僕のヒーローアカデミアネタバレ・第288話「助け出せ!!タケオさん」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第288話「助け出せ!!タケオさん」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ287話のおさらい

287話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ288話のネタバレ

ヒロアカネタバレ288話 | 上空

敵(ヴィラン)が侵攻する中、上空では輸送船がどこかへ向かっていた。

「まだか…!?
 後5分以内に現着したまえ!」

「ホークスやミルコじゃないんですから無理ですよ!
 全速力で飛ばしてます 危険なので座ってて下さい!
 まだ身体も全快というワケじゃないんでしょう」

「今も命が奪われ続けていると言っているんだ
 論点をすり替えないでくれ!」

「労ってんすけど!!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ288話 | ヒーローの罪

一方、地上ではヒーローたちが市民を助けるため奮闘していた。

「目標現在 那鳩(なばと)市をおよそ100km/hで直進中!」

「速すぎないか!?」

「正確には「デカすぎる」だ」

「頑丈すぎるも加えとけ!」

「土竜のような長い爪で建物を掻き分けてる!
 瓦礫が飛び散って奴の図体以上に被害規模がデカイ!」

「進路周辺5kmは避難区域になる!!」

「このまま我々が進み 敵(ヴィラン)も直進し続けてくるならば
 約8分後!会敵することとなる!」

「被害は既に未曾有の領域に達している…!!」

「これは我々の罪だ!!
 彼らはただ そこで暮らしていただけだ!
 まだある命を死んでも守れ!!
 我々への罰をこれ以上他者に被らせるな!!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ288話 | 戻ってこい

「ヒーローが迫ってきてる」

ギガントマキアの背中でパソコンを見ていたスケプティックがいった。

「衛星?からの映像か?便利ね」

「これを便利と感じる文化レベルを恥じろ」

「山荘ほどではないが… かなりの数だ
 我々が今こうしていられるのも結果論でしかない
 相手の出方には依然 気をつけねば……」

「あ!?
 ストップ!!そこアップしろ ロン毛」

スケプティックのパソコンの画面を見ていたMr.コンプレックスがいった。

「こいつら…!!噂をすればだ…!」

そこには蛙吹梅雨と麗日お茶子の姿が映し出されていた。

そしてその姿を見たトガヒミコが突然大声を出す。

「みすたー!!」

「装備だして下さい」

「え ちょ待って
 急に来ないの おじさん照れちゃ…」

「はやく!!!」

Mr.コンプレックスに出してもらった装備を素早く身につけるトガヒミコ。

「じゃ」

そういってギガントマキアの背中を降り始めた。

「おぉい ちょっと!!
 あーもー 気づかなきゃ良かった!!
 だめだよ降りちゃ!!危ないって」

「モヤモヤしたままじゃ 気持ち悪いので
 私は聞きに行かないといけないのです」

「今じゃなくていいでしょ!!
 荼毘(だび)もなんか言えよ ニヤニヤしてねぇで!」

「どおーーーーーーーーーーでもいい
 おい余計なもん見てねぇで早く始めろよ 焼き殺すぞ」

「…貴様というやつはぁ~~~~~!!」

「トガ」

スピナーがいった。

「俺たちゃ偶々寄せ集まっただけのはぐれ者たちだが………
 トゥワイスがやられて悔しいのは おまえだけじゃねぇ
 敵連合(ここ)はあいつにとって唯一の居場所で
 そのボスが恐らく「俺たちが集まること」を望んでる」

「勝手するのは敵(おれたち)の本領
 ただし 必ず戻ってこい」

その言葉にトガヒミコは微笑んだ    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ288話 | そんなこと

「大型敵(ヴィラン)が見えたぞ!!
 速い!!避難を急げ!!!」

「敵(ヴィラン)に対して直角に逃げて下さい!
 屋内にまだ人が残っている!手分けして救助しろ!!」

そんな中、蛙吹とお茶子も市民の救助を急いでいた。

「ウラビティ こっちにまだ二人!」

「わかった!」

その時、蛙吹に向かって巨大な瓦礫が飛んできた。

「フロッピー!!」

間一髪のところで蛙吹と市民を助けたお茶子。

「手荒でごめんね!」

「ありがとう!助かったわ!」

その時    

地上で二人を呼ぶ声が聞こえた。

「そこの二人~!!助けておくれええええ!!!
 寝たきりの夫がいるの!!
 一人じゃ重くて動かせない」

その言葉に、ギガントマキアの方を振り返るお茶子。

『もうあんな距離に…』

「この奥の平屋にいるの早くぅ!!」

そういって老婆は路地へと入っていった。

「フロッピーは二人を安全な場所へ!」

「ええ 気をつけてね!
 怪我しちゃいやよ!」

『一人でも多く 助けるんだ!!!』

そして老婆の後を追い、路地へと入っていくお茶子。

その前には凄まじいスピードで走る老婆の姿があった。

「タケオさぁぁぁん!!!」

「素晴らしい健脚…!!」

「健脚にもならぁ!!!
 だってタケオさんは私を愛してくれたから!!!」

「大丈夫です!!私が助けます!!」

「本当に!?」

その時、突然老婆がトガヒミコに変身した。

「トガ… ヒミコ!!?」

「久しぶりだね お茶子ちゃん」

そういって家の中へと入っていくトガヒミコの後を追うお茶子。

「待っ…」

真っ暗な家の中を慎重に進むお茶子に、家のあちこちからトガヒミコの声が聞こえる。

「梅雨ちゃんとも お話ししたかったなぁ」

「梅雨ちゃんは大切なカァイイお友だちだもの」

「出久くんともお話ししたいの
 私いつもボロボロになってる出久くんがカッコよくて大好き!」

「お茶子ちゃんもカァイくて大好き」

「私 お茶子ちゃんみたいになりたいの」

「だから教えて お茶子ちゃん」

その時    

ナイフを持ったトガヒミコが突然姿を現し、お茶子は押し倒されてしまう。

「私をどうしたい?」

「………っ!そんなこと聞く為に…!
 さっきのおばあちゃんの…”血”を奪ったの…?殺したの…!?」

「”そんなこと”…」

お茶子の言葉に目を丸くするトガヒミコ。

「私は今 一人でも多くの人を助けたいの…!!
 トガヒミコ!!邪魔するなら 今すぐあなたを捕まえる!」

『僕のヒーローアカデミア』第288話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク