呪術廻戦ネタバレ・第118話「渋谷事変36」

呪術廻戦ネタバレ・第118話「渋谷事変36」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる呪術廻戦

・並外れた身体能力、誰よりも熱く滾る心を持つ高校生、虎杖悠仁。
 彼の祖父は「オマエは強いから人を助けろ」そう言い残すと息を引き取る。
 その言葉こそ、悠仁を突き動かす「呪い」になっていくのだった。

・オカルト研究会の先輩達が特級呪物の封印を解いたその時、学校に禍々しいものが集結する。
 東京都立呪術高等学校の伏黒恵とともに学校へ向かった悠仁は「呪いは呪いでしか祓えない」という恵の言葉を信じ、その封印を解かれた特級呪物を自らの身体に取り込むことを決心した。

・「人を助けろ」その祖父の言葉に従い呪いを飲み込み、呪いの力を手にいれた悠仁は皮肉にも呪術師の討伐対象になってしまう。
 彼に示されたのは2つの死に方の選択。
 人を助けるために選ぶのはどちらの「死に方」なのか…

呪術廻戦117話のおさらい

・負傷した伏黒恵(ふしぐろめぐみ)はサイドテールの呪詛師と戦闘に

・十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)は五条悟(ごじょうさとる)と同等の力を持つと判明

・伏黒恵は調伏で最強の式神「魔虚羅(まこら)」を呼び出す

・伏黒恵は魔虚羅の一撃を喰らい仮死状態に

・伏黒恵を守るため、宿儺(すくな)が現れ、魔虚羅と戦闘を開始

117話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



呪術廻戦118話のネタバレ

呪術廻戦ネタバレ118話 | 宿儺vs最強の式神

宿儺に攻撃を仕掛ける八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)が剣のようになっている右腕を振り下ろす。

対する宿儺は、薄っすらと笑みを浮かべたまま、右腕一本でこの攻撃を受け止める。

しかしその衝撃は凄まじく、宿儺の両足は地面に埋れている。

さらに攻撃を受けた右腕に違和感を感じる宿儺。

そのまま魔虚羅の右腕をかわすように飛び上がり、3発の拳を顔面に浴びせる。

「解」

その瞬間、斬撃のような攻撃が魔虚羅を襲い、膝をつくように倒れた。

しかしその姿を見ている宿儺の顔からも先ほどまでの余裕の笑みは消えていた。

『あの刃、対呪霊に特化した「退魔の剣(たいまのつるぎ)」か。反転術式と同様の正のエネルギーを纏っている。俺が呪霊なら、あの一撃で消し飛んでいたな』

その時、魔虚羅の頭の後ろについた操舵輪のような法陣がギギギと音を立てて回り始める。

そして、ガコンと回ったその瞬間    

斬撃を受けて血を流していたはずの魔虚羅の傷が消えていた。

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ118話 | 魔虚羅の能力

『傷が癒えている…何かしたな』

「どうでる?」

一瞬にして傷が消えたことに驚きつつも、さらなる攻撃を仕掛けようと、宿儺が右手の人差し指と中指を上に向ける。

再び斬撃が魔虚羅を襲う。

しかし今度は右腕一本で斬撃を弾き飛ばした魔虚羅。

『斬撃を弾いた!!見えているのか!!俺の術が!!』

驚きの表情を浮かべる宿儺を、魔虚羅の「退魔の剣」が襲う。

これに対して、珍しくガードを固めた宿儺。

右腕で顔をガードし、左手で右腕を支えている。

しかし魔虚羅の攻撃の威力は先ほどよりも強く、宿儺は弾き飛ばされてしまう。

「やってくれたな」

それでもダメージは負っていない様子の宿儺。

しかし魔虚羅は畳みかけるように攻撃を仕掛ける。

激しい攻撃を交わしながら、宿儺が魔虚羅の首を両足で挟み込む。

そして魔虚羅の顔を掴むように右手を当てた。

「お返しだ」

その瞬間    

再び斬撃が飛び出し、顔から腹にかけて切られる魔虚羅。

さらに追い討ちをかけるように、宿儺が魔虚羅を蹴り落とし地面に叩きつける。

地面に大の字に倒れ、立ち上がれない魔虚羅。

しかし宿儺は再び立ち上がってくると考えていた。

その時    

再び魔虚羅の頭の後ろについた操舵輪のような法陣が、ギギギと音を立てて回り始めた。

そしてガコンと回ったその瞬間    

またもや魔虚羅の傷は消え去り、何事もなかったかのように立ち上がる。

「やはりな」

宿儺がいった。

「八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に近いモノだな」

これまでの魔虚羅の動きを冷静に分析する宿儺。

『二撃目…一撃目の正のエネルギーから一転。二撃目には呪力が籠められていた。俺の斬撃……「解」も見切ってきた。どちらもあの背部の法陣が回転した後にだ。布瑠(ふる)の言(こと)とあの法陣は完全な循環と調和を意味する。推し測るにこの式神の能力はあらゆる事象への適応!!』

『最強の後出し虫拳(ジャンケン)!!』

スポンサーリンク



呪術廻戦ネタバレ118話 | 伏魔御廚子

『あの時の俺なら敗れていたかもな』

宿儺の脳裏に伏黒との戦いが蘇る。

「…ケヒッ クックックッ。魅せてくれたな。伏黒恵!!」

そういった宿儺が印を結ぶ。

「領域展開」

「伏魔御廚子(ふくまみづし)」

『呪術廻戦』第118話 / おわり

呪術廻戦のネタバレ情報一覧

13巻
107話
108話
109話
110話
111話
112話
113話
114話
115話
14巻
116話
117話
118話
119話
120話
121話
122話
123話
124話
15巻
125話
126話
127話
128話
129話
130話
131話
132話
133話
16巻
134話
135話
136話
137話
138話
139話
140話
141話
142話
17巻
143話
144話
145話
146話
147話
148話
149話
150話
151話
18巻
152話
153話
154話
155話
156話
157話
158話
159話
160話

呪術廻戦の最新刊が無料で読める

『呪術廻戦』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『呪術廻戦』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『呪術廻戦』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク