ワンピース考察・良業物「雪走」は酸化され全壊!大業物「秋水」に続くゾロの愛刀を考察!

ワンピース考察・良業物「雪走」は酸化され全壊!大業物「秋水」に続くゾロの愛刀を考察!

ゾロは鬼ヶ島での戦いで再び愛刀を失うことになるのか?

ウォーターセブン篇で起きた出来事で、ワノ国でも描かれることが予想されるのが、ゾロの刀に関するエピソードです。
世界一の剣豪を目指し、三刀流のという独自の戦闘スタイルを磨き続けているゾロですが、エニエス・ロビーにおける海軍との戦闘で、『サビサビの実』の能力者であるシュウ大佐の攻撃を受け、愛刀の雪走を破壊されてしまいました。
この展開と同様に、ワノ国篇の後編にあたると予想される鬼ヶ島で、ゾロは再び愛刀を失うことになるのではないでしょうか。

引用:『ONE PIECE』第909話

雪走の後釜としてゾロが手に入れたのが、スリラーバーク篇で対戦した侍リューマから引き継がれた秋水です。
「23年前… 海賊騒ぎのドサクサで消えた 伝説の剣豪リューマの遺体と 名刀”秋水”!!!」
と説明されている通り、秋水はワノ国にとって非常に因縁深い刀であることがわかります。

引用:『ONE PIECE』第450話

このリューマというキャラクターについて、
「昔ドラゴンを倒したと言われている”剣豪リューマ”は尾田栄一郎短編集「WANTED!」であったMONSTERSの主人公リューマのことですか? ですよね?」
という質問が寄せられた際、尾田先生は
「確かにそうです。短編「MONSTERS」の主人公の侍ですね。ONE PIECEの世界ではすでに、病気で命を落とした伝説の剣士として名を残しているようです」
と回答しています。
ゾロの盗人疑惑は晴れていませんが、
「大昔…!! ウソか本当か 空飛ぶ竜を斬り落としたと語り継がれる 伝説の侍だ!!!」
と語られるリューマと同じく、空飛ぶ竜を切り落とすことで、秋水に相応しい剣豪として認められることになるのかもしれません。
あるいは、ワノ国にとって重要な刀ということで、最上大業物12工に位列するような、さらなる名刀と交換になるといった展開も考えられるでしょう。

スポンサーリンク


ワノ国篇でゾロの愛刀は3本とも大業物以上になる?

引用:『ONE PIECE』第912話

ワノ国で登場した刀として、もうひとつ忘れてはいけないのが
「軽々しく触るのも非礼なる名刀!! 我が先祖”古徹”が打ちたもうた 世界に名だたる刀っ!! ”大業物21工”に位列する!! その名も ”二代鬼徹”であるぞ!!!」
と語られた『二代鬼徹』です。

引用:『ONE PIECE』第97話

ゾロが雪走と一緒に手に入れた三代鬼徹が業物であったのに対し、二代目鬼徹は大業物に位列する名刀でした。
たしぎが
「”二代鬼徹”は「大業物」で ”初代鬼徹”は「最上大業物」に位列しています!!!」
と話していたように、初代鬼徹は最上大業物12工に数えられる刀だということがわかっています。

引用:『ONE PIECE』第912話

また、二代鬼徹は作者が飛徹の先祖にあたる古徹だったということは、三代鬼徹の作り手は飛徹であるという可能性も考えられるでしょう。
ルフィとの会話から察するに、飛徹は非常にプライドが高い人物だと思われます。
そんな飛徹が三代鬼徹の作り手だったとすれば、良業物50工という評価には納得できていないかもしれません。
「わしもまた長く人を待っている」
と語る飛徹が待っている人物とは、三代鬼徹の持ち主なのではないでしょうか?
飛徹のプライドの高さを考えると、飛徹が三代鬼徹を打ち直し、最上大業物に格上げさせるという夢を抱いていたとしても不思議はありません。

現在、二代鬼徹はルフィが持ち歩いていますが、ゾロが鬼ヶ島で愛刀を失い、新しい刀を手に入れるとすれば、三代鬼徹から二代鬼徹に移行するという可能性も考えられるでしょう。
そうだとすれば、ゾロが妖刀を持つために再び自分の運命を試すといった場面が描かれるかもしれません。

仮にここまでの仮説が正しいとすれば、ゾロの刀は和道一文字、三代鬼徹、秋水という組み合わせから、和道一文字、二代鬼徹、秋水(もしくはそれと同等以上の刀)ということになり、3本とも大業物以上の刀という装備になります。
スリラーバーク篇以降、武器が変わっていないゾロにとって、刀のバージョンアップは戦闘力の強化に直結するはずです。
名刀といい、侍の戦闘スタイルといい、ワノ国にはゾロがレベルアップするための要素が数多く散りばめられています。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク