僕のヒーローアカデミアネタバレ・第276話「チートが…!」

僕のヒーローアカデミアネタバレ・第276話「チートが…!」

スポンサーリンク



新刊情報

3行でわかる僕のヒーローアカデミア

・世界総人口の約8割が超常能力を持つ超人社会になった世界。

・ヒーロへの憧れ、ヒーローへの夢。夢を追い続ける無個性の少年。

・能力を持たない主人公、緑谷出久が最高のヒーローになるまでの熱い物語。

ヒロアカ275話のおさらい

275話のネタバレはこちら

スポンサーリンク



ヒロアカ276話のネタバレ

ヒロアカネタバレ276話 | 蛇腔市上空

蛇腔(じゃくう)市の上空を飛ぶヘリが、その惨状を伝える。

「こちら蛇腔市上空です。見えますでしょうか!?市の3分の1程が…更地と化しております…!」

「私たちの真下ではヒーローや警察、救助隊らが市民を避難させています。すごい数です!」

「昨年の泥花(でいか)市と同じ惨状…!土煙で状況はハッキリ見えません!ヒーローは一体何と戦っているのでしょう…!」

「保須(ほす)市。神野(かみの)区。昨年から続く大規模なテロ行為が今また    !ここ蛇腔で繰り返されようとしています!」

「この日本で今何が起きているのでしょうか!!」

「我々は今、どこへ向かおうとしているのでしょうか!!」

そのニュースを見て焦りの表情を浮かべるオールマイト。

また、そんなことが起こっているとは知る由もなく、日常の生活を送る人たち。

そして、不気味な笑みを浮かべるオール・フォー・ワン。

それぞれの思いが交錯する中、確実に何かが動き始めていた    

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ276話 | 完璧な脳無

蛇腔市市街地    

「視界に入った人間を殺せ」

ギガントマキアに繋がった無線機に、再び死柄木(しがらき)が話しかける。

「エンデヴァアァー!!」

リュウキュウの叫びに呼応するかのように、エンデヴァーはサイドキックのキドウと連携して死柄木への攻撃を仕掛けた。

一方、個性を封じるため死柄木を凝縮し続けているイレイザーヘッド。

その傍らではマニュアルが目を潤しながらサポートをしていた。

「助かります。マニュアルさん」

「分量過剰になると却って滲みて、目を瞑ってしまいますんで…息を合わせましょう!」

エンデヴァーの攻撃を間一髪のところでかわす死柄木。

個性を封じられ、空中で動くことはできないはずの死柄木の動きに驚くエンデヴァーだったが、それと同時に、先ほど見せた跳躍や空中での動きが”個性”によるものではないことに気づく。

そんな力、まるで    

エンデヴァーの脳裏にオールマイトの姿が蘇る。

そしてその様子を下から見ていたイレイザーヘッドもまた、状況を理解していた。

「完璧な…脳無(のうむ)ってわけか…!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ276話 | ニア・ハイエンド

「ここらでいいか」

デクと爆豪(ばくごう)を連れて逃げたグラントリノが2人を下ろす。

「ジィさん。もっと離れた方がいいだろ!!」

爆豪がいった。

「グラントリノ、かっちゃんは…」

「ヒミツ(OFA)の共有者じゃろ。俊典(としのり)から聞いとる。ここが限度じゃ、爆豪」

グラントリノが続ける。

「奴の移動速度が想像以上に速い。追える者は限られる。
 通信が封じられた以上、離れすぎては却って奴を自由にさせる。
 留まらせ、人々から引き離し、イレイザーの視界に入れた…!既に充分な成果じゃ」

そしてイレイザーヘッドの足になりに戻ろうとするグラントリノ。

「隠れてろって……ことですか!?」

デクが尋ねた。

「奴はAFO(オールフォーワン)の”個性”を移植されたらしい。万が一ワン・フォー・オールが奪われでもしたら…「最悪」を考えろ

「なに、敵は一人!これを討てねば、何のためのヒーロー飽和時代か!」

その時、土埃の向こうから脳無たちが現れた    

一方、死柄木と戦うエンデヴァーはリュウキュウと共に地面に叩きつけられていた。

「後出しで悪いんだけどさ。「崩壊」を操れるようになったんだ。脳無のカプセルに波及しないよう調整してみたんだけど全部は無理だった」

そういった死柄木の脳裏に、志賀丸太との会話が蘇る。

「こいつら急に暴れたりしないの?」

「ん?しないね。電流を流して起動する。このデバイスでワンタップじゃよ。
 起きたら設定された人物の命令に従い動く。」

「ヴィランの王にふさわしい僕(しもべ)じゃ」

そして突然現れた能無に気づいた志賀丸太は死柄木の成長に感心していた。

「さすが友の弟子じゃ。ハイエンドを生かしてくれていた!!「電波」によって誘導電流を発生させたんじゃ!!賢くなっとる!!」

しかしそのハイエンドたちはテスト段階に至っておらず、自立思考はできないという。

「しかしその力は上位以上………
 差し詰め、ニア・ハイエンドと言ったところかのぉおおお!!」

スポンサーリンク



ヒロアカネタバレ276話 | 師弟の絆

イレイザーヘッドに襲いかかる能無たち。

それに気づいたグラントリノはすぐに助けに向かう。

「見てるってことは、見られてることも考慮しなくちゃあな」

そして死柄木もイレイザーヘッドに襲いかかる。

「邪魔だ、イレイザーヘッド」

『死んで…たまるか。俺が殺られたら、歯止めがきかなくなる!』

イレイザーヘッドの脳裏にデクや爆豪、1年A組の生徒たちの顔が浮かび上がる。

『まだ見てやらなきゃ。あいつらを卒業させてヒーローになるまで    

「邪魔はおまえだぁ!!!」

イレイザーヘッドが叫んだ瞬間    

死柄木を止めようと飛びついていたグラントリノやロックロックよりも先に、デクがその動きを止める。

そして一緒に来ていた爆豪が叫ぶ。

「今度はこっちの番だ!!!」

『僕のヒーローアカデミア』第276話 / おわり

僕のヒーローアカデミアのネタバレ情報一覧

28巻
268話
269話
270話
271話
272話
273話
274話
275話
276話
29巻
277話
278話
279話
280話
281話
282話
283話
284話
285話
30巻
286話
287話
288話
289話
290話
291話
292話
293話
294話
295話
31巻
296話
297話
298話
299話
300話
301話
302話
303話
304話
305話
32巻
306話
307話
308話
309話
310話
311話
312話
313話
314話
315話
33巻
316話
317話
318話
319話
320話
321話
322話
323話
324話
325話
34巻
326話
327話
328話
329話
330話
331話
332話
333話
334話
335話

僕のヒーローアカデミアの最新刊が無料で読める

『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『僕のヒーローアカデミア』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『僕のヒーローアカデミア』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク