ハンターハンター考察・新たな冒険の舞台!暗黒大陸の正体を考察⑤

ハンターハンター考察・新たな冒険の舞台!暗黒大陸の正体を考察⑤

王蟲?古代遺跡?もっとも暗黒大陸に近い人物とは?

で触れたように、暗黒大陸には「異人類」や「魔獣」など、人類世界には存在しない生物が多数生息していると考えられます。

「お前や会長が 戦った蟻も 外側から来た 外来種」
というジンのセリフにある「外来種」という言葉は、「暗黒大陸から来た生物」を意味し、「異人類」や「魔獣」、キメラ=アントなどを広く指すものと思われます。

メルエムを王とするキメラ=アントの母である女王蟻には人間の遺伝子が入っています。
その女王蟻は、これまで人類世界で確認されたキメラ=アントと違い身体のサイズが大きかった上、人類を積極的に捕食した結果、生まれた兵隊蟻は高い知能を持つようになったのです。
その子であるメルエムは念能力も習得し、50万人以上の被害者を出す大規模なバイオハザードを引き起こしました。

しかし、先にも触れた通り、キメラ=アント自体はこれまでも人類世界に出現し、研究もされています。
外来種でありながら、何度も人類世界に現れた生物なのです。

また、魔獣も暗黒大陸からの外来種だとされています。

1巻4話に登場したキリコは魔獣で、その特徴は2足歩行をし、人と同じ言語を使うこと。
キリコはハンター試験のナビゲーターとしての役割を果たしており、人里離れた場所で暮らしているようですが、人間の姿に変化することもあるためか、人間社会に適合しています。
その上、モラウがコルトに対して
「ま 『いい魔獣』を 演じてくれりゃ 何の問題もない」
と話しているように、魔獣の存在は人間世界で広く認知されているようです。

人類世界に何度も出現しているキメラ=アントや、人類によく知られた魔獣。
これらの存在から、暗黒大陸の存在は隠されてきたものの、外来種はそれとは知られず人類世界に溶け込んでいると考えられます。
もちろん、キメラ=アントやキリコ以外の外来種が、作中に登場していてもおかしくありません。

外来種と同時に暗黒大陸には「異人類」いるとされています。

この存在は文字通り、ゴンたち人間とは異なる人類なのでしょうが、魔獣、キメラ=アントのように、作中でその正体がわかるヒントを見つけることができません。
しかし、同じ暗黒大陸の生物である魔獣が、すでに人類世界に存在していることは明らかです。

そして
「神話を読み解き 遺跡を巡れば」「太古の昔 我々の祖先が 大陸から渡来した 事は明白!!」
というビヨンドの発言のように、人類がすでに暗黒大陸へ渡っているのであれば、向こうの「異人類」がこちらに来ていてもおかしくありません。

作中に登場した人間の中で、「異人類」と呼べるほどの身体的な特徴を持つ者はいるのでしょうか?

スポンサーリンク



例えば陰獣の蚯蚓(みみず)のように、念能力の影響を受けたためか、人外な容姿を持つキャラクターを除けば、身体的な特徴のあるキャラクターはクラピカです。

感情が昂ぶると鮮やかな緋色になる瞳を持つクラピカ。
クラピカは少数民族、クルタ族の生き残りで、世界七大美色に数えられる緋の眼は、クルタ族すべてが持つ特徴とされています。

11巻96話の「発表その③」で作者の富樫義博先生は、クラピカのモデルは、王蟲(おうむ)だと明かしています。
宮崎駿監督の代表作『風の谷のナウシカ』に登場する王蟲は、作品の中核をなす巨大な蟲です。

人間が専用のマスクなしでは5分と生きられない、瘴気と呼ばれる毒に満ちた腐海に生きる王蟲は、怒りに我を忘れると、青く光る目が緋色へと変化。
加えて王蟲は、蟲でありながら仲間や他の生物たちのことを想う高い精神性も有する高貴な存在として描かれています。
これらの「怒りで目が赤くなる」という特徴や、「冷静ながらも仲間想い」という性格は、そのままクラピカに反映されているようです。

『風の谷のナウシカ』では、人類が生きることができる世界は限られています。
腐海は人類のものではなく、蟲たちのものなのです。

つまり、人類世界の外側にある世界とも表現できます。
クラピカが腐海の生物、王蟲をモデルとするのであれば、クラピカもまた人類世界の外界、暗黒大陸から来た存在だと考えることはできないでしょうか。

クルタ族は「異人類」の子孫なのかもしれません。

もしくは
「ある時代のある地域の 選ばれた人間は」「『あっち』に行って来た 記録を遺物に残している」
というジンのセリフから、クラピカ、クルタ族はこの暗黒大陸と人類世界を行き来していた人々の末裔ではないかと考えることもできそうです。

ちなみに、クラピカは
「古代史に 長けていないと まず 判読不可能」
という、古代スミ族の女性が生涯独身を通すことを誓って掘るイレズミを判読しています。
ジンが調査、修繕したというルルカ遺跡や、ビヨンドの発言にあった「神話」や「遺跡」という言葉。
そして、先にも挙げたジンの
「ある時代のある地域の 選ばれた人間は」
という発言と照らし合わせると、暗黒大陸は人類の過去と大きく関係しているようです。

古代史に長けたクラピカやクルタ族と、「神話」や「遺跡」との間に、深い関係があるのかもしれません。

339話で、レオリオからの電話に出ようともせず、ひとり礼拝堂のような場所で、取り戻した仲間たちの緋の眼の前に座るクラピカの姿は非常に印象的でした。

ルーキーたちの中で、もっとも暗黒大陸に縁があるかもしれないクラピカは、今後、どのような登場をするのでしょうか?

HUNTER×HUNTERの最新刊が無料で読める

『HUNTER×HUNTER』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『HUNTER×HUNTER』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『HUNTER×HUNTER』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク