

「それはいいとして」

「コイツは誰だ」

その言葉に、この場にいる全員が脹相の方を見る。

そして沈黙を破るように、虎杖がいった。

「とりあえず 俺の……
 兄貴ってことで……」

その言葉に反応した脹相が、嬉しそうに虎杖の名前を叫ぶ。

「悠仁   !!!!」

しかしそれを無視するように、虎杖は伏黒たちを連れて部屋を出ようとしていた。

「行こう」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ144話 | 全知の術師

「あれだ」

6人が向かった先にある扉を指差して、脹相がいった。

「間違いない
 この先に 弟達が眠っている」

「開けるぞ」

そういって、ゆっくりと扉を開けた虎杖が驚きの表情を浮かべる。

そこに部屋はなく、眼下に枯れた木が無数に生える森が広がっていた。

その光景に息を呑む虎杖を他所に、後ろから覗き込んだ九十九由紀がいった。

「降りよう
 奥に薨星宮へと続く昇降機があるんだ」

九十九由紀に促されるまま降りた6人は、森の奥へと歩みを進める。

その時    

6人の前に倉庫が現れ、その前で脹相が立ち止まった。

「脹相」

虎杖がいった。

「分かってる」

そういった脹相がシャッターに手を当て、「後で迎えにくる」とつぶやくようにいった    

その後、昇降機へと辿り着き、薨星宮へと降りていく6人。

そして、到着した先の床に広がる血痕を見た虎杖の「何かあったのかな」という言葉に、九十九由紀が話し始めた。

「11年も前の話さ 今思えば」

「全ての歪みは あの時始まったのかもしれない」

そういった九十九由紀の脳裏に、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)の姿が蘇る。

しかし、それ以上を語らない九十九由紀の言葉に、誰もその真意を理解できないでいた。

「さぁ皆 本殿はこの先だよ」

トンネルの中を突き進む6人。

そしてようやくトンネルを抜けたその時    

「クソッ」

そこには何もない、真っ白な世界が広がっていた。

「なんもねぇ」

「これが本殿?」

困惑する虎杖たちに向かって九十九由紀がいった。

「いや 私達を拒絶しているのさ」

「天元は現(うつつ)に干渉しないが
 六眼(りくがん)を封印された今なら 接触が可能だと踏んだんだが」

『拒絶されているのは私達ではなく
 私か……?』

「見通しが甘かった」

複雑な表情を浮かべ、言葉が出ない伏黒。

そんな伏黒を思い、乙骨憂太が戻ろうと提案したその時    

「帰るのか?」

突然背後から声がした。

声のする方向を振り返る虎杖と九十九由紀。

そこには姿を現した天元が立っていた。

「初めまして」

「禪院の子 道真の血 呪胎九相図 そして」

「宿儺の器」

『呪術廻戦』第144話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

スポンサーリンク