ワンピース考察・鬼を意味する”温羅”!?浦島太郎の”うら”を考察!

ワンピース考察・鬼を意味する”温羅”!?浦島太郎の”うら”を考察!

隠岐の島と同じ名前を持つ2つ目の鬼ヶ島と物部氏の移動経路

現在の出雲大社は、拝殿の奥に本殿を構えています。
しかし、その本殿は隠岐の島がある北東ではなく、西向きに建てられているのです。
これは一体、なぜなのでしょうか?

この謎を紐解くためのヒントになりそうなのが、出雲大社から遠く西側に位置する福岡県の沖ノ島です。
この島は宗像大社の御神体であり、今でも女人禁制の伝説が守られ続けています。
『神の島』として世界遺産にも登録されていますが、島内では縄文時代の土器や石器、遺跡などが見つかっており、かつては人々の暮らしの場であったことが明らかになっています。

ここで注目したいのは、”沖ノ島”が”隠岐の島”と同じ名前であることです。
以前、説明した通り、”隠”とは”鬼”の語源になった言葉だとされています。
鬼ヶ島のモデルだと考えられる隠岐の島と同じ名前を持ち、なおかつ出雲大社の本殿が向いている方角に位置する沖ノ島は、鬼(物部氏)が暮らしていた島なのではないでしょうか。つまり、天皇家が上陸する以前に南方からやってきたとされる物部氏は、沖ノ島と隠岐の島という2つの島を経由して、京都に降り立ったのではないかと考えられます。

京都の日本海側にある宮津市には、籠神社という古社があります。
ここは丹後国の一宮にあたる神社で、境内には神職を担当している海部家の祖先である倭宿禰命(やまとすくねのみこと)の像が建立されています。
この倭宿禰命像はなぜか亀に乗っており、その姿は浦島太郎を彷彿とさせます。
これは一体、何を意味しているのでしょうか?

一説によると、浦島太郎の”うら”は、岡山県の鬼ノ城に住んでいた鬼の「温羅(うら)」が語源だといわれています。
そうだとすれば、浦島太郎も鬼(物部氏)であり、その祖先は沖ノ島と隠岐の島を経て、京都の籠神社に辿り着いたということなのかもしれませんん。

スポンサーリンク


ワノ国の最終決戦はモモの助とカイドウの”すもう”になる?

『ONE PIECE』の作中では、これまでに何度か浦島太郎のモチーフが描かれてきました。
その中でも、浦島太郎本人に該当するのではないかと思われるのが、
「ワノ国一のすもう取り」
と自称する横綱・浦島です。

先ほどまでの考察を『ONE PIECE』の世界に落とし込むと、桃太郎側はモモの助を中心とした同盟、鬼側はカイドウとオロチを中心とした勢力となります。
この分類に当てはめるならば、ギフターズと密接な繋がりを持つ浦島は鬼側の勢力とみなすことができるでしょう。
そう考えると、岡山県の鬼ノ城に住んでいた鬼(温羅)の名を持っている浦島太郎との共通点も見出せます。

昔話の浦島太郎には”すもう”の要素は見られませんが、桃太郎の原型になったと思われる国譲り伝説の中には国津神の建御名方神(たけみなかたのかみ)と、天津神の建御雷神(たけみかづちのかみ)がすもうのように力比べをするという場面があります。
天照大御神の命で地上にやってきた建御雷神は国を譲ってもらうために、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)の息子である建御名方神と力比べをすることになりました。
建御名方神が建御雷神の腕をグイッと掴むと、その腕が氷の柱や鋭い剣に変わり、いとも簡単に投げ飛ばされてしまいました。
驚いた建御名方神は逃げ出しましたが、信濃国まで追い詰められ、組み伏せられてしまいます。
これによって建御名方神は降伏し、国を譲ることを決めたそうです。

二神の戦いはすもうとは表現されていないものの、”力比べ”、”投げ飛ばす”、”組み伏せる”などの描写は、いずれもすもうを想起させます。
つまり、国を巡る神々の攻防は最終的にすもうで決着がついたのです。
そう考えると、桃太郎側であるルフィが、鬼側の浦島をすもうで倒した場面は、ワノ国における国譲り伝説の幕開けを意味していたのかもしれません。

ワノ国における国譲り。
それは、モモの助がカイドウとオロチによる支配を終わらせることであり、ひいては開国を意味するのではないでしょうか。
そうだとすれば、最終的にはモモの助とカイドウのすもう決戦が描かれる可能性も考えられます。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク