ワンピース考察・本当の内通者は残雪の菊の丞!?酷似しているCP9の裏切りを考察!

ワンピース考察・本当の内通者は残雪の菊の丞!?酷似しているCP9の裏切りを考察!

敵側の調査を託された菊の丞はオロチに捕まっていた?

引用:『ONE PIECE』第962話

忍者海賊ミンク侍同盟の情報をオロチに売った内通者として、もうひとり疑われるのが菊の丞です。
「踊って稼ごうにも街の者は冷たい 聞けば舞踊の家元の息子達だが 父が罪人となり家族は散々に」
と説明される菊の丞は、おでんの元で修行を積み、錦えもんたちと赤鞘九人男に名を連ねるほどの侍になりました。

引用:『ONE PIECE』第920話

スポンサーリンク


おでんが処刑された際には、残された妻・トキとモモの助、日和を助けるためにおでん城へ急行。
この時の状況について、錦えもんは
「途中 イガミ合う ネコマムシとイヌアラシが オロチの手の者に捕まり 二人の命は諦めた…!! もはや誰が死のうとも誰かが「おでん城」に辿り着かねばならぬ」
と話しています。
結果的に、おでん城に辿り着いたのは錦えもん、カン十郎、雷ぞう、河松、そして菊の丞の5人でした。

引用:『ONE PIECE』第939話

このうち、河松は
「兄か私か… 片方に何かあった時  「光月」の血が絶えない様に」
というトキの意思を受けて、日和と共に城を脱出。
残る4人は、トキの能力で20年後に飛ばされています。
未来にやってきてからのことは、
「菊に敵側の調査を託し…!!我ら4人は ご存知の通り同志を募る旅に出た」
と説明されています。

菊の丞が調査を託された20年後のワノ国では、河松が兎丼の囚人となり、アシュラ童子は頭山盗賊団を結成していました。
彼らの言動を見る限り、敵に仲間を売る様なことはしないと考えられます。
しかし、菊の丞については、どんな調査をしていたのかが明かされていません。
錦えもんたちが海外へ行っている間にオロチに捕まり、スパイとして泳がされているという可能性もゼロではないでしょう。
ウォーターセブンでは、仮面をつけた船大工たちがCP9だったという衝撃の展開が描かれましたが、同じく戦闘時に面をつけている菊の丞も裏切り者という展開もあり得るかもしれません。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク