呪術廻戦ネタバレ・第135話「渋谷事変52」

呪術廻戦ネタバレ・第135話「渋谷事変52」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦134話のおさらい

・偽夏油傑(げとうすぐる)の目的が術式の抽出だと判明

・京都校が参戦し偽夏油傑と戦闘に

・パンダ、日下部篤也(くさかべあつや)、歌姫(うたひめ)も参戦

・脹相(ちょうそう)が現れ、偽夏油傑は加茂憲倫(かものりとし)だと暴く

・裏梅(うらうめ)も登場し脹相と戦闘に発展

134話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦135話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ135話 | 俺の弟

『俺の術式の 影響なんだ』

『血の繋がった 弟たちの異変は
 どんなに遠くにいようと 感じとれる』

『「死」
 それは 生物にとって
 最期にして 最大の』

『異変』

『俺はあの時 眼前で
 虎杖悠仁の 「死」を
 強烈に 感じとって しまったのだ』

『つまり悠仁も
 血の繋がった俺の弟…!!』

『加茂憲倫が 体を転々とし
 生き永らえている ならば』

『なにも あり得ない 話じゃない』

『ならば俺は』

『全力で
 お兄ちゃんを 遂行する!!』

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ135話 | 命を張る理由

「赤血操術!?」

脹相の構えを見た加茂憲紀が驚いた表情でいった。

『なんて圧力だ!!』

その時    

脹相の手から放たれた穿血(せんけつ)が裏梅(うらうめ)を襲う。

『速い!!これが「穿血」!!』

辛うじて受け止める裏梅。
しかし、脹相はさらに穿血を鞭のようにしならせ、夏油の足元を抉る。

一瞬足の止まった夏油の隙をつき、一気に距離を詰めた脹相が連打を打ち込む。

「無理するなよ 疲れてるだろ」

夏油がいった。

「だから何だ」

「それが弟の前で
 命を張らない 理由になるか?」

その会話を、離れたところで聞いていたパンダが、虎杖に尋ねる。

「一応 聞くけど 他人だよな?」

「他人どころか 一回殺されかけてるよ」

「東堂といい
 ヤバイフェロモンでも出てるんじゃないのか?」

「だが おかげで場が乱れた」

加茂がいった。

「この機に乗じるぞ」

「まだ2機残ってる俺が前に出る
 全員でかかれば 隙くらいできるだろ」

「なんとしても
 獄門彊(ごくもんきょう)を奪い取るぞ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ135話 | 俺はお兄ちゃん

「激震(ドラミング)   

パンダが構えに入ったその時    

『氷凝呪法(ひこりじゅほう)』

『「霜凪」!!!』

裏梅の術式でパンダが一気に凍らされた。

『氷の術式!?
 しかもなんてハイレベルな!!』

『下手に動けば体が割れる!!』

「殺すなよ
 伝達役(メッセンジャー)は必要だ」

夏油がいった。

「全員生かす理由になるか?」

そういった裏梅の手から血が流れる。

『反転術式!!
 呪術のスケールが段違いだ
 帰りてぇ~~~』

日下部がそう考えていた時、半身を凍らされた脹相は氷を溶かそうとしていた。

「この程度の氷…!!」

『「赤鱗躍動(せきりんやくどう)」!!』

「どの程度だ?」

裏梅が氷で指を尖らせ、脹相の目の前に突きつけたその時    

虎杖が脹相の氷を割り、助け出す。

『俺だけ氷結が甘かった 宿儺関連だな』

「味方でいいんだな!?」

虎杖がいった。

「違う!!」

「あ!?」

「俺は お兄ちゃんだ」

「真面目にやってくんねーかなぁ!!」

「とりあえず 1回呼んでみてくれないか?」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ135話 | どんな女が好みだい?

虎杖と脹相のやりとりを他所に、急降下してきた西宮が攻撃を仕掛ける。

『付喪操術(つくもそうじゅつ)』

『「鎌異断(かまいたち)」!!』

しかし、裏梅はこれを片手で払う。

『素手で払うとか ヘコむんだけど!!』

「虎杖くん!!
 今動けるのは私達だけ」

「歌姫先生の準備ができるまで 時間を稼ぐよ!!」

しかし、容赦無く裏梅の攻撃が3人を襲う。

「伝達役(メッセンジャー)なんて」

『氷凝呪法(ひこりじゅほう)』

「虎杖悠仁一人で 事足りるでしょう!!」

『「直瀑(ちょくばく)」!!!!』

再び、一気に凍らされる虎杖たち。

『殺られ    

虎杖が死を覚悟したその時    

「久しぶりだね 夏油君」

虎杖たちの前に一人の女が立っていた。

「あの時の答えを 聞かせてもらおうか」

「どんな女が好み(タイプ)だい?」

「九十九由基(つくもゆき)!!」

『呪術廻戦』第135話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク