呪術廻戦ネタバレ・第134話「渋谷事変51」

呪術廻戦ネタバレ・第134話「渋谷事変51」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦133話のおさらい

・東堂葵(とうどうあおい)は新田新(にったあらた)と共に、渋谷駅B5Fを訪れていた

・パンダ、日下部篤也(くさかべあつや)は生存

・日下部篤也は虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の死刑を望む

・冥冥(めいめい)は偽夏油傑(げとうすぐる)に殺されかけ国外逃亡

・脹相(ちょうそう)は虎杖悠仁のもとへ向かう

・偽夏油傑は虎杖悠仁を「呪霊操術」で攻撃

・偽夏油傑が真人(まひと)を吸収する

133話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦134話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ134話 | 術式の抽出

「「極ノ番(ごくのばん)」というものを知ってるかい?
 「領域」を除いた それぞれの術式の奥義のようなものだ」

「呪霊操術(じゅれいそうじゅつ) 極ノ番「うずまき」
 取り込んだ 呪霊を一つにまとめ 超高密度の呪力を 相手へぶつける」

そういった夏油が、不気味に笑う。

「……
 何 笑ってんだよ」

「いや すまない
 急にらしいことを始めてしまったなと思って
 「うずまき」の話だったね」

「「うずまき」は強力だが
 呪霊操術の強みである 手数の多さを捨てることになる
 だから 始めはあまり 唆られなかったんだ
 ただの低級呪霊の再利用(リサイクル)だと思っていたからね」

『今は…待つ!!』

そう考えた虎杖は、夏油の話を黙って聞く。

「でも違った
 その真価は 準1級以上の 呪霊を「うずまき」に使用した時に起こる」

「術式の 抽出だ」

そういった夏油が、黒い球へと変えてしまった真人を飲み込んだ。

「馬鹿だな」

「君が感じた気配に 私が気づかないと思ったのかい?」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ134話 | 京都校

空から虎杖と夏油を見下ろしていた西宮がランタンをチカチカと光らせた。

『合図!!標的は
 西宮の真下…!!』

そして、その合図を受け取った加茂が矢を放つ。

間一髪のところでこれをかわした夏油。

しかし、すぐに禪院真依の攻撃が夏油に襲いかかる。

「チッ」

「狙撃銃か いいね
 私も術師相手であれば 通常兵器は積極的に取り入れるべきだと思うよ」

余裕たっぷりの様子で、真依の攻撃を防いだ夏油がいう。

その時    

『ミニバスでキャプテンをやっていたあの頃はよく
 お母さんが髪を黒く染めてくれてたっけ
 中学で師範と出会って
 刀どころか 木刀も竹刀も握ったことがないくせに
 呪術師になることを選んだ
 ひたすら刀を振るった
 お母さんの負担になりたくなかったから
 ひたすら刀を振るった
 死にたくなかったから』

「シン・陰流」

夏油の後ろで抜刀の構えに入った三輪が姿を現した。

『のせる!!』

『今までの全てとこれからの未来を!!』

『もう二度と 刀を振るえなくなっても!!!』

「抜刀!!」

これも左手で受け止め、最も簡単に刀を折る夏油。

「極ノ番    

「うずまき」

その瞬間、三輪いた場所の地面が爆発した。

「…… シン・陰か…
 よかったよ」

目の前に空いた大きな穴を見つめ、夏油がいった。

「少しは蘊蓄がある奴が来てくれて」

「日下部さん!!」

三輪がいった。

「先生が前出てきちゃ意味ないでしょ!!」

「仕方ねーでしょ!!」

そこには、三輪を助けようと日下部、歌姫、西宮がいた。

「虎杖……
 で いいんだよな?」

「パンダ先輩!!」

「よかった
 戻ったんだな」

「あの男が五条悟を…
 獄門彊(ごくもんきょう)を持っているのか」

賀茂がパンダに尋ねる。

「らしいぜ
 あんな公害 持ち歩いて何が楽しいんだか」

「何者だ?」

「側は夏油傑
 中身は知らねぇよ」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ134話 | 史上最悪の術師

「やぁ 脹相」

突然、現れた脹相に夏油が話しかける。

『俺には3人の親がいる
 母 母を孕ませた呪霊
 そしてその間に血を混ぜた』

『母を弄んだ 憎むべき    

「気づいたようだね」

「そういうことか!!」

「加茂憲倫(かものりとし)!!」

「加茂…… 憲倫!?」

「何!?どういうこと!?」

西宮がいった。

「加茂家の汚点…!!
 史上最悪の術師!!」

「本当なら夏油の中身は
 150歳を超えてることになるわよ」

『馬鹿げた結界術
 馬鹿げた術具の所持
 肉体を 乗り換える術式を持つ黒幕の人選としては…』

「妥当っちゃ妥当だな」

日下部がつぶやいた。

「加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない
 好きに呼びなよ」

「よくも………!!よくも俺に!!」

「虎杖を!!弟を!!
 殺させようとしたな!!」

怒りの形相で夏油に詰め寄る脹相。

しかし、その前に裏梅(うらうめ)が立ち塞がる。

「ひっこめ 三下
 これ以上私を待たせるな」

「どけ!!!
  俺はお兄ちゃんだぞ!!!」

『呪術廻戦』第134話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク