ワンピース考察・世界政府に宣戦布告?開国後したワノ国の運命を考察!

ワンピース考察・世界政府に宣戦布告?開国後したワノ国の運命を考察!

開国によって価値観が逆転するワノ国の運命とは

引用:『ONE PIECE』第398話

ウォーターセブン篇で強烈なインパクトを残した描写のひとつに、そげキングが世界政府の旗を撃ち抜くという場面がありました。
これを受けて、
「海賊達が…!!! 「世界政府」に!!! 宣戦布告しやがったァ~!!!!! 正気か 貴様らァ!!! 全世界を敵に回して生きていられると思うなよォ~!!!!!」
と叫ぶスパンダムに対し、ルフィは
「望むところだァーっ!!!!!」
と宣言。
世界政府vs麦わらの一味という戦いの幕開けとなりました。

ウォーターセブン篇との比較からかんんが得ると、ワノ国でもこれに準ずる世界政府への宣戦布告が描かれる可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク


引用:『ONE PIECE』第919話

現在のワノ国では、鎖国のことを
「国の入り口を閉じて 国の平和を守る事です!!」
と、開国のついては
「国に悪い「人」や「考え」を招き入れる とっても悪い行いです 海外の国々は ワノ国の色々な物を欲しがります!!」
と教えられています。
このことを踏まえると、開国が実現した暁には価値観の逆転が起こることが予想されます。
つまり、開国とは”国に良い「人」や「考え」を招き入れる とっても良い行いです”という価値観が広がることになるのではないでしょうか。

引用:『ONE PIECE』第920話

その先には、おそらく非加盟国に対する世界政府からの弾圧が待ち構えているはずです。
ただし、
「窮屈でござる!!!」
が口癖だったという光月おでんが掲げた開国を実現したワノ国が、世界政府の加盟国になるとは思えません。
対する世界政府も、ワノ国を特別扱いにして弾圧を緩めるようなことはないでしょう。
そうだとすれば、両者の対立は避けられそうにありません。
開国後のワノ国は、自分たちの覚悟を示すために世界政府に宣戦布告を行うのではないでしょうか。
侍という強力な戦力を持つワノ国による宣戦布告は、世界政府の現体制を揺るがすほどの巨大なうねりを呼ぶことになるかもしれません。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク