僕のヒーローアカデミアネタバレ・第297話「タルタロス」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第297話「タルタロス」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ296話のおさらい

296話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ297話のネタバレ

ヒロアカネタバレ297話 | 青銅の門

対”個性”最高警備特殊拘置所
通称「タルタロス」

本土から約5km離れた沖に建造された収容施設。便宜上拘置所とされているが、
実態は国民の安全を著しく脅かす、又は脅かした人物を、厳重に禁固し監視下に
置くものであり、刑の確定・未確定を問わず様々な”個性”の持ち主が収監されている。
居房は6つに区分されており、”個性”の危険性や事件の重大性に
よって振り分けられている。危険性の高い人物程、地下深く収監される。
一度入れば生きて出ることは叶わないと言われており、”個性”社会の闇とも呼ばれている。

PM8:34 本土側通行門    

通称「青銅の門」 

「何が起きている
 ブリアレオス ギュゲス」

「こちら… ギュゲス…」

暗闇に向かって激しく 銃弾が打ち込まれる中、ギュゲスが無線に応答する。

「セキュリティレッドを発令しろ」

「ブリアレオス…
 兄貴が殺られた!」

「セキュリティレッドだ 今すぐに!」

その時    

暗闇の向こうから死柄木が姿を現した。

「…拍子抜けだな」

そういった死柄木が、その右手を伸ばした    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ297話 | ナニカ

タルタロス
B10(最深部)

「明日 朝 例のデカブツが届くそうだ」

「ギガントマキア…
 あの梅干し頭の部下だろう?」

「殺せなかったのか?」

「ああも巨大だと 拳銃じゃあ無理だろう
 人である以上 ミサイルをブチ込むわけにもいかん」

「ああ言うのを人とは呼ばん
 災害… もしくは獣(けだもの)と言う
 ここに収監されている畜生共 同様にな」

「やめとけ 記録に残る
 心求党(しんきゅうとう)は解体されるだろうが
 分派元がこの機を見過ごすはずがない」

「ただでさえ 人権侵害だなんだと突かれて参ってるんだ
 最近は どこから漏れるか分からんぞ」

「だが事実だ」

「奴らは ただ人の形をしているだけだ」

「”個性”によって規格を失った人類に紛れてしまった」

「悍(おぞ)ましいナニカだ」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ297話 | 次の僕

「セキュリティレッド発令」

「侵入者アリ セキュリティレッド発令」

けたたましいサイレンの音が、タルタロスに響き渡る。

「各フロア封鎖」

「職員はただちに厳戒態勢へ移行して下さい」

「門からだ!このタイミングで馬か……」

「いや… まさか…
 撤退したその足で    

次々とタルタロスへと繋がる橋が解体されていく。

「橋 降下開始
 コットス出撃」

「対象の殺    

その時    

海の中から脳無が現れ、コットスを次々と撃ち落としていった。

一方、死柄木は翼の生えた脳無の背中に乗り、空からタルタロスへと近づいていた。

「…俺の体 …だって… 言っただろ… 先生…!!」

「目が覚めたか ゆっくり休んでてくれ
 超再生の効きが悪い
 君自身が元気になってくれないと」

「体を休めろって……
 言ったのは あんただよな」

「やる事 やってからね」

「…俺の 体を…返せ」

「僕の力を欲したのは君だろう!?」

「自分に手を差し伸べなかった世界に唾を吐いた」

「憎しみを完遂する為に君が力を欲した」

「君の強い意志が招いた結果であり
 それこそが重要なんだ」

「駒にはならない…!」

「勘違いするな弔!
 君は大切な大切な    …」

「次の僕さ」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ297話 | 魔王になるまでの物語

「監視党崩壊!!!」

「死柄木と脳無だ!!」

「フム」

『「サーチ」』で僕本体の位置は把握したが
 最深部… 水深500mほどか…
 本体を避けて建物を崩壊させたとしても水圧に耐えられないな』

『それに加え この未完の身体が保たない』

『他の敵(ヴィラン)たちも欲しい』

『まったく… タルタロス!
 仮にマキアを連れて来れたとしても
 この物量で先手を取られていただろう
 仮に体が完成していたとしても
 ”外からの”攻略は難しかっただろう』

「監視システムダウン!
 IMPのような攻撃も受けたようだ」

「復旧まで3秒    
 待て… 何で…」

「システムのダウンは中から分からないハズだ!」

『さすがの僕も 神への反逆となると 一苦労するだろう』

オール・フォー・ワンの脳裏にオールマイトとのやりとりが蘇る。

『いいや ”出られない”んだよ』

『ああ そうだね オールマイト
 内と外… 意識共有レベルでの呼吸の合致が ない限りは』

その時    

タルタロスの扉が次々と開いていった。

「システム戻りません!」

「居房ブロックが解放されていく!!
 内側からだ!!」

「制圧部隊到着!!」

「全居房ブロック制圧へ移行」

「規定に則り 扉から一歩でも出た収容者は    

壁の爆発に巻き込まれる制圧部隊。

「撃て!!撃て!!」

「そんなもんじゃあ 死ねねェなァ!!」

「楽園の入り口(でぐち)はどこだぁ!!?」

「ぐああああ!!」

居房から出てきた囚人たちに次々とやられていく制圧部隊。

「待てよ!橋がねぇぞ!出られねぇ!」

「ふざけんな 早くシャバの土踏ませろォ!!」

「出たければ僕に従ってくれ 友よ」

囚人たちの前に死柄木が姿を見せる。

「そして側で見ていて欲しい」

「これから始まる空位時代に
 より完璧な魔王が生まれる…」

「これは僕が最高の魔王になるまでの物語だ」

『僕のヒーローアカデミア』第297話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク