キングダムネタバレ・第641話「深刻な問題」

キングダムネタバレ・第641話「深刻な問題」

華麗なる凱旋

それは戦士たちの華やかなる凱旋であった    

秦(しん)国の王都・咸陽(かんよう)に到着した連合軍は、集まった民衆から喝采を浴びていた。

鄴(ぎょう)陥落の立役者となった飛信(ひしん)隊も例外ではなく、龐煖(ほうけん)を討った信(しん)を筆頭に、皆が賞賛され、誰もが明るい表情を浮かべていた。

そんな飛信隊の様子を遠くから見ていた政(せい)は、信たちの無事な姿に喜んでいた。

「信に会われないのですか?大王様」

昌文君(しょうぶんくん)がいった。

「ああ、皆がよく戦ってくれた。信(あいつ)とは後でゆっくり会おう」

そういって政はその場を離れた。

そして帰還した兵達は、咸陽にてそれぞれが武功に合わせて褒賞ををもらい、先の論功行賞までしばし解散となった    

スポンサーリンク



信の家

飛信隊の隊員たちは久々に家に帰れると嬉しそうな表情を浮かべていた。

「隊長の家はご出身の城戸村にあるんですか?」

干斗(かんと)が信に尋ねる。

「ん?いや。俺ん家は風利(ふうり)ってとこだ」

大工の田有(でんゆう)にお金だけ預け、新しい家を建設中だった信。

しかし一年近く帰っておらず、現在どうなっているかはわからないでいた。

そこに田有からちょうど完成したみたいだという報せが入る。

「鄴攻めへ行ってる間に俺の組のもんが仕上げてくれた。ちょっと予算超えたみてーだが、会心の出来だってよ」

それを聞いた飛信隊の隊員たちは信の屋敷を一目見ようと、信と共に新居へ行くことに    

しかしそこにあったのは五千人将の家とは思えないボロ小屋だった。

あまりの衝撃に何も言葉が出ない隊員たち。

しかし信は満足気に新しくなった家を見ている。

「おー何か材木が変わったか、田有。前よりも渋くなってる気がする。さすがだぜ」

「バカ言ってんな、隊長。あっちだ」

そういって田有が信の顔を向けたその先には、ボロ小屋の衝撃とは真逆の立派な屋敷が建っていた。

「なっ…何ィーっ!?」

スポンサーリンク



屋敷での宴会

その夜は急遽、信の新居で宴となった。

いつもの隊の宴との違いは、それぞれ家族を呼んで来る者もあったことだ。

皆が飲めや歌えやと楽しい時間を過ごす中、話題は信が三日後に王宮に呼ばれていることに。

「ま、まさかそれってついに…将軍になるという話では」

頬を赤らめた渕がいった。

その言葉に、ついにあの信が…と涙する尾平(びへい)。

しかし我呂(がろ)はそういうのは論功のときでいいはずだという。

「王翦(おうせん)・桓騎(かんき)・楊端和(ようたんわ)三将がまだ帰還してないから論功はもうちょっと先。それなのにわざわざ呼ばれるってことは”逆かも”しれねぇ」

「逆!?」

「はっきりいって下僕あがりの将軍なんて聞いたことがねぇ。」

「我呂!?」

「将軍には”格式”みてぇのが必要だって聞いたことがある。だから力はあるのにずっと五千人将止まりの武将もたまにいるだろ」

「た、たしかにっ」

「多分、武功は十分だが将軍にはしてやれねーって話だ」

その言葉に喧嘩になる飛信隊の隊員たち。

しかし信はそんなことは気にもせず、穏やかな表情で子供をあやしていた。

スポンサーリンク



将軍になるために

咸陽    

貂(てん)と共に政のもとを訪れた信。

久しぶりの再会を喜ぶ3人だったが、そこで信は将軍になるには”問題がある”と告げられる。

「ちょっと待てよ!そりゃねーだろ、政」

思わず食って掛かる信。

しかし政はそこまで深刻な問題ではないといい、話を続ける。

「名前だ」

「名前!?」

「将軍になる前に、お前は姓を持つ必要がある」

下僕出身が故に姓を持っていなかった信。

そんな信に政は、将軍になるのにただの信では何となく変なため、姓を与えるから何がいいか考えろという。

 「急にそ言われても分かんねーよ。てか字もよく知らねーし。意味とかあんだろ」

「だったら深く考えずにぱっと浮かぶつけたい姓をいってみろ」

「……じゃー……」

「嬴(えい)」

さすがに大王と同じ姓はダメだと昌文君に却下された信は、政の考えたものにするからと命名を頼む。

「いいだろう」

そういってしばらく考え込む政。

そのとき漂(ひょう)のときもこの問題で軽く悩んでいたことを思い出す。

漂もまた影武者という大任に就く際に、姓を与えることになっていた。

その時もなかなか決められなかったが、最終的にその話をしている時に政が口にしていた李(すもも)を見て”李(り)”に決まったのだという。

それを聞いた信は漂も姓をもらってたのかと嬉しそうに笑うと、俺も”李信(りしん)”にするという。

その安易な決め方に絶句する貂と昌文君。

しかし政はそれを了承するのだった。

”李信”

二千年以上も後世に名を残すことになる名前の誕生であった    

『キングダム』第641話 / おわり

キングダムの最新刊が無料で読める

『キングダム』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『キングダム』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

しかも『キングダム』のアニメは見放題作品なので、無料トライアル期間なら本当に無料で見ることが可能です。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『キングダム』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク