ワンピース考察・機密特殊部隊「SWORD」とは?”イージス”との関係を考察!

ワンピース考察・機密特殊部隊「SWORD」とは?”イージス”との関係を考察!

ドレークがSWORDの隊員であることを黄猿は知らなかったのか?

ドレークと通話をする際に、コビーが人に聞かれない場所へ移動していたことが物語っているように、SWORDの存在は海軍の中でも一部の人間にしか知られていないようです。
この組織がいつできて、ドレークがいつから隊長を務めているのかはわかりませんが、センゴクとロシナンテが内通していたように、海軍の人間が海賊のふりをする潜入捜査は、昔から行われていたようです。
おそらくドレークも、海賊として海に出た時には、すでに潜入操作班としての任務を背負っていたと考えられます。

引用:『ONE PIECE』第508話

シャボンディ諸島で最悪の世代の海賊たちが騒ぎを起こした際、海軍本部から大将・黄猿がやってきました。
そのときドレークは
「しまった… ”黄猿”と出遭うつもりはなかった」
と発言。
一方の黄猿は
「ドレーク少将… ああ…元”少将” ソレ(パシフィスタ)の偵察じゃねぇかァ? 戦ってみるといいよォ 内情を知っている分… 絶望もデカイと思うがねェ」
と話し、最終的には圧倒的な実力でドレークを倒しました。

この一連の動きを見る限り、少なくとも当時の黄猿は、ドレークがSWORDの隊員であることを知らなかったのではないかと思われます。
知っていたとすれば、人前だとしてもあまりに本気の戦いでしたし、何よりドレークが黄猿との接触を避けようとしていたことが、両者の関係性を物語っています。

では、SWORDは誰の管轄にあったのでしょうか?
その人物として疑われるのが赤犬です。
第592話の扉絵に描かれた赤犬を見ると、右肩に剣のタトゥーがあることがわかります。
これは剣の意味を持つSWORDのメンバーだったことを示す印なのではないでしょうか。
もしそうだとすれば、SWORDは赤犬の管轄にある部署の可能性が高いと考えられます。

スポンサーリンク


”剣”を意味するSWORDと”盾”の意味を持つCP0は対になった組織?

作中でSWORDという組織名の由来は語られていませんが、その特徴から想像するに”天竜人の剣”という意味合いなのではないでしょうか。

マリージョアには、世界最高権力者といわれる五老星を従える存在としてイムがおり、自分たちにとって不都合な存在を消している様子が描かれていました。
もしかすると、海軍本部機密特殊部隊であるSWORDは、その役割を担っている組織なのではないでしょうか。

これと対になっていると思われる組織がCP0です。
CP0の正式名称は『サイファーポール”イージス”ゼロ』となっていますが、この”イージス”とはギリシア神話に登場する女神アテネが用いる盾の名前なのです。

引用:『ONE PIECE』第907話

ここに所属するロブ・ルッチは、しらほしを捕まえようとするチャルロス聖に飛びかかったレオとサイを撃退。
「天竜人は この世界を創造した「神」 ここにいるのはいわば”下界の王達” 「神」が欲する物は全て差し出すのが必然」
と話していました。
同じく、所属メンバーのカクも
「天竜人に逆らうな 子供でも知っとるぞ」
と発言していたことや、自らの意思や感情ではなく、天竜人のために行動する様子から、彼らはまさに「天竜人の盾」というべき組織であることがわかります。

引用:『ONE PIECE』第956話

天竜人の剣と盾として、それぞれ秘密裏に活動しているSWORDとCP0。
しかし、ドレークが
「もう一つイヤな話だが 先日都で… ”CP0”を見た」
「考えたくないが… 政府がこの海賊の支配するワノ国と ”取り引き”をしてるって事になる おれは数分 思考が止まったよ」

と話していたことから、お互いの活動は把握していないという様子が伺えます。

前述の通り、SWORDを管轄しているのは赤犬だと思われますが、CP0はまた別の人物によって管轄されてるのでしょう。
歴史を遡ってみると、22年前のCP9にはスパンダイン、2年前のCP9にはスパンダムという司令長官がいました。
おそらく、CP0にも司令長官というポジションがあるものと思われます。
それぞれの組織に交流はなく、直接イムや五老星の指示に従って活動している可能性が高そうです。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク