ワンピース考察・月はひとつだけではない!?青色の星を周回する多様な月たちを考察!

ワンピース考察・月はひとつだけではない!?青色の星を周回する多様な月たちを考察!

宇宙や天体とは切っても切れない九曜紋の家紋

光月家の家紋を構成するひとつのパーツになっていると思われる九曜紋。
この家紋の起源は、インドの天文学や占星術に登場する9つの天体と、それらを神格化した神であるとされています。
このうち7つは実在する天体で、残りの2つは古代インドで実在すると考えられていた天体です。
具体的には、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星の7つと、月の昇交点、月の降交点(天体上における黄道と白道が交わる点)を指しています。

月の交点は実際の天体ではありませんが、太陽と月の位置関係によって天体と同じように移送することから、占星術などでは天体に準ずる占星点として扱われます。
古代インドでは、これらが実際に存在する天体として扱われており、凶兆の星として祀られていたそうです。
凶兆の星として扱われるようになったのは、月の交点が日食や月食の食に影響を及ぼすことに由来していると考えられます。

この概念が日本に伝わったのは平安時代のこと。
土曜(聖観音)、水曜(弥勒)、木曜(薬師)、火曜(虚空蔵)、金曜(阿弥陀)、月曜(勢至)、日曜(千手観音)、計都(釈迦)、羅睺(不動明王)というように、9つの天体それぞれが、仏の化身として伝わりました。
このうち羅睺については、古代インドと同じく凶兆を示す星とされ、神仏習合の際には、日食を引き起こした須佐之男命と結びつけられて、災いを起こす天体として恐れられたそうです。

このように九曜紋は、宇宙や天体とは切っても切れない家紋です。
このことから、九曜紋を家紋のモチーフとしている光月家もまた、宇宙や天体とは切っても切れない家系であることが推測できます。

スポンサーリンク


オハラの地球儀は古代インドの宇宙観を表しているのか?

『ONE PIECE』世界で存在が確認されている天体は、青色の星、月、太陽の3つのみです。
しかし、考古学の聖地で、世界最大の図書館である『全知の樹』を有するオハラには、『ONE PIECE』世界の宇宙を表したような不思議な地球儀がありました。

全知の樹の中に置かれていた地球儀には、青色の星と思われる天体を中心として、その周りに7つの惑星(正確には6つの惑星と、そのうちひとつに付随する衛星がひとつ)が取り付けられていました。
それらはすべて別の軌道を描き、青色の星の周りを公転しているように見受けられます。
また、そのうちのひとつにはクレーターのようなものが見られ、エネルが辿り着いた月の姿と酷似していることもわかります。
このことから推測するに、青色の星の周囲には月以外にも様々な衛星が存在しているのではないでしょうか?
青色の星は複数の月を持っているとも言い換えられるかもしれません。

7つの惑星といえば、九曜紋の起源となった9つの惑星のうちの実在する7惑星が思い起こされます。
残りの2つが、天体としては存在しない月の交点だったことを考えると、『ONE PIECE』世界の宇宙は古代インドの天文学を元に構築されているのかもしれません。
このことは、九曜紋を家紋とする光月家と宇宙との距離感を、さらに近づけてくれます。

ビルカの壁画を見る限り、エネルが辿り着いた月から青色の星に移住した人がいたことは間違いないと思われます。
では、他の惑星間でも交流は行われていたのでしょうか?

エネルが辿り着いた月に宇宙海賊がいたことを考えると、現時点では惑星間の移動が行われているものと思われます。
彼らが”海賊”と呼ばれているということは、それらを取り締まるための天体連合のようなものも存在しているのかもしれません。

また、現実世界では、望月家という家系が九曜紋の紋章を使用しています。
望月という名前が”満月”を意味していることを考えると、「光月家の祖先=満月」とも考えられ、半月を示すと思われるDの一族以前の一族、つまり、彼らのルーツは「月の人」である可能性もあるでしょう。
いずれにせよ、これらの仮説の答えは、きっとワノ国篇の後半で明かされていくのではないかと思われます。
光月家が残した”テキスト”によって……。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク