呪術廻戦ネタバレ・第139話「狩人」

呪術廻戦ネタバレ・第139話「狩人」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦138話のおさらい

・禪院家術師の禪院直哉(ぜんいんなおや)、扇(おうぎ)、甚壱(じんいち)が登場

・禪院真希(ぜんいんまき)は生死の境を彷徨っていると判明

・禪院直毘人(ぜんいんなおびと)が死亡し、禪院直哉が次期党首に

・高専及び禪院家の武器庫が禪院直哉に移譲

・禪院直毘人の遺言で、五条悟(ごじょうさとる)が機能停止の場合は伏黒恵(ふしぐろめぐみ)が次期当主に

・禪院直哉は当主の座を得るため、伏黒恵と虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の殺害に動く

・九十九由基(つくもゆき)は虎杖悠仁たちの味方ではない

・虎杖悠仁は脹相(ちょうそう)と2人で呪霊狩りを続ける

138話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦139話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ139話 | 鬼神

東京に蔓延る呪霊を、脹相(ちょうそう)と共に狩り続ける虎杖が、橋の上で大きく手を叩いた。

その後も、虎杖が何度も手を叩いたその時    

突然、橋の下の川から、2体の呪霊が現れた。

「でたな」

呪霊が虎杖に襲いかかる。

しかし虎杖は呪霊に攻撃することなく、走って逃げ始めた。

すると川の中から現れた呪霊だけでなく、どこからか別の呪霊も集まってくる。

その時    

虎杖の目の前に1体の呪霊が立ち塞がった。

しかし虎杖はその呪霊の股の下をスライディングですり抜け、迫り来る呪霊を引き連れて地下道へと入っていった。

「脹相」

地下道の先で待ち構えていた脹相に向かって、虎杖が叫ぶ。

「穿血(せんけつ)」

虎杖の後を追って来ていた呪霊をまとめて串刺しになる。

「悠仁」

脹相の呼びかけに、穿血を逃れた呪霊を虎杖が祓う。

『凄まじいな』

虎杖のその姿に、思わず脹相が息を呑む。

『俺と戦った時は パワフルな印象だった』

『今はそこに繊細さが加わっている
 淀みない呪力操作 桁違いの膂力(りょりょく)』

『まさに鬼神!!』

『これでまだ
 全快ではないというのだからな』

「流石 俺の弟だ」

「まだ言ってんの?」

「何度でも言うさ
 思い出せ あったハズだ」

「オマエの父の額にも 縫い目が」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ139話 | 直哉 vs 虎杖・脹相

「恵君 おらんやん」

突然、現れた禪院直哉(ぜんいんなおや)に驚きの表情を浮かべる虎杖と脹相。

「俺が 一番乗り?」

『誰だコイツ……
 今 伏黒の話したか?』

「そんなことあんの?トロすぎへん?」

「君らも何してん」

「目立ちすぎやで 逃げる気ないん?」

「逃げる?」

何を言っているのか理解できない虎杖が、直哉に尋ねる。

「何や 知らんのか」

「君 死刑やって
 悟君の後ろだてがのうなったから」

その言葉に怒った脹相が直哉を睨みつける。

「あっ」

その時、虎杖の脳裏に猪野(いの)の言葉が蘇る。

『五条サンが利かせてた融通で 
 救われていた術師が数多くいる』

「俺が用あんのは恵君やから
 ぶっちゃけ君は 生死はどーでもええねん」

「でもチョコマカされんのもアレやし
 とりあえず足でも折っといたろかな」

「伏黒に何の用だよ」

「死んでもらお思て
 その前に 一筆書いてくれると助かるねんけどな」

その言葉に、虎杖が直哉を睨みつけた瞬間    

高架から飛び降りた直哉が、一瞬にして虎杖と脹相の目の前に移動した。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ139話 | 死刑執行人

「恵君 君を捜してるんやって」

虎杖の反応が間に合わず、直哉の拳が顔面を捉えた。

さらに脹相の攻撃をいなした直哉が、一瞬2人の目の前から消えた。

「速いっちゃ速いんだけど
 なんかへんだな」

虎杖がいった。

「術式だろうな」

「思ったより やりよるんやね
 正直ナメてたわ」

『器は まぁ分かるとして となりのは何者や』

「もうちょい
 速うしてみるか」

その時    

突然、ぬるっとした不気味な空気が3人を包んだ。

『五条先生!?いや
 もっと不気味な…!!』

虎杖がその不気味な空気の方を振り返る。

「あれ?一人じゃないんだ」

そこには圧倒的な呪力を纏った、死刑執行人の乙骨憂太(おっこつゆうた)がいた    

『呪術廻戦』第139話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2021年5月時点のものです。

同じ作者の漫画

 

この漫画を読んでいる人にオススメの漫画

チェンソーマン

ブラッククローバー

終末のワルキューレ

スポンサーリンク