ハンターハンター考察・新たな冒険の舞台!暗黒大陸の正体を考察⑧

ハンターハンター考察・新たな冒険の舞台!暗黒大陸の正体を考察⑧

暗黒大陸は”あの世界”に似ている!?

これまで、今後の舞台となる暗黒大陸とはどのような場所なのかを、作中のセリフやカットから考察してきました。

人類世界の外界にある暗黒大陸。
そこは、さまざまな理由で人類の侵入を阻み、人類もまた「禁忌(タブー)」扱いをし、わずかな人々が渡るだけの土地になっています。

2012年5・6号合併号の『週刊少年ジャンプ』にて、毎年恒例、お正月号の作家陣による4コマ漫画が掲載されました。

富樫先生も参加したのですが、その号で掲載されていたのは31巻330話のパロディーで、ジンがようやく本格的に登場した直後のシーンでした。
4コマ漫画のオチには、以前からジンが似ているとウワサされていた浦飯幽助が登場。
「誰がジンだあ!!」「殺すぞコラ!!」
とキレる幽助が描かれています。

浦飯幽助は富樫先生の代表作、『幽☆遊☆白書』の主人公。
『HUNTER×HUNTER』と同じく、『幽☆遊☆白書』は『週刊少年ジャンプ』にて連載され、アニメ化もされた大ヒット漫画です。

前半で人間界と霊界を中心に描かれていた『幽☆遊☆白書』では、中期以降、強力な妖怪の出身地として「魔界」という世界の存在が明かされます。

同作品の魔界は何層にも分かれており、霊界は魔界の第一階層の半分でしかないということも判明しています。

また、魔界には、霊界で暮らす人々では太刀打ちできないほど強力な、S級とされる妖怪が多数存在しますが、霊界が次元の狭間に設置した結界によって、魔界は人間界と隔絶されています。
霊界で暮らす人々は守りに長けており、何とか強力な魔界の勢力を押さえているという状況です。

この霊界と魔界の関係は『HUNTER×HUNTER』における人間世界と暗黒大陸の関係に似ています。

スポンサーリンク



人類世界が広大な世界の一部でしかないように、霊界も広大な魔界の一部。
また、霊界の人間が魔界に行けば、すぐにやられてしまうほど強力な生物が魔界には存在し、ストーリーの途中でその世界の存在が発覚するという点も似ています。

同じ作家の作品であるため、登場人物の絵が似てしまうのは当然のことでしょう。

しかし、それにしても確信犯的にお正月の『ジャンプ』に登場したように思える幽助。
『幽☆遊☆白書』と『HUNTER×HUNTER』に何かしら関係があるのではないか、と思わず考えずにはいられません。

世界の構造などに、いくつかの類似点が見つけられるこれらの2つの作品世界が、もしつながっているのであれば……幽助とジン、ゴンには血縁があるかも?

そうであるならば、どちらが時代的に先の話で先祖になるのか?
幽助の必殺技、霊丸(レイガン)は放出系の能力になるのかも?
のように、思わずワクワクしてしまう予想がいくつも浮かびます。

さらに、332話では、ハンター協会会長選挙の会場に、『幽☆遊☆白書』のキャラクター、酎(ちゅう)にそっくりな人物がいるではありませんか!

この考察は、あくまで推測の域を出ません。

しかし、これだけ符号があると、『幽☆遊☆白書』と『HUNTER×HUNTER』が同じ世界のことを描いた作品だというのも、あながちあり得なくもない話に思えます。

2つの作品の類似点を探すだけでも、楽しいですね。

HUNTER×HUNTERの最新刊が無料で読める

『HUNTER×HUNTER』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『HUNTER×HUNTER』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『HUNTER×HUNTER』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク