ワンピース考察・鳥つながりでヒヨドリ?くいな=たしぎ=日和説を考察!

ワンピース考察・鳥つながりでヒヨドリ?くいな=たしぎ=日和説を考察!

まさか!?圧倒的な剣の実力を誇るくいなの正体は光月日和だった?

引用:『ONE PIECE』第817話

モモの助の護衛を担っていた錦えもんが、
「道中 その身分が明らかになれば敵が増すゆえ!! 拙者と親子という芝居をうった!!」
と話していたように、国を出るという罪を犯した罪人であり、大名の子息を預かっているという立場上、錦えもんたちは表立って活動しにくい立場となっています。
もしも、日和がワノ国に残った赤鞘九人男の5人に預けられていたとすれば、モモの助と同じように、日和は九里の姫であるという身分を隠しているはずです。

赤鞘九人男の5人のその後がはっきりしていない以上、日和の行方はわかりません。

しかし、仮にコウシロウが赤鞘九人男のひとりだとすれば、日和はシモツキ村に身を隠していた可能性も考えられるでしょう。
仮説に仮説を重ねることになりますが、錦えもんがモモの助と親子関係であると偽っていたことを考えると、日和はコウシロウの娘として匿われているかもしれません。

引用:『ONE PIECE』第5話

コウシロウの娘といえば、ゾロのライバルであったくいなです。
くいなは、当時道場で最も強かったゾロでさえ一度も勝てないほどの実力者でした。
対戦成績は、くいなの2001戦全勝となっています。
圧倒的な強さを誇るくいなについて、道場の子どもたちは
「先生っ!! 自分の娘だからって 秘密の特訓とかしてんじゃねーのかよ!!」
とコウシロウに詰め寄っていましたが、コウシロウは
「いやいや そんな事してないよ!」
と否定しています。
コウシロウの口からくいなの強さの秘密は語られていませんが、もしかするとくいなの正体は日和で、圧倒的な剣の実力はワノ国の侍であるおでんの血として受け継がれたものだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク



容姿だけでなく性格まで酷似している”くいな”と”たしぎ”

『VIVRE CARD ~ONE PIECE図鑑~』に掲載された情報によると、くいなが階段から落ちて亡くなったのは11年以上前の出来事で、彼女は当時11歳だったことがわかっています。
このことから、くいなが誕生したのは少なくとも今から22年前ということになります。

一方、おでん城が燃えた時点での日和の年齢は、兄であるモモの助が8歳であることを踏まえると0歳以上7歳以下ということになります。
仮に20年前での年齢が2歳だったとすれば、今から11年前、つまりくいなが亡くなった年には11歳になっていたと考えられます。
つまり、日和が2歳でワノ国を出て、避難先のシモツキ村で9年間の隠居生活を送っていたとすれば、年齢的にはくいなと一致することになるのです。
剣の実力や、年齢の面から考えても、日和とくいなが同一人物である可能性は否定できません。

引用:『ONE PIECE』第5話

そうだとすれば、
「くいなが!! 家の階段で転んで… 死んだ!!!」
というのも、日和の身を隠すための偽装工作だった可能性が出てきます。
そもそも家の階段から落ちて亡くなるというのは、11歳の子どもにしてはあまりに呆気ない死です。
有能な剣士で、体も強かったと思われるくいなが、本当に階段から落ちたことで死んでしまうでしょうか?

引用:『ONE PIECE』第97話

くいなについて考える上で、もうひとり忘れてはいけないのが、海軍のたしぎです。
ゾロが、
「ありゃ似すぎだぜ くいなに しかも よりによって”刀”使いの剣士…!! いるもんだな  世の中には…」
と話していたように、たしぎはくいなと非常によく似ています。
さらにゾロは、
「女が男より腕力がないからって 真剣勝負に手を抜かれるなんて屈辱です!! いっそ男に生まれたかったなんて気持ち あなたにはわからないでしょうけど…!!」
というたしぎの台詞に、かつて
「ゾロはいいね 男の子だから …私だって世界一強くなりたいよ!! 胸だって膨らんできたしさ… 私も男に生まれてくれば…」
と話していたくいなを重ねていました。
このことから、くいなとたしぎは同一人物であることが疑われます。
これに、くいなと日和が同一人物である可能性を合わせて考えると、この3人が同一人物だという驚きの展開もあり得るかもしれません。

スポンサーリンク


たしぎの手引きをしたのは海軍に所属するワノ国の出身者?

コミックス16巻のSBSには、
「尾田先生!! こんにちはっ! さっそくですが、質問です。「くいな」と「たしぎ」っていうのは、まさか「鳥」の名前からきてるんですか? 教えてください♡」
という読者からの質問が掲載されています。

これに対して、尾田栄一郎先生は
「そうっすね。 しかも飛べない鳥の名前ってところがミソですね。」
と回答。
2人の名前が、それぞれ「クイナ」と「タシギ」という飛べない鳥に由来していることを明かしています。
こうした共通点から考えると、日和の名前も”ヒヨドリ”に由来しているという可能性があるかもしれません。
ヒヨドリは飛べない鳥ではありませんが、大きさでいうとクイナやタシギと同じく体長30センチ程度の鳥です。

くいな、たしぎ、日和のうち、現在の状況がわかっているのは、たしぎのみです。
初登場時は海軍本部曹長という立場だったたしぎですが、新世界突入後には海軍グランドライン第5支部「G-5」大佐として再登場を果たしました。

たしぎがいつから海軍に入隊したのかはわかりませんが、仮にくいなの正体が日和で、彼女がたしぎと同一人物だとすれば、なぜ海軍に身を置いているのかという点には疑問が残ります。
もしかすると、海軍にはワノ国の出身者、それも赤鞘九人男の一員が潜伏しているのではないでしょうか?

引用:『ONE PIECE』第713話

ワノ国と関連のある海軍として真っ先に思い浮かぶのは、藤虎でしょう。
勝新太郎が演じた座頭市をモデルにしていると思われる藤虎は、着流に海軍のマントという出で立ちで、杖に見せかけた仕込み刀を武器にしているなど、いかにもワノ国らしいキャラクターです。
しかし、本人が
「まだ軍の新参者」
と話しているように、藤虎が海軍に入隊したのは頂上決戦後に行われた世界徴兵がきっかけのようです。
そうだとすれば、頂上決戦以前から海軍に所属していたたしぎの手引きをしたとは考えられません。

もしかしたら、貴族の息子であったサボが革命軍に救出されたように、光月一族の姫である日和(=くいな)もまた、記憶をなくした状態で海軍に入ることになったという可能性も考えられなくはありません。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク