キングダムネタバレ・第662話「苦戦の理由」

キングダムネタバレ・第662話「苦戦の理由」

秦・趙最前線

魏(ぎ)は什虎(じゅうこ)を取り
この西の重要地を 盤石なものにすべく
そこから韓(かん)へ 侵攻を始めた

いよいよ魏は
西への領土拡大に 動いたのである

三年という期限つきの
同盟国となった秦(しん)は これを静観

逆に魏からの攻撃の 憂いがなくなった秦は
趙(ちょう)攻めに全力を 注ぎ始めた

魏国方面に 張っていた軍が北上し
続々とその前線に 加わったのだ

秦はこの三年のうちに
王都邯鄲(かんたん)を攻略し
趙国を滅ぼそうと いうのだ

秦魏同盟を聞いた趙は
無論その事を理解し
北部より大軍を 南下させ前線に投入

秦・趙の前線は 凄まじい激戦となった

スポンサーリンク



攻勢を見せる軍

一進一退の攻防が続く
この長く延びる前線地帯で

秦側で攻勢を見せる 軍が二つある

一つは

楽華軍(がくかぐん)

蒙恬(もうてん)の才能は
将軍となり 万の兵を指揮することで
さらに 開花した

そして趙軍も驚く
楽華の進化の理由は もう一つある

蒙武軍から 移籍してきた…

剛将愛閃(あいせん)の存在である

見た目と裏腹に
超武闘派の新副長 愛閃とその兵団の攻撃力は凄まじく

楽華はこれまで 唯一不足していると見られていた
”圧倒的武力”を手にしたのである

そして楽華の他に
前線地帯で火を噴いている
もう一つの軍は…

玉鳳軍(ぎょくほうぐん)

王賁(おうほん )も蒙恬同様に
万の兵の指揮で 戦術の幅が広がり
その鋭さが増した

そして玉鳳にも
強烈な新戦力が加わっていた

亜光(あこう)軍から 三千騎を率いて
”あの男”が移籍 ーーー

亜花錦(あかきん)である

正にこの二軍が
趙軍の想定以上の 活躍を見せ
前線を 押し込み始めた

趙はこの二軍の いる場所に
援軍を 送り続けざるを 得なくなった

スポンサーリンク


苦戦の理由

一方で趙軍に 苦戦を強いられ
前線を大きく 押し込まれている
軍も一つだけあった

飛信隊(ひしんたい)である

重苦しい雰囲気の中、飛信隊の将たちは天幕で軍議をしていた。

「苦戦の理由は分かってる……」

河了貂(かりょうてん)がいった。

「歩兵団の力が 落ちるのは 分かっていたし
 しっかり調練した つもりだったけど
 実戦だと ここまでうまく いかなくなる なんて……」

「…しょうがねェ」

信(しん)がいった。

「やっぱそんだけ 松左(しょうさ)が抜けた穴は
 でかかったって ことだ」

「……去亥(きょがい)の方は
 まだ単体の騎馬隊 だったから
 他で何とか埋められてるが」

「松左は歩兵団の 副長だった からな」

「松左の後に副長に なった沛浪(はいろう)も頑張ってるけど
 まだ慣れるには 時間がかかるよ」

「当たり前だ」

「何だかんだで 戦いの主力は 数が多い歩兵だ
 このままでは まだ苦戦を 強いられることに」

「玉鳳・楽華にも ますます遅れを 取るな…」

「歩兵団の 力の底上げか…」

「……となると 若手達のさらなる 成長ということに」

「いや… 若手達は十分 頑張ってるよ
 これ以上求めるのは ちょっと酷だと 思う…」

「尾平(びへい)の言う通り
 干斗(かんと)を中心に 若手達は 奮戦している
 松左の抜けた穴を あいつらなりに 埋めようと必死に
 俺が 不甲斐なさすぎる……」

崇原(すうげん)がいった。

「松左は俺が 気づかぬところで
 色々と仕事を していたんだ
 これ程あいつに 助けられていたとは 思わなかった」

「……だから
 死んだ奴のこと 今さら言っても
 どーにもなんねーだろーがよ」

我呂(がろ)がいった。

「歩兵の問題は
 誰か怪物級の 助っ人が入りでもしねー限り
 急には解決しねー」

「時間がかかる」

「だが飛信隊(うち)の今の不調の原因は
 歩兵の他に もう一つあるだろ」

「もう一つ?」

「ああ 俺はどっちかっつーと
 そっちの方が深刻に思ってる」

「羌瘣(きょうかい)だ」

スポンサーリンク



何者か

朱海平原で 仮死状態だった信を
助けて以来あいつは寝てばっかりだ

出陣しても 本陣からは動かねェ

そのせいで羌瘣隊は今
そこらの ふつうの五千人隊だ

飛信隊(うち)としては それもでけェんだよ

分かってる 我呂

ちょっと 俺が

羌瘣に 会ってくる

「ん?信
 …… 何してる」

目覚めた羌瘣がいった。

「…… 様子見」

「何で手を?」

「いや… ちゃんと生きてんのかなってな」

「あと お前が何か
 命を分けて どーのこーの言ってたからよ」

「羌瘣 お前一体
 どうなっちまったんだよ」

「……… もう少しだ
 大丈夫」

「大丈夫じゃねェだろ
 お前は何か 俺のせいでっ」

「……
 ……」

「うん お前に禁術を使って 気の流れとかを伝える
 大事な線みたいなのが 何本も切断された
 深い瞑想をして ずっとそれらを つなぎ直しているところだ」

「もうすぐ終わる
 隊に迷惑かけて悪いとは思ってるが
 こっちの方が 結果早い」

「…… それで前みたいに戻るのか」

「…… どうかな」

「羌瘣」

「冗談だ」

「戻るよ」

「任せろ」

「………」

「ちゃんと…
 戻ってみせる」

「羌瘣 やっぱりお前…」

そこに貂からの報せが届く。

「失礼します 隊長
 敵が動いて来たと
 河了貂が すぐに本陣に戻れと」

「私も行く」

そういって起き上がろうとする羌瘣。

しかし信は「お前はしっかり寝て、早く戻って来い」といい、羌瘣の天幕を後にした。

そして、再び深い瞑想に入る羌瘣。

『緑穂(りょくすい)が見えるようになった
 よし…』

『もう少しだ
 本当にもう少し…』

その時    

巨大な人影が、突然羌瘣の目の前に現れた。

飛び跳ねるように身体を起こした羌瘣。

『な… 何だ… 今のは…』

『キングダム』第662話 / おわり

スポンサーリンク


キングダムの最新刊が無料で読める

『キングダム』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『キングダム』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

しかも『キングダム』のアニメは見放題作品なので、無料トライアル期間なら本当に無料で見ることが可能です。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『キングダム』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク