呪術廻戦ネタバレ最新話142話「お兄ちゃんの背中」| 脹相 VS 禪院直哉!脹相の切り札が炸裂!

呪術廻戦ネタバレ最新話142話「お兄ちゃんの背中」| 脹相 VS 禪院直哉!脹相の切り札が炸裂!

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦141話のおさらい

・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)vs 乙骨憂太(おっこつゆうた)

・戦いは乙骨憂太が優勢

・顕現したリカちゃんが虎杖悠仁を拘束

・虎杖悠仁は乙骨憂太に心臓を刺されてしまう

・宿儺(すくな)は何かに気づき、笑みを浮かべる

・脹相(ちょうそう)vs 禪院直哉(ぜんいんなおや)

・脹相が「赤鱗躍動・載」を発動する

141話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦142話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ142話 | 強さの秘密

「兄さ 10人兄弟のな」

「答えになってへんねん」

そういった禪院直哉(ぜんいんなおや)がステップを踏み始める。

「俺は術式と そのしぶとさのことを聞いてん」

「ねんっ!!」

再び脹相(ちょうそう)に襲いかかる直哉。

しかし脹相はその動きを視界で捉えていた。

『合わせてきよった
 成程な』

『「赤鱗躍動(せきりんやくどう)」か!!
 その能力(ちから)を外眼筋(がいがんきん)に集中させて
 動体視力を上げとるんや!!」

直哉に向かって腕を伸ばす脹相。

しかし直哉はこれをかいくぐり、脹相の腹に強烈な一撃を放つ。

「残念」

「こっちはカウンター前提で動き作っとんのや」

直哉の一撃で、壁に叩きつけられる脹相。

「クソ!!」

そういった脹相の脇腹から、突然血が吹き出した。

「君しつこいから 使わせてもろたで」

「獲物」

そういった直哉の手には小型の刃物が握られていた。

「赤血操術(せっけつそうじゅつ)やし 止血はお手のもんやろ
 止血に気ぃ回しながら どこまで俺とやれるか 試してみよか」

「用意がいいな」

「内緒やで ぶっちゃけダサいと思っとんねん
 術師が獲物持ち歩くの」

「それがないと勝たれへんってことやし
 意外とおんで 同じ考えのやつ」

「俺の兄さん方も ブラブラとみっともないねん
 よぉアレで甚爾(とうじ)君のこと やいやい言えたもんや」

「嫌いなんだな 兄弟が」

「嫌いやね」

「弟より デキの悪い兄なんか 居る意味ないやろ
 首括って 死んだらええねん」

「その兄弟達のおかげで
 今のオマエがあるのかもしれんぞ」

「は?」

「今めっっちゃキショいこと言うた?」

「ドン引きやわ」

「デキが良かろうと 悪かろうと 兄は弟の手本なんだ
 兄(オレ)が道を誤ったのなら 弟はその道を避ければいい
 兄(オレ)が正道(せいどう)を歩んだのなら 弟は後をついてくればいい」

「オマエが強いのは オマエの兄が弱いおかげだったらどうする?」

「何故 俺がしぶといのか聞いたな
 教えてやる 俺には手本がない
 何度も何度も間違える」

「それでも 弟の前を歩き続けなければならん」

「だから 俺は強いんだ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ142話 | 超新星

脹相の足元に流れ出した大量の血が直哉に襲いかかる。

『どーいうこっちゃ!?
 なんで この出血で生きとんねん』

九相図(くそうず)は呪霊と人間の混血

呪力を血液へと変換できる 特異体質

呪力が枯渇しない限り 失血死することもない

直哉の目の前で、視界を塞ぐように脹相の血が大きく広がる。

『ヤバイ!!
 距離をとらされた上に 大量の血で奴を見失った!!』

パシャッ

大きく広がった血の中から「穿血(せんけつ)」が飛び出した。

「トロい攻撃や
 やっぱ出血で死にかけなんやろ」

余裕たっぷりに直哉が「穿血」をかわした、その時    

突然、直哉の横に脹相が現れ、「穿血」を放った。

しかしこの攻撃も間一髪のところでかわす直哉。

それでも「穿血」と大量の血が、徐々に直哉を追い詰める。

『足が重い!!
 生地に滲みとる血を固定しとんのか!!』

「後は分かるな」

再び「穿血」の構えに入った脹相がいった。

「詰みだ」

「どうやろな」

『俺の術式は事前に24fpsで作った動きを後追い(トレース)する』

『この程度の足止めやったら 問題なく動ける』

「試してみぃや」

睨み合う脹相と直哉。

そして、直哉が先に動き出す。

『なんで』

『撃ってこぉへんのや』

これは150年 自らの術式と向き合い続けた

脹相のオリジナル

「超新星(ちょうしんせい)」

目の前で脹相の血が弾け飛び、直哉がその場に倒れ込む。

「悪いが 兄弟を愛せなかった
 オマエの気持ちは分からん」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ142話 | 辛そうですね

脹相の「超新星」によって、直哉が倒れ込んだ直後。

突然、脹相の背後に、虎杖を引きずりながら乙骨憂太(おっこつゆうた)が現れた。

「なっ」

その気配に脹相が振り返る。

しかし乙骨の拳をまともに受け、脹相はその場に倒れ込んでしまう。

「辛そうですね 直哉さん」

そういった乙骨が、自身の左手に呪力を込めた    

『呪術廻戦』第142話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

スポンサーリンク