呪術廻戦ネタバレ・第127話「渋谷事変44」

呪術廻戦ネタバレ・第127話「渋谷事変44」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦126話のおさらい

・釘崎野薔薇(くぎさきのばら)が生死不明となり、虎杖悠仁(いたどりゆうじ)の精神崩壊

・真人(まひと)が黒閃で虎杖悠仁を追い詰める

・東堂葵(とうどうあおい)が現れて虎杖悠仁を救出

・新田新(にったあらた)が釘崎野薔薇を治療するが生死は不明

126話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦127話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ127話 | 人殺し

「東…堂…」

上体を起こしながら虎杖がいった。

「俺は…もう 戦えない…!!」

「釘崎だけじゃない… ナナミンも死んだ
 宿儺が… いっぱい殺したんだ」

虎杖が肩を抱くようにして丸くなる。

「だから… 俺はもっといっぱい…… 人を助けなきゃって
 だけど できなかった!!」

「俺はただの人殺しだ!!」

「俺が信念だと思っていたものは 俺のための言い訳だったんだよ!!」

『オマエがいるから 人が死ぬんだよ』

虎杖の脳裏に宿儺の言葉が蘇る。

「俺はもう 俺を許せない」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ127話 | 託されたもの

「声が小さくて聞こえねぇよ!!」

再び真人が襲い掛かったその瞬間    

パンッ

手を叩く音が響き、真人と新田が入れ替わった。

そして真人の顔面を東堂の蹴りが捕らえる。

激しく吹き飛ばされる真人。

その先には先ほど入れ替わった新田がいた。

「いっ!?」

真人と新田がぶつかりそうになったその時、再び東堂が手を叩き、二人の位置が入れ替わる。

「ハハッ」

『面白い!!分かっていてもここまで混乱するものなのか!!』

そして東堂がゆっくりと虎杖に話し始める。

「虎杖(ブラザー)… オマエ程の漢が小さくまとまるなよ」

「俺たちは呪術師だ」

「俺とオマエと!!釘崎!!Mr.七海!!
 あらゆる仲間 俺達全員で呪術師なんだ!!」

「俺達が生きている限り 死んでいった仲間達が真に敗北することはない!!」

「罪と罰の話ではないんだ
 呪術師という道を選んだ時点で 俺達の人生がその因果の内に収まりきることはない」

「散りばめられた死に 意味や理由を見出すことは
 時に死者への冒涜となる!!それでも!!」

「オマエは何を託された?」

ハッとした表情で虎杖が東堂の背中を見つめる。

「今すぐ答えを出す必要はない」

「だが… 答えが出るまで 決して足を止めるな
 それが術師として生きる者達への せめてもの罰だ」

そういった東堂が学ランを脱ぎ、真人に向かって走り出した。

『あのことを今の虎杖(ブラザー)に言う必要はないな』

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ127話 | ゼロじゃない

「俺の術式を施しました
 いいですか 虎杖君」

印を結び、虎杖の背中に触れた新田がいった。

「今まで君が受けた傷はこれ以上悪化しません
 治っていませんが 出血も止まり 痛みもやわらぐでしょう
 でも 今ある傷だけです」

「また攻撃をくらえば傷は増えるし
 その傷に関しては俺の術式対象外です!!」

「あっちの子にも同じ処置をしました」

「呼吸も脈も止まっていましたが
 時間はそんなに経ってないんで 助かる可能性は0(ゼロ)じゃない
 俺は彼女を連れて離脱します」

「0(ゼロ)じゃないだけですからね!!
 あんま期待せんといてくださいよ!!」

「…うん!!」

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ127話 | 帰還

網のように身体を変形させた真人が東堂に襲いかかる。

再び手を叩いて真人との位置を入れ替えた東堂が、網のようになった部分を引きちぎった。

しかし真人はさらに身体を変形させ、自身の背中に顔と腕を持っていき東堂に触ろうとする。

パァン

「どうした?俺には触ってくれないのか?」

『やり手だな…
 くたばり損ないの虎杖と距離を取りながら 俺をいなしている…』

「それだけじゃないんだよね」

その時、東堂の背後に変形させた人間の顔が現れた。

『躱すか!!
 来いよ!!位置替え!!』

『対応してみせる!!必ず当てる!!』

『黒閃(アレ)をもう一度キメたい…!!
 もう少しで辿り着ける気がする!!』

『俺の魂の本質へ!!』

東堂が再び手を叩いたその時    

真人の目の前に虎杖が現れた。

『後は頼みます』

虎杖の脳裏に七海の最後の言葉が蘇る。

『ごめんナナミン 楽になろうとした
 罪すらも 逃げる言い訳にした』

黒閃

虎杖の攻撃が真人を捕らえる。

『俺 ナナミンの分まで ちゃんと苦しむよ』

吹き飛ばされる真人。

しかしダメージは浅く、笑みを浮かべていった。

「死に体が」

そして虎杖の横に立った東堂が、Tシャツを破りながらいった。

「おかえり」

「応!!」

『呪術廻戦』第127話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク