僕のヒーローアカデミアネタバレ・第287話「間違い」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第287話「間違い」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ286話のおさらい

286話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ287話のネタバレ

ヒロアカネタバレ287話 | 転移

「死して再び会うとはな
 オール・フォー・ワン」

デクの後ろから現れた志村菜奈がいった。

そして倒れ込んだ状態で見上げるようにその姿を確認したデクは、自身がワン・フォー・オールの中にいることに気づく。

『どうなっているんだ
 かっちゃんは… 皆は…』

「見ろよ弔(とむら)!」

オール・フォー・ワンが指を指していった。

「凄いぜ 死人だ!
 君の祖母にして
 無能で哀れな志村菜奈がそこにいる!」

「転移だ」

「臓器移植を受けた人間の性格や嗜好が変化したという話
 半ばオカルトのように語られることもあるが
 いくつもの事例が報告されている事実だ」

「僕は稀に不思議な夢を見ることがあってねえ……
 奪った”個性”の持ち主が罵倒してくる夢……
 その度に落胆したものさ…
 自分にも人並みに罪の意識があったのかって」

「しかし不思議なことに
 その個性を手放すと持ち主は二度と出てこないんだ
 おかしいよな!?
 僕は根に持つタイプだってのに!
 しかし ドクターと出会って原因が分かったんだ」

「臓器…細胞に記憶を宿していると言われるように
 ”個性”因子には意識…まさしく”個性(その人)”そのものが宿る事があるらしい
 どうやら僕は”個性”に直接干渉する力のおかげで
 その意識に触れられる特別な人間だったみたいでね」

オール・フォー・ワンの話を黙って聞いていた死柄木弔の脳裏に、グラントリノの言葉が蘇る。

『これ以上志村の思いを踏みにじるな』

「志村菜奈……」

つぶやくようにその名を呼ぶ死柄木。

『おばあちゃん』

そして幼い頃に写真で見た姿を思い出す。

「なんであんたが…」

しかしそんなことはお構いなしに、オール・フォー・ワンは話を続ける。

「そして 僕の血縁…弟も
 「”個性”を与える力」で他人の”個性”に直接干渉可能だった」
 「与える」”個性”に「力をストックする」”個性”が混ざった結果
 人の意識ごと次代へ運ぶ寝台列車となったんだね」

「というわけであいさつは大丈夫かい?」

スポンサーリンク



「あなたが孤太朗の…」

志村菜奈がいった。

「……ワケはともかくだ
 安心しろよ おばあちゃん
 あんたもしっかり憎んでる」

その時    

激しい砂煙がデクと志村菜奈の方に向かって吹き荒れた。

『OFA(世界)が侵食される    !!!』

「いいぞ弔!君の憎しみが伝わってくる!
 「所有者の意思でしか動かせない」OFAの原則を
 君の怒りが今 侵し始めた」

しかし饒舌に喋り続けるオール・フォー・ワンにも異変が起こる。

「おっと… そうだったね…!
 僕も嫌われてた」

「上等だよ…!!
 それでこそ恐怖の象徴…」

「だが まだ足りないようだ」

その時    

志村菜奈の後ろから、ワン・フォー・オールの初代継承者が姿を現した。

「弟は僕に似ていじっぱりだから」

「次はその子か 兄さん」

「おまえが僕のものにならないのが悪い!」

「僕たちはそっちへは行かない
 僕たちはこの子の中にいる事を選んだ」

そういったワン・フォー・オールの初代継承者が両手を前に出すと、再び強い風が吹き荒れた。

『押し返される……
 先生が唯一思い通りにならなかった力…!』

その風に歯を食いしばって抗う死柄木。

「一体… なんなんだ……!!」

その時    

再びオール・フォー・ワンが動き始める。

「力だよ 弔!!」

「君の力に僕の力を合わせれば奪い取れる!!
 所詮 僕に負けた死者数人だ!!」

「弟よ!選んだだって!?
 強がるなよ!!分かってるんだろ!?
 弔を通して見ていたよ!」

「こんなにも素晴らしい力を持て余して!!
 友だちも先生も守れない!
 どころか守られて!!」

「挙句 師と同じく怒りに身を任せ!結果!!
 今 動くことすら叶わず
 地に伏せ目玉をギョロギョロさせるだけの    

「出来損ないに亘ってしまった事が間違いだって」

「間違いじゃない」

「他人を利用するだけの兄さんには分かるまい
 この子が何を想って血を流すのか」

「他人の為に怒り
 他人の為にどこまでもどこまでも頑張れる」

「常軌を逸する程の「救ける」思いに    
 とりつかれた少年
 この力(僕ら)はこの子についていく」

その時    

ついにデクが死柄木弔に向かって飛びかかった。

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ287話 | 願い

激しい光の中、ワン・フォー・オールの中から戻ってきたデク。

『奪われ なかった… けど    

『弔』

オール・フォー・ワンが死柄木弔に話かける。

『身体と”個性”が定着しきっておらず 奪う為の力を出し切れなかった
 気を失うな 体を完成させるんだ
 今は退いて英気を養うんだ』

『死柄木…!!もう…!!動かないでくれ…!!!』

そう願いながら、デクは死柄木を見つめていた    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ287話 | 聞きたいこと

一方、死柄木の元へと向かうギガントマキアは、街を破壊しながら進んでいた。

「死柄木がエンデヴァーと!?
 そりゃいいや 準備しろ」

ギガントマキアの背中に乗っている荼毘がいった。

「準備って何を」

「偽りのヒーロー社会を崩壊させる準備だよ」

そういって嬉しそうに笑う荼毘を見ていたMr.コンプレックスがトガヒミコに話しかける。

「トガちゃんはいいのかい?」

「ん?」

「さっき探してたでしょ
 雄英生徒の好きな子たち!彼らもヒーローなワケだけど」

「…… 何を以て線を引くのでしょう?」

「人を助ける人がヒーローなら 仁くんは人じゃなかったのかな…」

「私のことも殺すんでしょうか」

「聴きたかったんです 出久くんに    
 お茶子ちゃんに……」

「答えによっては    
 大丈夫です」

『僕のヒーローアカデミア』第287話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク