ワンピース考察・黒炭オロチvs光月モモの助!ピンクの龍への覚醒伏線を考察!

ワンピース考察・黒炭オロチvs光月モモの助!ピンクの龍への覚醒伏線を考察!

ワノ国では黒炭オロチと光月おでんによる権力争いがあった?

引用:『ONE PIECE』第914話

「20数年前までは… 永く「光月」という氏族が この「ワノ国」を治めてたんだ…」
というお鶴の証言と、
「我らが主君 おでん様は実に破天荒な方で… 当時 ワノ国の将軍であった「光月スキヤキ」様のご子息でありながら 自由人で暴力事件を繰り返し…」
という錦えもんの話から推測するに、ワノ国における将軍の座は20数年前にモモの助の祖父にあたる光月スキヤキから、黒炭オロチへと代わったのだと考えられます。

引用:『ONE PIECE』第920話

モモの助の父であるおでんについては、
「皆の為に「桃源農園」を作り… 自由で笑いの絶えぬ 活気ある”郷”を作り とうとう将軍スキヤキ様より 「九里大名」の地位を与えられた     それがおでん様若干20歳の偉業」
と語られているものの、その後、将軍職に就いたのかどうかは定かではありません。
モモの助の正体を明かす際、錦えもんが
「ここにおわすはワノ国「九里」が大大名「光月おでん」様の跡取り!!! 「光月モモの助」様にござる!!!」
と話していたのを見る限り、おでんは九里大名という立場のままで命を落としたのだろうと予想されます。
そうだとすれば、将軍・光月スキヤキの後継者を巡る権力争いがあり、黒炭オロチが光月おでんを負かしたという可能性も考えられるでしょう。

引用:『ONE PIECE』第920話

「悪党達の中でも最も危険な男 「アシュラ童子」と大ゲンカを始め… ついに討ち取り やがて全てのならず者達をまとめ上げた…!!」
と語り継がれ、
「「海賊王」ゴール・ディー・ロジャーと共に 最後の島「ラフテル」に辿り着き!! 世界の秘密を知った方でござる!!!」
ということも明らかになっているおでんを破ったのだとすれば、黒炭オロチは相当の実力者であると推測できます。

スポンサーリンク


ワノ国篇の最終局面はルフィvsカイドウ、モモの助vsオロチになる?

”光る月”と書く光月家と、”黒い炭”と書く黒炭家。
陽と陰を感じさせる名前を見るだけでも、両者は対照的な家系であると推測できます。
おそらく黒炭家は、光月家の対極にある存在として描かれるのではないでしょうか。

引用:『ONE PIECE』第819話

錦えもんたちが
「おでん様が残された言葉はたった一言!! ”ワノ国を開国せよ”!!!」
「ワノ国の「将軍」及び 四皇「カイドウ」を討つ戦に!! どうか助太刀願いたい!!!」

と話していたように、錦えもんたちの目的はオロチとカイドウを討ち、鎖国国家であるワノ国を開国することです。
これに対して、ルフィが
「手ェ組もう!! 「同盟」だ!! カイドウの首は おれが貰うぞ!!!」
といっていたのを言葉通りに受け止めるならば、残るオロチの首は光月家に託される可能性が高いでしょう。

前述の通り、本サイトではオロチがドラドラの実の能力者ではないかと予測しています。
これに対して、九里大名の跡取りであるモモの助はDr.ベガパンクが作った人造悪魔の実の失敗作を食べたことで、ピンク色の竜に変身する能力を得ています。
モモの助の言動を見る限り、能力を自由に使えているわけではなさそうですが、変身時には飛行できることなどがわかっています。
モモの助が変身するピンクの竜に関することで、ひとつ気になるのが310話で描かれた扉絵です。
この絵では、鎧を着たルフィと、和装をしたウソップ、ロビンが描かれ、背景には巨大な竜が舞っています。
コミックスではわかりませんが、もともとはカラーの扉絵で、背景の竜はなんとピンク色で描かれているのです。
310話といえばロングリングロングランド篇の真っ最中というタイミングですが、これは、ワノ国でモモの助が巨大な竜へと成長を遂げることを示唆した扉絵だったのではないでしょうか。
ロングリングロングライドも”輪の島”と考えられますし、ワノ国との結びつきも強く感じます。

ワノ国篇の最終局面がルフィvsカイドウ、モモの助vsオロチという2つの戦いになるとすれば、後者の戦いは”りゅう”vs”ドラゴン”という構図として捉えることができます。
両者のモデルではないかと考えられるレプティリアンとドラコニアンまで引き戻して考えると、彼らの戦いは原初の地球で繰り広げられた対立を彷彿とさせるものになりそうです。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク