ワンピース考察・DとRが最初につくった国!?ワノ国が鎖国された理由を考察!

ワンピース考察・DとRが最初につくった国!?ワノ国が鎖国された理由を考察!

ワノ国が開国を目指すのは世界をひとつにするため?

『ある巨大な王国』とワノ国の関係について、別の可能性を探ってみましょう。
ワノ国のモデルが日本であることを考えると、国名の表記は”和の国”や”倭の国”とするのが妥当ではないかと思われます。
それにもかかわらず”ワノ国”というカタカナ表記にしたことには、何か尾田栄一郎先生の意図が込められているはずです。
この点について、”ワ”の欠けた部分に”ノ”を当てはめて、反時計回りに90度回転させるとアルファベットの”D”と似たかたちになることに着目。
このことから、ワノ国はDの一族と深い関係がある国なのではないかという考察に至りました。

国名をカタカナ表記にするということは、逆説的に”和”や”輪”、”環”といった意味を込められることにもなります。
『空白の100年』に何が起きたのかは明らかにされていませんが、本サイトでは19人の王たちが人工的に『赤い土の大陸(レッドライン)』と『偉大なる航路(グランドライン)』を作り、自分たちにとって都合の悪い歴史を隠すために世界を分断したという可能性を疑っています。
もし、この仮説が正しいとすれば、”和”や”輪”、”環”といった意味を含んでいるワノ国は、再び世界をひとつにするための重要な存在となるのではないでしょうか。

錦えもんたちの主君である光月おでんは、しきりに”開国”を叫んでいましたが、もしかするとそれはワノ国だけが知っている月の人の秘密をオープンにすることで、世界中に歴史の真実を知らせ、世界政府によって意図的に作られた分断を解消しようとしていたのではないでしょうか。

そうだとすれば、おでんの意思は錦えもんたちにしっかり受け継がれているはずです。
そして、ルフィたちの連合軍がオロチやカイドウを倒した暁には、世界政府によって隠されてきた事実が明るみに出て、世界の分断が解消されることになるかもしれません。

スポンサーリンク


ワノ国は『ある巨大な王国』の一部だったのか?

先ほどは、月の人が最初に降り立ったのがワノ国で、外に出て創設したのが『ある巨大な王国』なのではないかという考察を展開しました。
しかし、本サイトではもうひとつの可能性も疑っています。
それが、ワノ国は『ある巨大な王国』の一部だという可能性です。

『歴史の本文(ポーネグリフ)』を残した『ある巨大な王国』が、それをつくったワノ国の光月家と関係性があったことは明らかです。
しかし、今から800年以上前に、『ある巨大な王国』と光月家がどのようにして情報を共有していたのでしょうか。

そこで考えられるのが、ワノ国が『ある巨大な王国』の一部であったという可能性です。
もともとワノ国は巨大な島で、それが天変地異で分断されてしまったという可能性は決して否定できません。
アトランティスやムー大陸のように水没してしまい、その一部がワノ国として残っていると考えれば、『ある巨大な王国』の国民と光月家は陸路で繋がっていたので情報伝達もスムーズだったはずです。

もしくは、19人の王との戦いによって、『ある巨大な王国』の大半が壊滅したという展開も考えられます。
クローバー博士は、『ある巨大な王国』は跡形もなく消えてしまったと話していましたが、それは政府の情報規制によって伝えられている誤った情報だとも限りません。
仮にそうだとしても、証拠隠滅のために『ある巨大な王国』が地図から姿を消していることは確かでしょう。

いずれにせよ、月の人が最初に降り立ったのがワノ国で、国の成立に大きな影響を及ぼした可能性は高いと思われます。
そこから月の人はレプティリアンとドラコニアン、あるいは古代イスラエルの北王国と南王国のように分断・対立し、袂を分かつことになったのではないでしょうか。
この仮説が正しいとすれば、現在のワノ国には19人の王に敗れた一族が残っており、反旗を翻す準備をすべく鎖国という体制をとっているのかもしれません。
しかし、運悪く政権がオロチに奪われ、そこにカイドウが現れたことで、国が乗っ取られてしまったことも考えられます。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

890

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク