ワンピースネタバレ・第996話「最強がいる島」

ワンピースネタバレ・第996話「最強がいる島」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるワンピース

・ゴムゴムの実を食べ、ゴム人間になった少年ルフィが仲間たちと共に海賊王を目指す。

・時は大航海時代、幾人もの海賊たちが「ひとつなぎの大秘宝」を巡って戦う。

・ニュースになるほどたくさんの読者を驚かせる精巧な伏線の数々。

ワンピース995話のおさらい

995話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ワンピース996話のネタバレ

ワンピースネタバレ996話 | サムライとして

ドーム内 前頭フロア「百獣の湯」   

「どこから入った!?」

「ワノ国本土の”狛犬”だ!!」

突然現れた狛犬に、ライブフロアは更に混乱していた。

「ありがとう お玉 コマちよ!!」

お玉によって危機一髪のところを救出されたナミがいった。

「お玉 どうやってここに?」

「てきの船にのせてもらって!!」

「えェ!?敵の!?」

しかしコマちよをページワンとうるティが追ってくる。

「”ひひ丸”!!3分止めてほしいでやんす!!」

お玉がそういうとヒヒ丸がページワンとうるティの前に立ち塞がった。

「くそ!!何だこの狒々!!」

「どこから沸いて出やがったでありんすか!?」

「凶暴よあいつら!!
 あの大猿タダじゃ済まない!!」

その様子を見ていたナミがいった。

「なめてもらっちゃ困るよ!!おナミちゃん!!
 おら達”サムライ”として!!ここに来たでやんす!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ996話 | ”夜明け”に導く者

「右脳塔」中央通路    

ササキと交戦中のヤマトが、装甲部隊を蹴散らす。

「この……!!
 道を空けろ!!」

しかし装甲部隊の数は多く、逆に四方八方から飛んでくる砲弾を受けてしまう。

「ヤマト……!!
 いくら何でもそんなにくらったら」

倒れているしのぶがいった。

「アンタ!!”侍”なら!!決断しなさい!!
 わたすを見捨ててモモの助様を!!」

「いやだ!!!」

「「光月おでん」なら そんな事はしないっ!!!」

「わからず屋……!!」

「足手まといをかばいながら勝てる相手と見積もられちゃあ……
 たまらねェな ヤマトぼっちゃん」

そういってササキが剣を握る。

「鉄壁の装甲部隊を このまま失うわけにもいかねェ
 ハデにやってくれやがって!!」

そして、ササキが剣を抜こうとしたその時    

ナンバーズの八茶に追いかけられていたフランキーが現れた。

「え!!フラの助!?」

「あ!!モモか!?」

「アレは!!知ってるぞ!!ルフィの仲間
 鉄人フランキー 9千400万ベリー!!
 ホントにいるんだ あんな人………!!」

その時    

フランキーを追って来た八茶が持っていた金棒を振り上げた。

「やめろ てめェ!!
 捕まらねェからって!!」

「八茶!?バカ何やってる!!」

しかしササキの声は届かず、八茶が金棒を振り下ろす。

その破壊力に通路の床が抜け、ヤマトたちも落ちていく。

「そうか!!”下”があった!!
 モモの助くん!!しのぶさん!!
 このまま下へ逃げるよ!!」

その様子を見たフランキーが声を掛ける。

「モモ~!!しのぶ!!
 大丈夫か!?捕まってんのか!?」

「いやちがう!!助けてもらっておる!!」

「誰だ!?」

「鉄人フランキー!!ここを頼む!!
 僕はルフィから2人を任されてる!!」

「誰だか知らねェが…… わかった!
 スーパー任せとけ!!!」

「お礼をしなくちゃ」

そういったヤマトがモモの助としのぶから離れ、金棒を構えた。

「あいつだけでも…」

「”鳴鏑(なりかぶら)”!!!」

ヤマトの攻撃が穴を覗き込んでいた八茶に直撃し、八茶はそのまま倒れた。

「……!?しまった!!」

焦ったササキが叫ぶ。

「おい!!ヤマトがモモの助を連れて下へ逃げたぞ」

「ぐずぐずするな!!
 穴から降りて追え!!!」

下に降りたヤマトはモモの助としのぶを担いで逃げる。

「モモの助くん…!!
 キミは生きなくちゃ!!
 絶対に生きなくちゃ!!!」

「世界を”夜明け”に導くのは キミなんだよ!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ996話 | 数奇な運命

城内 地下2階    

赤鞘九人男たちと一緒に上陸したトラファルガー・ローは一人地下2階を進んでいた。

そしてその目の前には歴史の本文(ポーネグリフ)があった。

『”Dの一族”を』

ローの脳裏にコラソンの言葉が蘇る。

『こう呼ぶ者もいる
 ”神の天敵”』

更にロビンとのやり取りを思い出すロー。

「おれの本当の名は
 「トラファルガー・”D”・ワーテル・ロー」」

「隠し名なの?」

「そうだ……!!」

「驚いた……
 あなたも”D”の名を!」

「お前だから話した」

「ありがとう
     だけど 私にもわからない
 ルフィは気にしてないけど 私も”D”に興味津々」

「赤い石を辿るしかねェのか?」

「そうね
     つまり「四皇」を倒すしかない……!!
 そう簡単にはくれないと思うけど」

「これじゃねェ……」

歴史の本文(ポーネグリフ)の前に立ったローガつぶやくようにいった。

「赤い石だ…」

    なァ コラさん
 おれはやっぱり………!!
 この数奇な運命の意味を知りてェ」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ996話 | それぞれの戦い

城内 3階    

「ギャー」

「何か進んで来るぞ!!」

「うわぁ!!」

「武器取られた!!」

「飲み込まれる~!!」

「ユースタス”キャプテン”キッドだ!!」

「城中の鉄クズ引きずってやがる!!!」

「足りると思うか!?キラー!!」

キッドがいった。

「そうだなァ
 敵は世界最強の海賊
 あり過ぎて困る事はねェ!!」

「ハハ!!そうだな!!」

鬼ヶ島 「ドクロドーム」屋上    

カイドウと交戦中の赤鞘九人男たち。

しかしカイドウの攻撃に一人、また一人と倒れていた    

ドクロドーム「ライブフロア 」   

「おわああー!!
 ビッグ・マムが帰ってきた!!!」

クイーンの疫災弾によって混乱しているライブフロアに、更なる緊張感が走る。

「安心しな!!
 おれが用があんのは カイドウのいる”上”だけだよ!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ996話 | 電撃走る

城内 中2階    

「急げ!!急げ!!」

カイドウのいる屋上へと急ぐルフィたち。

「今何階だ!!?」

「そこの階段を登れば3階!!」

「屋上は5階のその上じゃ!!」

「おーし!!待ってろよ 錦えもん!!」

「ん!?お前ら聞こえるか!?」

ジンベエと共にカイドウの部下を蹴散らしていたサンジがいった。

「3階から聞こえるだろ!?」

「……… 何が?」

耳をすましたサンジの耳に女の声が聞こえた。

「キャー」

ドンチャン♪ドンチャン♬

「よいではないか!!ぬふふ♡」

「いけませぬ!
 いけま………」

「あ~~~れ~~~~~♡」

『ONE PIECE』第996話 / おわり

ワンピースのネタバレ情報一覧

97巻
975話
976話
977話
978話
979話
980話
981話
982話
983話
984話
98巻
985話
986話
987話
988話
989話
990話
991話
992話
993話
994話
99巻
995話
996話
997話
998話
999話
1000話
1001話
1002話
1003話
1004話
100巻
1005話
1006話
1007話
1008話
1009話
1010話
1011話
1012話
1013話
1014話
101巻
1015話
1016話
1017話
1018話
1019話
1020話
1021話
1022話
1023話
1024話

ワンピースの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク