僕のヒーローアカデミアネタバレ・第278話「災害歩行(ディザスターウォーカー)」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第278話「災害歩行(ディザスターウォーカー)」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ277話のおさらい

277話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ278話のネタバレ

ヒロアカネタバレ278話 | 包囲網の突破

「うわぁ」

後方で索敵をしていた耳郎が何かに気づき叫んだ。

「どうした、耳郎ジャック!?」

「ヤバイ!!めっちゃデカイのが向かって来ます!!」

その時    

無線でその場にいたヒーロー達にも報せが入る。

「なに!?包囲が突破された!?」

インターン生にはこの場に残るよう指示を出し、その場を離れるヒーローたち。

その様子にA組の生徒たちは不安の表情を浮かべるのであった    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ278話 | 革命開始

一方、前線では背中にヴィラン連合のメンバーを乗せたギガントマキアが、死柄木(しがらき)の元を目指して突き進んでいた。

「待ったぞ主(しゅ)よ!!今、会いに行きます」

ギガントマキアを止めようと、Mt.レディの援護をするヒーローたち。

しかしギガントマキアの進撃を止めることはできない。

「だめだ、効かない!硬すぎる!!」

さらにそんなヒーローたちを外典(げてん)の氷が襲う。

「うわぁ!氷の奴まだ    

「何が起こってる!?もうメチャクチャだ!!」

ヒーロー・ヴィラン関係なく、その場にいる全員が状況を理解できていない。

そんな中、セメントスは冷静に外典の捕縛にかかる。

「何が起きようと、己の仕事に命賭すべし」

意表を突かれ、セメントスのコンクリートが外典を捕らえたその時    

地下から現れたリデストロによってコンクリートを破壊されてしまう。

「実に不愉快!!」

ギガントマキアの突然の起動に、死柄木の”不完全な起床”を悟ったリデストロがいった。

「救世(ぐぜ)たる解放者に、きみたち一体何をした!!?」

そしてギガントマキアの進撃に超常解放戦線のメンバーも続く。

「ギガントマキアに続け!解放戦士たちよ!ここより革命を始めよう!!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ278話 | 追撃失敗

「もっと寄って!!」

「わかってます!!」

進撃を止めるため、ギガントマキアを追いかけるシンリンカムイとミッドナイト。

「レディ!!もう少し頑張れ!!!」

シンリンカムイがMt.レディに声をかける。

「んんばって、ますってぶぁ」

鼻血を出しながら、必死にギガントマキアに食い下がるMt.レディ。

しかしギガントマキアの力は凄まじく、あっさりと投げ捨てられてしまう。

「岳山ァ!!!」

シンリンカムイが叫ぶ。

それでもミッドナイトはこのままギガントマキアが街へ下りたら未曾有の大災害になると、自分をギガントマキアの顔まで連れて行くようシンリンカムイに頼む。

その時    

ギガントマキアの背中に乗っていた荼毘の炎が2人を襲った。

炎に包まれるシンリンカムイ。

そして辛うじて炎をかわしたミッドナイトも、Mr.コンプレックスの攻撃によって撃ち落とされてしまう。

地面に叩きつけられたダメージは大きく、もはや自分でギガントマキアを止められないと悟ったミッドナイト。

しかしなんとか止める”個性”がないか頭を巡らせる。

『マジェスティック…いやダメだ、大きすぎる…!!』

その時、ミッドナイトの頭に一人のヒーローが浮かぶ。

「ホント…不甲斐ない…」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ278話 | 迎撃

「聞こえるかしら、クリエティ!!」

「ミッドナイト先生!?」

突然無線で呼びかけられた八百万(やおよろず)が返事をする。

「状況は…わかってるね?」

「ええ、耳郎さんの”音”と障子(しょうじ)さんの”目”で!」

「力おしでは誰も止められない。眠らせたい」

「え!?」

「法律違反になっちゃうけど…事態が事態よ。麻酔で眠らせるの」

「何を仰っているのですか?先生!?」

ミッドナイトに超常解放戦線が迫る。

「ヒーローに麻酔を渡して…!その場を離れなさい…!難しければ…すぐ…避難を…!!」

「あなたの判断に…委ねます」

そういってミッドナイトは無線を切り、超常解放戦線を迎え撃つ。

「先生?」

「先生!?」

ミッドナイトからの通信に、ますます混乱するA組の生徒たち。

そんな中、判断を委ねられた八百万はどうするべきかを必死に考える。

刻一刻と迫るギガントマキアと超常解放戦線。

「どうする!?ヤオモモ!」

「俺たちこのまま尻尾巻いて逃げ    …」

「「イヤホンジャック」!「テンタクル」!!」

八百万が叫んだ。

そしてA組の生徒たちに指示を送る。

「音の位置から距離とここへの到達時間を!巨人の大きさを目算でいいのでお伝え下さい!」

「「マッドマン」あなたの力もお貸しください!皆さん、動く準備を!!!」

「つーかもう見えてるし!速いよ。10秒もかかんない…」

耳郎がいった。

しかしその時、ギガントマキアの動きがわずかに遅くなる。

「男に縋るなんて中学以来だわ、ちくしょうがぁあ!!」

ギガントマキアによって投げ捨てられたMt.レディと荼毘に焼かれたはずのシンリンカムイが再び追いすがっていたのだ。

「減速した!!    でも、少し    

「約25mだ。Mt.レディより大きい!」

そのわずかなスキに耳郎と障子が八百万に伝える。

「敵に背を見せるヒーローになれと…教わった事はございません」

そういって麻酔を作り出す八百万。

「私は…戦います…!皆さんは    …」

「言うな、ヤボだぜ」

上鳴が八百万の言葉を遮る。

「コス着て外出りゃヒーローなんだ」

その言葉にうなずくA組の生徒たち。

そして八百万がいった。

「ここで迎えうちます!」

『僕のヒーローアカデミア』第278話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク