ワンピースネタバレ・第990話「孤軍」

ワンピースネタバレ・第990話「孤軍」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかるワンピース

・ゴムゴムの実を食べ、ゴム人間になった少年ルフィが仲間たちと共に海賊王を目指す。

・時は大航海時代、幾人もの海賊たちが「ひとつなぎの大秘宝」を巡って戦う。

・ニュースになるほどたくさんの読者を驚かせる精巧な伏線の数々。

ワンピース989話のおさらい

989話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ワンピース990話のネタバレ

ワンピースネタバレ990話 | カイドウ vs 赤鞘九人男

「ウォオオ~!!狂死郎ォ~!!!」

鬼ヶ島に響き渡るササキの声。

「申し訳ありません ササキ様 まさか捕まっていたとは!!」

「……… マヌケだろ 親友にダマされたのさ コイツはビッグ・マムが!?」

「はい ドーム内で大暴れしていまして…………!!」

    それが外に届くってのはどんなパワーだよ お陰で神木が倒れて助かったが……!!  狂死郎は …潜伏したおでんの家臣だったか…… ワノ国の歴史に興味はねェが… おれを裏切った罪は重い …上が騒がしいのは何だ………?」

「はい!!あれはカイドウ様が……」

ドーム屋上    

激しくぶつかり合うミンク族と百獣海賊団。

月の獅子(スーロン)に変身したミンク族の戦士たちが圧倒する中、ジャックだけはその力でミンク族の戦士たちを蹴散らしている。

その様子を黙って見ていた錦絵もんが刀に手を掛けたそのとき    

「待て!!」

「錦えもん………!!」

「イヌ!!ネコ!!」

自身も月の獅子に変身し、雄叫びを上げたイヌアラシとネコマムシがジャックに襲いかかる    

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ990話 | 生存率1%

ドーム内 ライブステージ    

「ヒョウ五郎もいやがる!! 間違いなく兎丼の囚人達…!! 採掘場で何が起きたんだ!? すっかりリーダーじゃねェか”麦わら”の野郎!!」

混乱するライブフロアを見ていたクイーンがいった。

「今更 お前を責めやしない 元々能なしだ」

「一言多いんだてめェはよ!! ババヌキは脅されてたのか!? 腑に落ちねェな…!!」

ババヌキの「問題ありません!!」という報告を不審に思うクイーンの横で、キングが電伝虫で飛び六胞に呼びかける。

「応答しろ ”飛び六胞”!!」

鬼ヶ島 城内    

プルルルルルル…!!

「「鬼ヶ島」は大混乱 お前は不本意にここに入ったんだ 裏切るなら今だぞ」

ドレークが占いをしているホーキンスにいった。

「お前が裏切りを促すのか?ナメるな …………”1%”」

プルルルルル…

「何を占ってる」

「ある男が明日まで生きてる確率だ」

「1%か 不憫だ」

そういってようやく電伝虫にでるドレーク。

    キングか」

    お前ら 承知の通り 状況は一変した 我々3万人の宴に侵入者約5千人…!!「鬼ヶ島」始まって以来の大失態と言える おれ達の”内紛”も中断だ!! ヤマトぼっちゃんを捕らえても「大看板」への挑戦権は得られない…!!」

「え!?そうなの!?」

キングの話を聞いていたうるティがいった。

「当然だ!!周りを見てみろ姉貴」

「あ!!ペーたん♡ ヤマトが壁を登って逃げたから ペーたんにおんぶして貰おうと待って…」

「するか!!」

「しろよ!!!」

「黙れクソガキ共!!」

うるティとページワンのやりとりを聞いていたキングがいった。

「誰がガキだ!!!」

怒るうるティとページワンを他所に、キングは話を続ける。

「カイドウさんは屋上にいる 敵は城内を登り上を目指す お前らはそれぞれの手でそれを阻止しろ ナメてかからねェ事だ 武運を祈ってる」

そういってキングが電伝虫を切ったそのとき    

「おい ドレーク」

フーズフーがドレークに声をかけた。

「この混乱はチャンスだ ちょっと付き合え おれ一人じゃ少々手強い」

「……? どこへ行くんだ」

「殺してェ奴を殺しによ……!!」

「クイーンの所へ!!」

「お前らのイガミ合いにおれを巻き込むな…… 今戦力を減らす気か?」

「居たって邪魔なだけだ!!」

「気は乗らねェな……」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ990話 | 明王

ライブフロア    

「進め~!!」

「麦わらさん達を!!」

「城内に送り込めー!!!」

「調子に乗らせんじゃねェ!!!」

「囚人にヤクザ共だ!!!」

激しくぶつかり合う侍たちと御庭番衆。

しかしその様子を見ていた福ロクジュは黙ってその場を立ち去ってしまった。

    あのデケェのもどかさねェと!!」

「あんなでけェ人間がいるなんて…………!!」

「やるぞ!!」

「足を崩せ!!!」

そういって一斉にナンバーズの足を攻撃する侍たち。

「麦わらさん達………!!城までの道!!おれ達がこじ開けますから!!」

「ああ!!ムダな体力使わねェでおくんねェ!!」

しかしナンバーズには侍たちの攻撃は通じす、巨大な金棒が振り上げられる。

そして振り下ろされたそのとき    

ゾロが金棒を斬った。

「無理すんな!!」

「麦わらさん!!」

「あんな怪物!! アレが「オーズ」だとしたら あんな巨体 昔は おれ達全員で やっと倒したよな!!」

「今は違うぞ!!!”ギア4(フォース)”」

「まただ…     あの姿まさに………」

「明王…!!」

ギア4に変身したルフィを見てヒョウ五郎がいった。

「”ゴムゴムの”ォ!!!」

スポンサーリンク



ワンピースネタバレ990話 | 殺したい奴

「おい…!!!どういう事だ…!!!」

血を流して倒れているドレークがクイーンに向かっていった。

「それを聞きてェのはこっちよ ドレーク!! てめェの胸に聞いてみろ!!!」

「お前”花の都”で… トラファルガー・ローを逃したよな?”監視”がいたんだ」

「お前しか考えられねェとは思ってた 目的は?」

クイーンと共にドレークを囲んでいるフーズ・フーとホーキンスがいった。

「成程… 殺してェ奴ってのは……!!」

「お前だ ゴミ野郎」

「こんなのが幹部にいるとは とんだ恥だぜ」

「何を企んでる?個人か?組織か? 何者だてめェ!!」

「残念だがおれは 殺されても何も吐かねェ…!!」

弁解は不可能だと判断したドレークは爆発を起こし、その場から逃げる。

『どうする…!?どこへ逃げる!?もう海軍へは戻れないか…!?    いやそれは後回し!! ”希望”ならまだ…ある!!!』

城を飛び出たドレークが剣を構えた。

「そこをどけ 十鬼(ジューキ)!! ”X(エクス)”」

「”狩場(カリバー)”」

「”猿王銃(コングガン)”」

ドレークとルフィの攻撃で倒れる2人のナンバーズ。

『希望なら…!!」

そう考えていたドレークの脳裏にコビーの言葉が蘇る。

『すごいんです!!ルフィさんは!!』

「”麦わらのルフィ” 理由あっておれは孤軍!! お前達と共に戦わせてくれ!!!」

「はァ!!?

『ONE PIECE』第990話 / おわり

ワンピースのネタバレ情報一覧

97巻
975話
976話
977話
978話
979話
980話
981話
982話
983話
984話
98巻
985話
986話
987話
988話
989話
990話
991話
992話
993話
994話
99巻
995話
996話
997話
998話
999話
1000話
1001話
1002話
1003話
1004話
100巻
1005話
1006話
1007話
1008話
1009話
1010話
1011話
1012話
1013話
1014話
101巻
1015話
1016話
1017話
1018話
1019話
1020話
1021話
1022話
1023話
1024話

ワンピースの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク