キングダムネタバレ・第649話「条件次第」

キングダムネタバレ・第649話「条件次第」

趙軍大防衛線

「隊長ー左の”黒飛燕(くろひひょう)”が危ないみたいです。それと河了貂(かりょうてん)も一度下がれと」

飛信隊(ひしんたい)一万五千をもってしても
趙(ちょう)軍の防衛線を抜くのは容易ではなかった

そしてそれは

飛信隊の持ち場だけでなく

全ての戦地で同じように秦(しん)軍が苦戦していた

鄴(ぎょう)攻略の翌年
未だ秦軍は
王都邯鄲(かんたん)に迫るどころか
その前の趙軍の大防衛線を抜くことができずにいた

スポンサーリンク



魏軍の動き

飛信隊本陣    

「一体どうなってんだ、あの数は!他の戦地からここに回して来てんのか」

「いや他のとこの秦軍も数で圧倒されてる」

「でもただ多いだけじゃない。扈輒(こちょう)を始め この前線を守る趙将達が皆鋭い」

「キレ者が邯鄲に潜んでたってことか」

「でもやっぱ数だ。こっちの兵力が足りてねェ」

現状を打破しようと話し合う飛信隊の幹部たち。

しかしなかなか良い方策は得られず、頭を悩ませていた。

「何とかならねぇのか テン。昌平君(しょうへいくん)に言って援軍を送ってもらうとか」

信がいった。

「そんな簡単にはいかないよ。もう国内の兵はほとんどどこかの戦地や要所に出払ってる」

「ではその兵を… 他の拠点配置などの兵を回してもらうとか」

貂の話を聞いていた渕(えん)がいう。

「うん 恐らくそれしかない。それしかないけど、それをやると今度はその拠点が弱くなって危うくなる。対楚(そ)の軍を動かすのは危険だし、対韓(かん)軍は元々あまりいない。     とすると、対魏(ぎ)の軍なんだけど、実はもうそこから限界近くまで兵をここに引っ張ってきてるんだ」

その言葉に驚く飛信隊の幹部たちに、さらに貂が続ける。

「これ以上魏国との前線を薄くすると… 今度は魏軍が必ず秦に侵攻してくる。もし船団を使い黄河を渡って来たら、それこそ去年せっかく攻略して勝ち取った     ”鄴”さえ奪われかねない!」

「じ、じゃあ一体どうすればいいんだ」

貂の言葉に、さらなる危機感を覚え、楽華隊(がくかたい)の蒙恬(もうてん)のところに話に行こうとする信。

しかし貂は咸陽(かんよう)の本営からずっと指示が来ていない事から、昌平君が今大きな手を考えているはずだと考えていた。

スポンサーリンク



昌平君の提案

一方、王都・咸陽では、昌平君の言葉に皆が驚愕していた。

「しっ… 昌平君 今何とっ…」

「趙王都 邯鄲の攻略の鍵を握っているのは真下に位置する魏だ。魏の脅威を”取り除く”ことができれば、そこに張っている兵力を今膠着している対趙前線に送ることができる。故に、今すぐ我々は、魏国と”同盟”を結ぶべきだ!」

国の体力が持つうちに六国制覇せねばと急いでいる中、逆行するような昌平君の提案に納得できない表情を浮かべる文官たち。

しかし政(せい)はひとり冷静に昌平君の案に耳を傾ける。

「だが今この時、魏が同盟を受けると思うか 昌平君。我々は魏と結めば趙を討ちやすくなる。だが趙を滅ぼした”次は”魏だ。それは魏も重々承知のはず。そんな自分の首を絞めるような同盟を受けるほどあの国は愚かではないぞ」

「”条件”次第かと」

スポンサーリンク



面白い条件

魏国王都 大梁    

「開門!”火龍(かりゅう)”呉鳳明(ごほうめい)”大将軍のご帰還だ」

前線に張っていた呉鳳明は、秦国からの同盟の持ちかけについて、どうしても意見を聞きたいという魏国の景湣王(けいびんおう)により呼び戻されていた。

「期間は?」

呉鳳明がいった。

「三年」

「考えるまでもない。『否』使者の首をはねて送り返してやれ」

その意見に賛同する軍師の玻璃(はり)。

しかし提示された条件が面白く、そのせいで朝廷だけでは判断がつかず呉鳳明の意見も聞くことになったという。

 「どんな条件だ」

呉鳳明がいった。

「秦は”什虎城(じゅうこじょう)”を魏に与えるそうです」

「什虎城だと!?」

「はい。什虎城です」

「”什虎”は正に魏・楚・韓・秦の四か国の国境地帯最大の不落の要地。それを本当にくれると言うのなら話が少し変わってきます」

「バカな。何を言っているのだ。たしかに”什虎”は中華でも指折りの最重要地だが、そもそも…」

「えー ”什虎”はそもそも…」

「”楚”の城です」

「………奴ら…正気か」

信じられないといった表情を浮かべる呉鳳明。

そして玻璃の口から秦国からの提案の全容が明らかにされる。

「つまり秦は、三年同盟の対価として、秦軍・魏軍で”共闘して”什虎城を攻め落とし、その什虎城をそのまま我々 魏に”渡す”と言ってきたのです!」

『キングダム』第649話 / おわり

キングダムの最新刊が無料で読める

『キングダム』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『キングダム』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

しかも『キングダム』のアニメは見放題作品なので、無料トライアル期間なら本当に無料で見ることが可能です。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『キングダム』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク