僕のヒーローアカデミアネタバレ・第306話「終章開幕」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第306話「終章開幕」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ305話のおさらい

305話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ306話のネタバレ

ヒロアカネタバレ306話 | 全てを話そう

『言葉ではない
 感情が流れ込んでくる』

『歴代との対話』

『OFA(ワン・フォー・オール)の真実』

『お師匠の葛藤』

その時、病室の扉をノックする音が聞こえた。

『朧げにしか分からないけれど 私の中に流れ込んでくる』

『”無個性”の君の 言葉が
 言葉じゃなく
     …』

デクから手を離し、オールマイトが扉を開ける。

「初めまして オールマイトさん」

そこにはホークスとベストジーニストが立っていた。

「俺は速過ぎる男なんて呼ばれてまして
 諸々 すっ飛ばして伺いたいことが」

「って緑谷くん やばい感じスか」

「いや!大丈夫
 きっと もうじき起きる
 それより何だい ホークスくん」

病室からオールマイトを離し、他の人に聞かれないように小さな声でホークスがいった。

「「ワン・フォー・オール」と緑谷くんについてです」

その言葉に、オールマイトが目を見開く。

「先の戦いに参加したヒーローが辞職の際
 メディアに伝えたものです
 ジワジワと広まっていってます…… そして」

「今しがた エンデヴァーさんから
 緑谷くんが死柄木に狙われていたと伺いました」

「言い間違い 聞き間違い
 些細なミスであったとしても 穴は埋めたい
 俺たちはこれから…」

「敵(ヴィラン)だけじゃなく
 世間とも戦うことになるので」

「この秘密は 社会の混乱を防ぐ為でもあり
 君の為でもあるんだ いいね?」

オールマイトの脳裏に、緑谷にいった言葉が蘇る。

『最早 その段階ではない…』

『諦めない者たち…か』

「…場所がよくないな…」

そういったオールマイトがホークスとベストジーニストに背を向けて歩き始める。

そして振り返っていった。

「全てを話そう」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ306話 | 記者会見

雄英高校 校長室    

「あぁ 政府にも協力を仰ぐ」

校長が電話の相手に向かっていった。

「OBの頼みだもの
 早急に対処する」

三日が経った

パニックは収まらない

不安が伝染していた

けれど皆が皆
ただ責め立てたいワケじゃなかったと思う

清廉潔白であってくれ

間違いなど犯してないと言ってくれ

不安だから

安心させてくれ

縋るような想いがあったのだと

思う

多くのマスコミが詰め掛ける中、エンデヴァー、ホークス、ベストジーニストの3人による記者会見が開かれた。

「真実です
 お詫びの申し上げようもございません」

エンデヴァーの言葉に、会場が静まり返った。

エンデヴァーは自身の…家族の悍ましい過去を

滔々と語った

「うーわ…」

「終わりじゃん」

「酷い話ね」

会見の様子をテレビで見ていた市民が口々にいう。

「味方… だったのに」

「嘘でもいいから… 嘘って言えよ…」

一方、会見場は先程の静けさから一転、紛糾していた。

「真実と仰りましたが
 ホークスとベストジーニストは事実と異なるようですが…!」

「ジーニストさん殺害は潜入の為の工作であり
 告発の全てを覆すものではありません」

ホークスが答える。

「父の件
 逃げる敵(ヴィラン)を刺し殺したのも事実です」

再び会見場が静まり返る。

「父について 隠していたことにつきまして
 謝罪申し上げます」

そういったホークスが頭を下げた。

「分倍河原(ぶばいがわら)の件に関しましては
 あぁするより他になかったと考えております」

「彼に”個性”を発動されていれば
 被害想定は 今の比じゃありませんでした」

「彼に罪を償わせる事ができなかったのは」

「私の不徳の致すところであり
 残念に思います」

「よろしいでしょうか」

一人の女性記者が手を挙げた。

「ギガントマキアの”縦断”によって
 私の母は重症を負いました」

「「全て真実でしたすみません」じゃ
 取り返しのつかない事態なんですよ!」

徐々に女性記者の声が大きくなる。

「この一週間弱で
 どれだけの人が住む家を失ったかご存知ですか!?
 なぜ そんな澄ました顔でいられるんですか!?」

「やったのは敵(ヴィラン)!!
 しかし!己の過ちがそうさせたのだと
 わかっている顔には見えませんが!!」

「…… 憔悴した顔で泣いていれば
 取り返しがつきますか?」

女性記者の言葉を黙って受け止めていたエンデヴァーがいった。

「はあ!?」

エンデヴァーの言葉に、女性記者が言葉を荒げる。

「つくわきゃねーだろ
 社会の不安を取り除け!!」

「敵(ヴィラン)を全部片付けろ!!
 それが…」

そこまでいったところで、女性記者が我に返る。

「…それが」

「仰る通りです」

「それが今 エンデヴァーにできる償いです」

「とはいえヒーローも減ってしまった今
 全ての人々を守るのは困難です」

会見場が落ち着いたところで、ベストジーニストが話し始めた。

「つきましては 守るべき範囲を削減します」

「何を…!?どういうつもりで…!」

再び会見場がザワつく中、ベストジーニストは続ける。

「政府との相談の上 本日より」

「雄英をはじめとした
 広大な敷地と十分なセキュリティを持つヒーロー科の学校を
 指定避難所として 開いて頂く運びとなりました」

「すでに学生の家族には非難を進めてもらっています」

「先の見えない避難所生活なんて……
 納得できるか!」

反発した記者たちが立ち上がる。

しかし、そんな記者たちに向かってエンデヴァーがいう。

「先を見る為です…」

「非難も 不安も……
 私だけに向けて欲しい
 これから命を張る者たちにではなく    !」

「みんなで俺を 見ていてくれ」

ヒーローが篩に掛けられた

人々から求められる者をヒーローだと言うならば

あの日 ヒーローは消えた

それでも

まだ立ち上がる人はいる

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ306話 | 手紙

エンデヴァーは「ワン・フォー・オール」について聞かれ

「わからない」と答えた

デクくんとオールマイトに

石が投げられないように

「みんな 大変だ!!」

寮中に峯田の声が響き渡る。

「ドアに緑谷からの手紙が…!!」

そういってリビングに飛び込んできた峯田。

しかし、そこには同様にデクからの手紙を持ったA組のメンバーたちがいた。

「おまえも…!?」

「なんだよこれ…」

「”オール・フォー・ワン”…!?
 敵(ヴィラン)が… 狙ってる…!?」

「緑谷…!
 何なんだよ これ!!」

麗日さん
今までありがとう。
僕の秘密をA組のみんなには
伝えなくてはいけないと思い
この手紙を書き残しておきます。
僕の力は
オールマイトから授かった
特別なもので、死柄木と
オール・フォー・ワンは僕を狙って
動いています。だから僕はもう…

辛い道を厭わない者を

ヒーローと呼ぶのなら

彼らが辛い時 誰が    

「ばかやろう」

手紙を持ったまま、お茶子がつぶやくようにいった。

4月

デクくんがヒーローアカデミアを去った

そして、デクはビルの屋上から街中で暴れる敵(ヴィラン)を見ていた。

「でっけー敵(ヴィラン)」

『僕のヒーローアカデミア』第306話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

マイホームヒーロー

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

スポンサーリンク