ワンピース考察・全員がワノ国に集結!?海賊に戻った王下七武海の動向を考察!

ワンピース考察・全員がワノ国に集結!?海賊に戻った王下七武海の動向を考察!

七武海制度の廃止で野に下った海賊と敵を増やした海軍

引用:『ONE PIECE』第956話

これまで世界政府に利益の一部を納めることで海賊行為を容認されていた王下七武海ですが、この制度が撤廃されることで再び海軍に追われる身となりました。
世界会議(レヴェリー)後、海軍は一斉に七武海の元へと向かい
「貴様ら”王下七武海”は自動的に その全ての権利を剥奪され!!世界政府との一切の関わりを断絶された!!」
と宣言。
これを受け、バギーは
「汚ねェぞ てめェらァ!!!相談もなく一方的に決めて 用済みだからひっ捕らえるだァ!!?仁義もクソもねェ奴らだ!!!」
「てめェらが勝手にクロコダイルやドフラミンゴに出し抜かれたからって ヤツ当たりも たいがいにしやがれェ!!!」

と激昂していました。
他の七武海の元にも海軍が急行し、海賊と海軍として対峙する様子が描かれています。

このように、王下七武海制度の撤廃は、三大勢力のバランスが失われるだけでなく、海軍にとって捕らえるべき強敵が増えるという事態を招いています。
今のところ七武海の制圧に向けてパシフィスタが導入されている様子はなく、海軍は人員不足による兵力分散を余儀なくされています。

引用:『ONE PIECE』第957話

そんな中、ワノ国からは四皇のビッグ・マムとカイドウが手を組むという情報が。
この一報を受け、新元帥の赤犬は
「こんクソ忙しい時期に畳みかける災害じゃ!!!」
「「ワノ国」は放置じゃ!!そこに割く戦力はウチにはあらァせんので!!」

と苛立ちを隠せずにいました。

七武海にとっては安全な場所が失われ、海軍にとっては厄介な敵が増えることになった王下七武海制度の撤廃。
「きっと世界の勢力図は…大きく変わる」
という藤虎に対し、赤犬が
「予測不能な方向にもなァ…!!」
と話していたように、世界は混迷を極めることになりそうです。

スポンサーリンク


行き場を失った七武海が世界政府の目が届かないワノ国を目指す?

引用:『ONE PIECE』第907話

「余所者を受けつけない鎖国国家で…『世界政府』にも加盟していません。”侍”という剣士たちが強すぎて…海軍も近寄れないのだとか」
と語られるワノ国。
実際、ビッグ・マムがワノ国でカイドウと接触するという情報を受けたときには、黄猿と赤犬の間で
「わっしが行こうか?」
「待て ボルサリーノ ”ワノ国”にゃあ 未知の兵力がある」
「”侍”か…」

という会話が交わされていました。
このことから、ワノ国は海軍大将をしても簡単には近づけない国だということがわかります。

ワノ国に入国するためには、鯉を使って滝を登る方法と、潜港(モグラみなと)から入ってゴンドラで引き上げてもらう方法があります。
ただし、潜港はオロチとカイドウの許可がなければ通行できないため、許可なく上陸するためには一か八かで滝登りをしなければなりません。

ルフィたちは偶然鯉の背中に乗る形で上陸しましたが、ビッグ・マム海賊団は鯉に船を引かせるという方法を知っていました。
結果的にはカイドウの部下であるキングに蹴り落とされてしまって上陸することはできませんでしたが、その方法さえ知っていれば上陸は不可能ではないということを示してくれました。

こうした状況にあるワノ国は、上陸さえしてしまえば政府の目が届かない安全な島と捉えることもできます。
そう考えると、政府から追われる身となった元七武海にとっても都合のいい隠れ場所だといえます。
もしかすると、元七武海が一時的に身を隠すためにワノ国に集まるという可能性もゼロではありません。

もしも、そうなったとしたら、さすがの政府も黙って見過ごすわけにはいかないでしょう。
元七武海を捕らえるために、海軍を率いてワノ国を訪れるという展開も十分に考えられます。
そのときワノ国では、様々な勢力が入り混じる巨大な戦いが描かれるかもしれません。
それはきっと頂上決戦を凌ぐ規模の戦いになるはずです。

果たして、藤虎はそこまでの未来を見通して七武海制度を撤廃させようとしたのでしょうか?
そうだとすれば、藤虎の最終的な狙いは何なのでしょう。
ワノ国に七武海や海軍を集結させることで、藤虎は世界に何かを伝えようとしているのかもしれません。

スポンサーリンク


ONE PIECEの最新刊が無料で読める

『ONE PIECE』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『ONE PIECE』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『ONE PIECE』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク