キングダムネタバレ第637話「鄴の命」

キングダムネタバレ第637話「鄴の命」

偽装工作

介億(かいおく)軍の補給部隊を襲った趙(ちょう)兵たちは、俵の中身が空だということに気づき困惑していた。

介億は想定よりも大分早くバレてしまったと漏らしながらも、すぐさま補給部隊の兵に退避するようにと指示を出し、”本命”は他にあると不敵な笑みを浮かべるのだった。

スポンサーリンク



黄河の戦い

一方その頃、秦軍青忠(せいちゅう)水軍が大補給船団を引き連れて、大量の兵糧と共に黄河を下っていた。

そう。介億のいう”本命”とは、黄河の水路を使って兵糧を鄴(ぎょう)へ運ぶ作戦であった。

しかしここで黄河を進む青忠水軍に予想外のことが起こる。

目の前に趙軍の大船団が現れたのだ。

黄河を使って兵糧を運ぶことまで読んでいた李牧(りぼく)。

介億の補給部隊を襲った瞬水樹(しゅんすいじゅ)は、逆に裏をかいてこっちが本命の線もあると潰しに来たが、余計な心配であったかと鼻で笑うのであった。

自分達の存在がバレていたことに驚きながらも、青忠はすぐさま戦闘船を前に出し戦いの準備をする。

しかし趙水軍大将・甲鬼央(こうきおう)率いる大船団との兵力差は大きく、水軍の練度でも上をいく趙軍にあっという間に壊滅させられ、秦国からの兵糧も水の中へと消えてしまった。

スポンサーリンク



王都からの使者

鄴の城内では兵糧不足のため、秦の兵士たちが動けなくなっていた。

しかしその鄴を遠方から見据える李牧は、わずかに胸騒ぎのようなものを感じていた。

そんな中、李牧の元へ王印の騎士団が現れる。

「李牧様、今すぐ王都・邯鄲(かんたん)へご同行願います」

「王命ですか?」

李牧が尋ねる。

「いかにも」

「今ですか?」

「今すぐです」

「断る……と言ったら?」

そのやりとりを聞いていたカイネが剣を抜こうとしたその時、騎士団の刃がカイネたちに向けられる。

「側近たちを皆殺しにして連行するだけです」

その言葉に従うしかなくなった李牧は、あとのことを雷伯(らいはく)に任せ、邯鄲へと向かうのだった。

スポンサーリンク



昌平君と王翦

一方、咸陽(かんよう )に鄴を救う兵糧を積んだ水軍が壊滅したとの知らせが届く。

秦の持つ水軍のほぼ全軍が壊滅したという事実に文官たちが絶句する中、昌平君(しょうへいくん)は出陣前の王翦(おうせん)との会話を思い出していた。

「総司令、出陣前に一つ頼んでおきたいことがある    

『キングダム』第637話 / おわり

キングダムの最新刊が無料で読める

『キングダム』の最新刊や単行本を無料で読む方法をご存知でしょうか。

その方法とは、動画配信サービスで有名なU-NEXTの活用です。

アニメや映画・ドラマなど、動画配信サービスとして有名なU-NEXTですが、実は動画だけではなく、漫画が読み放題のサービスも提供しています。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイントがプレゼントされます。

このポイントを利用することで、『キングダム』の最新刊や単行本を1冊無料で読むことができます。

しかも『キングダム』のアニメは見放題作品なので、無料トライアル期間なら本当に無料で見ることが可能です。

ぜひ「31日間無料トライアル」を使って、お得に『キングダム』を楽しんでください!

※ 本ページの情報は2020年5月時点のものです。

スポンサーリンク